Keynoteで
利用できる機能。

画期的なアイデアを魅力的なプレゼンテーションに。
Keynoteを使えば、
これまで以上にみんなを
驚かせることができます。

New

見たこともない方法で
ビデオを見せる。

ビデオやムービーの再生を、スライドをまたいで続けられます。開始したり、停止したり、中断した場所を見つけたり、クリップとして編集する必要はありません。位置、サイズ、回転を変更しても、ビデオはシームレスに動きます。スライドが切り替わる時に音量を小さくしたり、ダイアログやナレーションが入る時に音声を調節することもできます。

New

モーションパス沿いに
オブジェクトを移動。

タップするだけで、オブジェクトを正しい向きにできます。パスに沿って移動する時も、オブジェクトの向きは正しいままです。

New

まったく新しい方法で
読み進める。

間違えて内容を変更することを防ぎながら、プレゼンテーションをスクロールしたり、拡大・縮小したり、操作できるようになりました。

New

ビデオ会議をショータイムに。

MacのためのKeynoteは、ビデオ会議での体験を向上させます。スライドショーをフルスクリーンではなくウインドウの中で再生すれば、プレゼンテーションの途中でも、ほかのアプリファイルにアクセスできます。

New

キャプションとタイトルを
オブジェクトに固定。

イメージ、ビデオ、図形にテキストを簡単に追加できます。こうしたオブジェクトを動かしても、テキストは自動的についていきます。

そのほかの
主な特長

アクセシビリティに配慮した説明

支援技術を利用する方のために、アクセシビリティに配慮した説明をイメージ、イメージギャラリー、ムービー、オーディオに追加できます。

オーディオ

オーディオの録音、編集、再生を、スライド上で直接、簡単に行えます。

色、グラデーション、イメージ

プレゼンテーションの背景、テキスト、図形を、色、グラデーション、イメージで塗りつぶすことができます。

カスタムテーマ

新しいプレゼンテーションのモデルとして使うテーマを作成し、iCloudを使ってすべてのデバイス上でアクセスできます。

ダークモード

ダークモードを有効にすると、Keynoteがドラマチックでダークな色調になり、コンテンツが際立ちます。

ドロップキャップ

大きな飾り文字であるドロップキャップを追加すれば、ストーリーや段落の始まりが一目でわかります。

書き出し

プレゼンテーションをムービーやアニメーションGIFとして書き出して、オンラインで共有できます。

美しいグラフ

縦棒グラフからドーナツグラフまで、データを表示する方法がたくさん用意されています。iOSとiPadOSでは、VoiceOverを使って、グラフデータの理解に役立つ情報を読み上げることもできます。

iCloud Driveのフォルダ共有

iCloud Driveで共有しているフォルダにKeynoteのプレゼンテーションを追加するだけで、共同制作を始められます。

イメージギャラリー

1つのスライドに写真のコレクションを追加し、1枚ずつキャプションをつけて表示できます。

インタラクティブなプレゼンテーション

テキスト、テキストボックス、イメージ、図形、線、矢印、ビデオなどにリンクを追加すると、プレゼンテーション中にタップするだけで、ウェブページやEメールを開いたり、別のスライドにジャンプしたり、スライドショーを終了できます。

方程式

LaTeXやMathMLの表記を使うと、方程式が美しく整います。

オフラインでの共同制作

共有中のプレゼンテーションをオフラインで編集すると、あなたのアカウントが次にオンラインになった時に、変更内容が自動的にアップロードされます。

段落スタイル

段落スタイルを使うと、プレゼンテーション全体が統一された印象になり、テキストの一括変更をすばやく行えます。

イメージの一部を削除

インスタントアルファツールを使って、イメージの一部を透明にしたり、不要な背景や色を取り除くことができます。

図形ライブラリ

Appleがデザインした700以上の図形から選べます。色やサイズを変更したり、テキストを加えられるほか、オリジナルの図形を作って保存することもできます。

トラックパッド対応のiPad

Magic Keyboard、マウス、トラックパッドに対応するiPadでKeynoteを使うと、新しい方法でプレゼンテーションの作成や編集ができます。

縦書きテキスト

日本語、中国語、韓国語では、書類全体とテキストボックス内で縦書き入力ができるので、プレゼンテーションがより本格的な印象になります。