iPhone

いくつかのシンプルな手順に従うだけで、iPhoneのバッテリー駆動時間とバッテリー耐用年数を延ばすことができます。

温度に注意する

iPhoneを直射日光の下や高温になる車の中(ダッシュボードなど)に放置しないことが重要です。高温はバッテリー性能に大きなダメージを与えることがあります。

iPhoneが最適に動作する温度範囲は、0℃〜35℃です

iPhoneの温度環境:iPhoneが最適に動作する温度範囲は、0℃〜35℃です。保管場所の適温範囲は-20℃〜45℃です。室温(22℃)に近い温度での保管が理想的です。

最新ソフトウェアにアップデートする

  • あなたのiPhoneに最新のソフトウェアが搭載されていることを確認してください。
  • iOS 5以降が搭載されている場合は、「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」と選択すると、アップデートが必要かどうかをチェックできます。
  • 最新バージョンのiTunesを使ってアップデートすることもできます。

知っておきたい用語

  • 「バッテリー駆動時間」とは、iPhoneの再充電が必要になるまでの動作時間のことです。
  • 「バッテリー耐用年数」とは、新しいバッテリーに交換するまでの年数を意味します。

設定を最適化する

機能の設定によっては、iPhoneのバッテリー駆動時間が短くなってしまうことがあります。iOS 7.0以降を実行しているiPhoneに役立つヒントをいくつかご紹介します。

  • Wi-Fiをオンにする:Wi-Fiをオンにすると、データにアクセスするアクティビティの消費電力を抑えることができます。「設定」>「Wi-Fi」と選択し、Wi-Fiネットワークにログインしてください。
  • 明るさを調整する:画面の明るさを落とすか、明るさの自動調節をオンにすると、バッテリー駆動時間を延ばせます。明るさの自動調節をオンにしておくと、周りの明るさに合わせて画面の明るさが自動で調整されます。「設定」>「明るさ/壁紙」と選択し、「明るさの自動調節」をオンにしてください。屋内で周りがまぶしくない時には、明るさを調整しましょう。「設定」>「明るさ/壁紙」と選択し、スライダーを左にドラッグすると、画面の明るさが落ちます。この変更を行った後でデフォルトの動作に戻すには、明るさの自動調節をオフにしてからもう一度オンにしてください。
  • 新しいデータの取得頻度を抑える:Eメールなどのデータの取得頻度が高ければ高いほど、バッテリー駆動時間は短くなります。新しいデータを手動で取得するには、「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「データの取得方法」を選択し、「手動」をタップしてください。間隔を長くするには、「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「データの取得方法」で「1時間ごと」をタップします。注意:この設定はグローバルで、プッシュサービスに対応していないすべてのアプリケーションに適用されます。メールの受信数が多い場合は、プッシュメールをオフにするとバッテリー駆動時間を延ばせます。「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「データの取得方法」と選択し、「プッシュ」をオフに設定します。設定後、このアカウントに送信されるメッセージは、メッセージ到着時ではなく、グローバルな自動確認の設定に従って受信されます。
  • プッシュ通知をオフにする:アップデートのアラートをプッシュ通知するアプリケーションによってバッテリー駆動時間が短くなることがあります。プッシュ通知を無効にするには、「設定」>「通知」をタップして、通知をオフにしたいアプリケーションを選択し、次のように操作してください。
    • 「通知スタイル」を「なし」にします。
    • 「Appアイコンバッジ表示」をオフにします。
    • 「通知音」を「なし」にします。
      注意:アプリケーションを開くとアップデートの受信が始まります。
  • 位置情報サービスの使用を控える:マップのように積極的に位置情報サービスを使うアプリケーションによって、バッテリー駆動時間が短くなることがあります。「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」と選択すると、位置情報サービスを最近使用したアプリケーションを確認できます。位置情報を最近使用したアプリケーションは、オン/オフスイッチの横にインジケータが表示されます。位置情報サービスを使用したくないアプリケーションがあれば、スイッチをオフにしてください。位置情報サービスを一切使用しない場合は、「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」と選択して位置情報サービスをオフにしてください。
  • サービスエリア外では機内モードを使う: iPhoneは常に携帯電話ネットワークとの通信を維持しようとするため、電波の弱い場所やサービスエリア外では消費電力が増えることがあります。このような場合は「機内モード」をオンにすることで、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。機内モードを使うには、「設定」で「機内モード」をオンにしてください。ただし、機内モードがオンの間、通話はできなくなります。

使用状況の統計を確認

iPhoneをどのように使っているかを知ることで、バッテリー駆動時間をより適切に管理できます。iPhoneの使用状況の統計を確認するには、「設定」>「一般」>「使用状況」を選択してください。「最後のフル充電後の経過時間」の下に以下の項目が表示されます。

  • 使用時間: iPhoneが最後に完全に充電された時以降の、スリープが解除されて使用されている状態の時間の合計です。通話、メールの使用、音楽の再生、ウェブのブラウズ、テキストメッセージの送受信を行っている時や、メールの自動確認などのバックグラウンドタスクが実行されている時は、常にスリープが解除されています。
  • 起動時間: iPhoneが最後に完全に充電された時以降の、電源が入っている時間の合計です。iPhoneがスリープ状態の時間も含まれます。

iPhoneをロックする

ロック中でも電話に出たり、テキストメッセージを受信することができますが、画面にタッチして何らかの操作をすることはできません。iPhoneをロックするにはスリープ/スリープ解除ボタンを押します。また、自動ロックの時間を設定して、一定の間に操作がない場合にiPhoneをロックすることもできます。自動ロックを設定するには、「設定」>「一般」>「自動ロック」と選択して、ロックするまでの時間(1分など)を選びます。

iPhoneを保管しておく時のバッテリー駆動時間を延ばす

iPhoneを長期間使用しない場合、iPhoneをしまう前にバッテリーを50%まで充電します。

  • *バッテリーに関する各数値はネットワーク構成やその他の多くの要素によって変わり、実際の結果は異なる場合があります。バッテリーは充電回数に限りがあり、将来的にはApple正規サービスプロバイダによる交換が必要になる場合があります。バッテリー駆動時間と充電サイクルは使用方法と設定によって異なります。詳しくはwww.apple.com/jp/batteriesおよび www.apple.com/jp/iphone/battery.htmlをご覧ください。
  • iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。