バッテリーの駆動時間と耐用年数を最大限に延ばす

「バッテリー駆動時間」とは、あなたのデバイスの再充電が必要になるまでの動作時間のことです。
「バッテリー耐用年数」とは、新しいバッテリーとの交換が必要になるまでの持続期間を指します。
この2つを最大限に延ばせば、あなたが持っているApple製デバイスがどれであっても、
最高のパフォーマンスを引き出すことができるでしょう。

全般的なパフォーマンスに関するヒント

最新のソフトウェアにアップデートする。

Appleのソフトウェアアップデートには先進的な節電技術が含まれていることが多いので、あなたのデバイスが最新バージョンのiOS、Watch OS、またはOS Xを搭載していることを常に確認してください。

極端な周囲温度を避ける。

Apple製デバイスは、広い周囲温度範囲で正しく動作するように設計されており、最適な範囲は16°C〜22°Cです。特に重要なのは、35°Cを超える周囲温度にデバイスをさらさないことです。バッテリー容量に回復不能な損傷を与える可能性があるからです。つまり、そのバッテリーが一回の充電でデバイスを駆動できる時間が通常よりも短くなります。また、周囲温度が高い場所でデバイスを充電すると、より深刻な損傷を与えることもあります。高温な環境でのバッテリー保管でさえ、回復できないダメージをバッテリーに与える可能性があります。温度が非常に低い環境でデバイスを使用する場合もバッテリー駆動時間が短くなることがありますが、この状態は一時的なものです。バッテリーの温度が通常の動作範囲内に戻ると、パフォーマンスも通常の状態に戻ります。

iPhone、iPad、iPod、Apple Watchに最適な温度の範囲

iPhone、iPad、iPod、Apple Watchは、0°C〜35°Cの環境下で最も良く動作します。保管温度は-20°C〜45°C。

MacBookに最適な温度の範囲

MacBookは、周囲温度が10°C〜35°Cの環境下で最も良く動作します。保管温度は-20°C〜45°C。

充電中は特定の種類のケースを取り外す。

特定の種類のケースに入れたままデバイスを充電すると、過度の熱が発生し、バッテリー容量に影響を及ぼす可能性があります。充電中にデバイスが熱くなったら、まずケースから取り出しましょう。Apple Watch Editionモデルの場合は、マグネット式充電ケースのカバーを必ず取り外してください。

長期保管する時は、50%充電してから。

デバイスを長い間保管したい場合は、主に2つの要因がバッテリーの全般的な状態に影響します。保管環境の温度と、保管のために電源を切った時のバッテリー充電量です。そのため、次のことをおすすめします。

  • デバイスのバッテリーをフルに充電したり使い切ったりせず、50%前後充電した状態にします。バッテリーを完全に使い切った状態で保管すると、バッテリーは重放電という状態になり、充電された状態を保てなくなる可能性があります。反対に、完全に充電した状態で長期間保管すると、バッテリーの容量の一部が失われ、駆動時間の短縮につながる場合があります。
  • バッテリーの使用量を増やさないために、電源を切ります。
  • 湿気のない、32°C以下の涼しい環境で保管します。
  • 6か月以上デバイスを保管する予定の場合は、6か月ごとに50%まで充電します。

デバイスを保管した期間によっては、再度使用する時にバッテリーの残量が少なくなっている場合があります。長期間保管していたデバイスをもう一度使い始める際は、純正アダプタを使った20分間の充電が必要になることもあります。

iPhone、iPad、iPod touch向けのヒント

最新のソフトウェアにアップデートする。

あなたのデバイスが最新バージョンのiOSを搭載していることを常に確認してください。

  • iOS 5以降を使っている場合は、「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」と選択すると、アップデートが必要かどうかを確認できます。
  • アップデートが利用できる場合は、デバイスを電源につないでワイヤレスでアップデートするか、コンピュータに接続し、最新バージョンのiTunesを使ってアップデートします。

iOSのアップデートについてさらに詳しく

設定を最適化する。

デバイスの使い方にかかわらず、バッテリーを長持ちさせる簡単な方法が2つあります。画面の明るさを調整することと、Wi-Fiを使うことです。

画面の明るさを落とすか、明るさの自動調節をオンにすると、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。

  • 明るさを落とすには、画面の一番下から上に向かってスワイプしてコントロールセンターを開き、明るさのスライダを左にドラッグします。
  • 明るさの自動調節機能は、周囲の明るさに合わせて画面の明るさを自動的に調整します。この設定を有効にするには、「設定」>「画面表示と明るさ」の順に選択し、「明るさの自動調節」をオンにします。

デバイスを使ってデータにアクセスする際、Wi-Fi接続は携帯電話ネットワークよりも消費電力が少ないため、常にWi-Fiをオンにしておきましょう。Wi-Fiをオンにする方法は2つあります。

  • 上に向かってスワイプしてコントロールセンターを開き、Wi-Fiアイコンをタップして、Wi-Fiネットワークにログインします。
  • 「設定」>「Wi-Fi」と選択し、Wi-Fiネットワークにアクセスします。

「バッテリーの使用状況」の情報を見る

iOS 8は、これまでで最もバッテリー効率が良いiOSになるように設計されています。さらに、それぞれのアプリケーションが使用しているバッテリーの割合を見ることができるので(デバイスが充電中ではない場合)、デバイスのバッテリー駆動時間をより細かく管理できます。使用状況を見るには、「設定」>「一般」>「使用状況」>「バッテリーの使用状況」と選択します。

以下は、使用中のアプリケーションの下に表示されるメッセージの例です。

「バックグラウンド処理」:別のアプリケーションを使っている間に、このアプリケーションがバックグラウンドでバッテリーを使用したことを示します。

  • アプリケーションのバックグラウンド更新を許可する機能をオフにすると、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。「設定」>「一般」>「Appのバックグラウンド更新」と選択し、このスイッチをオフにしてください。
  • メールアプリケーションに「バックグラウンド処理」が表示されている場合は、手動によるデータ取得を選択するか、データの取得頻度を下げることができます。「設定」>「メール/連絡先/カレンダー」>「データの取得方法よるデータ」で設定を変更してください。

「場所」と「バックグラウンドの場所」:アプリケーションが位置情報サービスを使用していることを示します。

  • アプリケーションの位置情報サービスをオフにすると、バッテリー駆動時間を最適化できます。「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」で設定をオフにしてください。
  • 「位置情報サービス」では、それぞれのアプリケーションの許可設定を見ることができます。位置情報を最近使用したアプリケーションは、オン/オフスイッチの横にインジケータが表示されます。

「ホーム/ロック画面」:デバイスにホーム画面またはロック画面が表示されたことを示します。例えば、ホームボタンを押したり通知が届いたことにより、ディスプレイがスリープ解除された場合などです。

  • アプリケーションからの通知によってディスプレイが頻繁にスリープ解除される場合は、「設定」>「通知」でプッシュ通知を止めることができます。通知を止めたいアプリケーションをタップして、「通知を許可」をオフにしてください。

「圏外」と「低信号」:あなたがいる場所の通信電波が弱いためにiOSデバイスがより強い信号を探しているか、電波が弱い環境でデバイスを使用したためにバッテリー駆動時間が影響を受けたことを示します。

  • 機内モードをオンにして、バッテリー駆動時間を延ばすことができます。上に向かってスワイプしてコントロールセンターを開き、機内モードのアイコンをタップしてください。機内モードがオンの状態では、電話の受発信ができないことに注意してください。

コンピュータをコンセントにつないで電源を入れてから、デバイスを充電する。

コンピュータを使ってUSB経由でiOSデバイスを充電する時は、そのコンピュータがコンセントにつながれており、電源が入っていることを確認してください。デバイスをつないだコンピュータの電源が切れている場合や、スリープモードまたはスタンバイモードになっている場合は、デバイスのバッテリーが消費されることがあります。iPhone 3GとiPhone 3Gsは、FireWire電源アダプタ、またはFireWire対応シガーソケット充電器での充電に対応していません。

Apple Watch向けのヒント

最新のソフトウェアにアップデートする。

あなたのApple Watchが最新バージョンのWatch OSを搭載していることを常に確認してください。

  • iPhone上のApple Watchアプリケーションで「マイウォッチ」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」と選択すると、アップデートが必要かどうかを確認できます。
  • アップデートが利用できる場合は、iPhoneをWi-Fiに接続し、Apple Watchを電源につないで、ワイヤレスでアップデートします(Apple Watchが50%以上充電されていることを確認してください)。

Watch OSのアップデートについてさらに詳しく

設定を調節する。

Apple Watchのバッテリーを長持ちさせる方法はいくつかあります。

  • ウォーキングとランニングのワークアウト中は、省電力モードをオンにして、心拍センサーを停止させます。iPhone上のApple Watchアプリケーションで「マイウォッチ」>「ワークアウト」と選択し、省電力モードをオンにしてください。心拍センサーを停止させると、消費カロリーの計算の精度が低くなる場合があることに注意してください。
  • 特に長時間のワークアウトでは、内蔵された心拍センサーの代わりにBluetoothチェストストラップを使うこともできます。BluetoothチェストストラップをあなたのApple Watchとペアリングするには、ストラップがペアリングモードになっていることを確認してから、Apple Watch上で「設定」を開いて「Bluetooth」を選択し、ヘルスケアデバイスのリストから選んでください。
  • 腕や手首を動かすことが多く、Apple Watchのディスプレイが必要以上に頻繁にオンになる場合は、「手首を上げたとき」設定をオフにすることができます。Apple Watch上で「設定」を開いて「一般」を選択し、「手首を上げたとき」設定をオフにしてください。ディスプレイをオンにしたい時はタップするだけです。
  • iPhone上でBluetoothをオフにすると、Apple Watchのバッテリーの消費量が増えます。デバイス同士のコミュニケーションがより効率的なものになるよう、iPhone上でBluetoothを常にオンにしておきましょう。

バッテリーの使用状況に関する情報を見る。

使用状況とスタンバイについての情報を見るには、あなたのiPhone上にあるApple Watchアプリケーションを開いて「マイウォッチ」>「一般」>「使用状況」と選択します。

コンピュータをコンセントにつなぎ、電源を入れてから、Apple Watchを充電する。

コンピュータを使ってUSB経由でApple Watchを充電する時は、そのコンピュータがコンセントにつながれており、電源が入っていることを確認してください。Apple Watchをつないだコンピュータの電源が切れている場合や、スリープモードまたはスタンバイモードになっている場合は、Apple Watchのバッテリーが消費されることがあります。

あなたのApple Watchのバッテリーがサービスを必要とする場合には、AppleまたはApple正規サービスプロバイダに依頼してください。

iPod shuffle、iPod nano、iPod classic向けのヒント

最新のソフトウェアにアップデートする。

あなたのiPodが最新バージョンのApple製ソフトウェアを搭載していることを常に確認してください。iPodをDockに取り付けるか、コンピュータにつなぐと、iTunesが利用可能なアップデートをお知らせします。

設定を最適化する。

ホールドと一時停止。iPodを使わない時には、スイッチをホールドに合わせておきましょう。そうすれば、iPodが誤って起動し、不必要に電力を消費することがなくなります。また、iPodで曲を聴いていない時は一時停止するか、再生ボタンを2秒間押して電源を切りましょう。

イコライザ。再生にイコライザを加えると、iPodのプロセッサの使用量が増加します。これは、イコライザが楽曲の中にエンコードされていないためです。イコライザを使わない場合は、この機能をオフに設定しましょう。iTunes内の曲にイコライザを設定していた場合、その効果を「オフ」にするには、イコライザを「フラット」に設定する必要があります。これは、iPodがiTunesの設定をそのまま保持するためです。

バックライト。バックライトを「常にオン」に設定しておくと、バッテリー駆動時間が大幅に短くなります。必要な時にだけバックライトを使いましょう。

コンピュータをコンセントにつなぎ、電源を入れてから、iPodを充電する。

コンピュータを使ってUSB経由でiPodを充電する時は、そのコンピュータがコンセントにつながれており、電源が入っていることを確認してください。iPodをつないだコンピュータの電源が切れている場合や、スリープモードまたはスタンバイモードになっている場合は、iPodのバッテリーが消費されることがあります。

MacBook AirとMacBook Pro向けのヒント

最新のソフトウェアにアップデートする。

あなたのMacBookが最新バージョンのOS Xを搭載していることを常に確認してください。インターネットに接続している場合、OS Xは毎週自動的にソフトウェアアップデートをチェックします。ただし、いつアップデートをインストールするかは、自分でコントロールできます。最新のソフトウェアを使用していることを確認するには、Appleメニューから「ソフトウェア・アップデート」を選んでください。

OS Xのアップデートについてさらに詳しく

設定を最適化する。

省エネルギー。「省エネルギー」環境設定パネルには、MacBookの消費電力レベルを決める設定がいくつか用意されています。MacBookは、電力がコンセントから供給されるとそれを認識し、その状態に合わせて動作します。バッテリーで駆動している時は、画面の明るさを抑え、ほかのコンポーネントの使用も控えめになります。この設定をパフォーマンス優先に変更すると、バッテリーの消費が速くなります。

ディスプレイの輝度。ディスプレイの表示を快適な範囲内でできる限り暗くすると、バッテリー駆動時間を最大限に延ばすことができます。例えば、飛行機の中でビデオを観る場合、キャビンの照明が消えていれば、ディスプレイを最大輝度に設定する必要はないでしょう。

Wi-Fi。ネットワーク接続のために使っていない場合でも、Wi-Fiは電力を消費します。メニューバーのWi-Fi接続状況メニューまたはネットワーク環境設定を使って、Wi-Fiをオフにすることができます。

アプリケーションと周辺機器。使っていない時は周辺機器を取り外し、アプリケーションを終了します。アクセスしていないSDカードは取り出しましょう。

MacBookをコンセントにつなぎ、電源を入れてから、ほかのデバイスを充電する。

MacBookを使ってUSB経由でほかのデバイスを充電する時は、MacBookがコンセントにつながれており、電源が入っていることを確認してください。そうしないと、MacBookのバッテリーが通常よりも速く消費されることがあります。また、ほかのデバイスをつないだMacBookの電源が切れている場合や、スリープモードまたはスタンバイモードになっている場合は、デバイスのバッテリーが消費されることがあります。