iMovie

あなたのビデオを
超大作映画に。

魅力的な映画クオリティのビデオを、これまでにないほど簡単に作る。想像力をもっと自由に広げる。Mac上のiMovieですばやく編集する。最高のストーリーをゼロから生み出すことも、iPhoneまたはiPad上で新しいマジックムービーとストーリーボードに制作を手伝ってもらうこともできます。

New

マジックムービー

瞬時に集。です。

マジックムービーなら、タイトル、トランジション、音楽を使ってスタイリッシュに編集されたビデオが数回のタップだけで瞬時に完成します。ライブラリからメディアまたはアルバムを選択すると、マジックムービーがその映像の中からベストシーンを特定して自動的に編集。20の様々なスタイルから選んで、違ます。シンプルに表示されたショットリストでクリップを並び替えたり削除するのも簡単。クリップのトリミングや分割などのツールでディテールを変更するのも思いのまま。プロジェクトの長さに合わせて音楽がダイナミックに再構成される機能もあります。まるでマジックです。

New

ストーリーボード

ショットを組み合わせて、
ン。

新しいストーリーボード機能を使って、ビデオでストーリーを表現する方法を学んだり、スキルに磨きをかけましょう。あらかじめ用意されたビデオテンプレートを見れば、動画制作のプロセスがわかります。料理、製品レビュー、科学実験などの人気ジャンルをもとに20のストーリーボードがラインナップ。それぞれのストーリーボードには、映像のキャプチャ、クリップの整理、様々な物語構成を紹介する事例がついたショットリストが含まれます。ストーリーボードのビデオを写真ライブラリに簡単に保存して、ソーシャルメディアで広く共有することも、メッセージやメールで友だちに直接送ることもできます。

シネマティックモード

フォーカスが切り替わる。
ストーリーが際立つ。

映画監督のように、あなたの思い通りに表現しましょう。iPhone 13のシネマティックモードで撮影したビデオクリップを読み込んで編集できるので1、よりアーティスティックで本格的なシーンを簡単に作れます。撮影した素材の被写界深度エフェクトを変更したり、焦点ポイントを追加または削除して、オーディエンスをあなたのストーリーに引き込みましょう。新しいストーリーボード機能にシネマティックモードのビデオを直接追加して調整し、ストーリーに磨きをかけることもできます。

ムービーを作る

オープニングからエンディングまで簡単です。

iPhoneでも、iPadでも、Macでも、最高傑作を生み出すのがこれまでにないほど簡単になりました。クリップを選んだら、そこにタイトル、音楽、エフェクトを加えるだけ。マジックムービーやストーリーボードに、プロジェクト制作を手伝ってもらうこともできます。iMovieは4Kビデオにも対応。映画のようなクオリティで観る人を圧倒する作品を作れます。しかも、あっという間にクランクアップです。

プロのような編集

iMovieを使えば、編集の専門知識がなくても本格的なムービーを作れます。写真やビデオをプロジェクトに追加する。指でクリップをトリミングする。シーンの切り替えをシームレスにする。プロのようにオーディオをフェードイン、フェードアウトさせる。どれも簡単です。ProResビデオを読み込んで編集したり2あなたのムービーや予告編にApple ProRAW画像を加えることもできます。

スペシャルなスペシャルエフェクト

アクションシーンのスピードを落として、もっとドラマチックに。シーンのスピードを上げて、目にも止まらないような展開に。ピクチャ・イン・ピクチャやスプリットスクリーンのエフェクトで、授業の課題を報道番組のような雰囲気にすることだってできます。

ムービーを作る

オープニングからエンディングまで簡単です。

iPhoneでも、iPadでも、Macでも、最高傑作を生み出すのがこれまでにないほど簡単になりました。クリップを選んだら、そこにタイトル、音楽、エフェクトを加えるだけ。マジックムービーやストーリーボードに、プロジェクト制作を手伝ってもらうこともできます。iMovieは4Kビデオにも対応。映画のようなクオリティで観る人を圧倒する作品を作れます。しかも、あっという間にクランクアップです。

プロのような編集

iMovieを使えば、編集の専門知識がなくても本格的なムービーを作れます。写真やビデオをプロジェクトに追加する。指でクリップをトリミングする。シーンの切り替えをシームレスにする。プロのようにオーディオをフェードイン、フェードアウトさせる。どれも簡単です。ProResビデオを読み込んで編集したり2あなたのムービーや予告編にApple ProRAW画像を加えることもできます。

スペシャルなスペシャルエフェクト

アクションシーンのスピードを落として、もっとドラマチックに。シーンのスピードを上げて、目にも止まらないような展開に。ピクチャ・イン・ピクチャやスプリットスクリーンのエフェクトで、授業の課題を報道番組のような雰囲気にすることだってできます。

ハリウッドクラスのフィルタ

13種類のクリエイティブなビデオフィルタから好きなものを選べます。昔ながらのサイレント映画スタイル。古めかしい西部劇風のルック。未来っぽいスタイリッシュなブルートーン、などなど。フィルタの適用は簡単。それぞれのクリップにかけることも、ムービー全体に一気にかけることもできます。

簡単に作れる
サウンドトラック

iOSの中に用意された100以上のスマートサウンドトラックで映像を引き立ててみませんか。曲はあなたのムービーの長さに合わせて賢く調整されます。内蔵されたサウンドエフェクトの追加も、アフレコの録音も思いのまま。映像だけでなくサウンドも魅力的なムービーが作れます。

インパクトを加える

名演技を。

サイレント映画を作る。ストーリーを前に進める。ただ何かを伝える。iMovieのタイトルと背景を使えば、iPhoneやiPad上であなただけのタイトルカードやクレジットなどをすばやく作れます。タイトルのカスタマイズは簡単です。好きなフォントと色を選び、ピンチでサイズを調整。それを写真やビデオの上に持ってきたら、画面上の好きな場所に配置するだけ。背景の色、グラデーション、パターンを選択したり、タイトルと背景の表示時間を調整したり、グラフィックスやロゴで作品にあなたらしさを加えることもできます。

あらゆる場所に登場

グリーンスクリーンエフェクトで瞬間移動。

家にいたまま、行ってみたかった場所に行きましょう。グリーンスクリーンエフェクトを使えば、タップやクリック1回で遠い国の風景の中などにあなた自身やあなたのキャラクターが登場。マスクコントロールと強度調整でエフェクトを微調整できるので、本当にそこにいる感じを最大限まで高められます。

予告編を作る

最優秀予告編賞は、
きっとあなたのもの。

もしビデオをたくさん撮り貯めているなら、あと必要なのは、映画を作りたいという気持ちだけ。iMovieでは、あらゆる映像を使ってハリウッドスタイルの楽しい予告編をすばやく作れます。ほとんどのジャンルがそろった幅広いテンプレートから好きなものを選んだら、あなたのスタジオのロゴを選択し、ムービーのタイトルやクレジットを入力しましょう。あとは絵コンテに写真やビデオを加えれば完成です。iPhoneでも、iPadでも、Macでも、超大作映画のようなショートムービーを生み出せます。

iMovieをどこででも

舞台はiPhoneからiPadへ、
そしてMacへ。

iOSのためのiMovieとmacOSのためのiMovieは、お互いに連係するように設計されています。iPhone上で編集を始めたプロジェクトは、AirDropやiCloud Driveを使ってiPadにワイヤレスで転送できます。iPhoneまたはiPadからプロジェクトをMacに転送すれば、色補正やアニメーション化された地図などを使って仕上げられます。プロ向けの編集ツールを活用してみたい時は、iMovieのプロジェクトをFinal Cut Proで開きましょう。満足できる一本が完成したら、さあ、プレミア上映の時間です。

iMovieをiPad Proで

どんな映画でも、パワフルなパフォーマンスを披露します。

iPad ProはiMovieの魅力を大きく引き出すステージになります。複数の4Kビデオクリップで作業したり。グリーンスクリーン、ピクチャ・イン・ピクチャ、スプリットスクリーンなどのエフェクトを作って、そのまますぐに再生したり。より速く、より正確に編集したい時は、トラックパッドを搭載したiPadのためのMagic Keyboardを使いましょう。iPad ProとiPad Air(第4世代以降)はUSB-Cポートを持っているので、作業中に外部ディスプレイに接続して、最新の編集を4Kでみんなに見せることもできます。

共有する

あなたの映画を
全世界に公開しよう。

iMovieには、あなたの友だち、家族、熱ます。メールやメッセージで送信して仲間の反応をすぐにチェックするのも、ビデオを保存してInstagramなどの人気があるソーシャルメディアサイトに投稿するのも、目を奪う4K解像度の作品をYouTubeにアップロードするのも自由自在。マジックムービーとストーリーボードを使って、シェアしたいコンテンツをこれまで以上に簡単かつスピーディーに公開することもできます。傑作を作り上げたら、あとは世界中から寄せられる賞賛の声を待つだけです。

iMovieを教室で

課題がいきいきと動き出します。

ストーリーをビデオにすれば、生徒たちの気持ちをつかめるでしょう。歴史のプロジェクトでグリーンスクリーンエフェクトを使って時間をさかのぼったり、スプリットスクリーンやピクチャ・イン・ピクチャのエフェクトを作って時事問題をレポートしたり。生徒たちはいろいろなことができます。美しい映像と魅力的なサウンドを持った個人プロジェクトを手間なく制作したいなら、ドラッグ&ドロップで映画の予告編のようなムービーを生み出せる機能がおすすめです。iOSのためのiMovieはClassKitと連係するので、教師のみなさんは生徒たちにアプリから課題を割り当てられます。生徒たちは、完成したムービーをアプリから直接提出するだけです。

Clipsを使ってみよう。

文字、エフェクト、グラフィックスなどをつけた楽しいビデオを作ってシェアすることができる、無料のiOSアプリです。

さらに詳しく