ション作ろう。
驚くほど美しく。

ほとんどのApple製デバイスに内蔵されているKeynoteなら、パワフルなツールや
魅力的なエフェクトを駆使して、目を奪う印象的なプレゼンテーション簡単に
作れます。iPad上でApple Pencilを使って図表やイラスト描き、あなたの
スライドをいきいきと演出するのも思いのままです。リアルタイム共同制作
機能により、チームのみんな一緒作業することもできます。Mac、iPad、
iPhone上はもちろん、Windowsパソコン上でも共同制作に加われます。

Keynoteの新機能を見る

思いのすべてを
思いのままに発表しよう。

Keynoteには、優れたプレゼンテーションを作るためのステージが用意されています。重要なツールが中心に配置されたインターフェイスはシンプルで直感的。だから、美しいグラフの挿入も、写真の編集も、映画のようなエフェクトの追加も、チームの誰もが簡単にできます。リハーサルモードでは、現在のスライドと次のスライド、ノート、時計のすべてが表示されるので、外出先での練習に便利です。

魅力的な
レイアウトから
選んで始めよう。

あなたのプレゼンテーションを一瞬で本格的な印象にする、40以上の見事なテーマから選べます。自分だけのスライドデザインや背景イメージを作ったり、ページごとにカスタマイズすることもできます。

次のレベルの
作ろう。

映画のように美しい100以上のトランジションとエフェクトを使えば、プレゼンテーションが一段とドラマチックになります。あなたの言葉を引き立てたいなら、テクスチャやカラーグラデーション、さらには写真も加えましょう。すべてワンタップで完了です。iPhoneまたはiPad上では、指やApple Pencilで描いたパスに沿ってオブジェクトを動かすこともできます。

傑作にしよう。

ダイナミックな背景で、スライドに細かい動きを加えましょう。Appleがデザインした700以上の図形を使って重要なポイントを説明する。写真、ビデオ、音楽、イメージギャラリー、グラフを挿入する。iPhoneで写真を撮ったり書類をスキャンして、連係カメラでMac上のKeynoteにそのまま送ることもできます。

New

ダイナミックな背景で注目を集める。

スライドに美しい色彩や視覚的な面白さを加えて、プレゼンテーションを引き立てることができます。最初や最後のスライドにモーションを入れて、伝えたいことを強調しましょう。プレゼンテーション全体に細かい動きを追加し、みんなの目を釘づけにすることもできます。

New

テーマからスタート。

3つの美しいアニメーションのテーマが新たに加わりました。好きなテーマを選び、18種類の背景プリセットを調整してスライドごとのトーンを設定できます。目立たないものから目を奪うもの、モノクロからカラフル、静的なものから躍動的なものまで自由自在です。

ライブのビデオ映像をどのスライドにも。

リモートでのプレゼンテーション中にピクチャ・イン・ピクチャ表示を使ってスライド上のウインドウに登場したり、iPhoneまたはiPadの画面のライブ映像を組み込んでアプリを見せることもできます。

力を合わせて発表する。しかもシームレスに。

Mac、iPad、iPhone上で複数のメンバーがスライドショーを発表する場合、メンバーがどこにいても1つの資料を交代で操作できます。

YouTubeやVimeoの動画をKeynoteで再生。

YouTubeやVimeoの動画を埋め込んで、プレゼンテーションの中で直接再生できます。動画をダウンロードしたり、メディアプレーヤーで開く必要はありません*

ビデオ会議をショータイムに。

スライドショーを個別のウインドウ内で再生すれば、プレゼンテーションの途中でも、ほかのアプリにアクセスできます。発表者ノート、次のスライド、ナビゲーションも別のウインドウで確認できるので便利です。

もっと簡単につかむ。

iPhoneとiPadにアウトライン表示が新登場。あなたのひらめきをすばやくメモして、アイデアを整理できます。スライド間でトピックを移動させるのも簡単。デザインを始める準備ができたら、スライド表示に切り替えましょう。

パッ。手書きの文字をテキストに変換。

iPadOSためのスクリブルを使うと、Apple Pencilで入力した手書きの文字がテキストに自動変換されます。メモを取るのも、プレゼンテーションを編集するのも、テキストに注釈を加えるのもあっという間です。

どこにいても、
最高の舞台になります。

Keynoteを使えば、リモートでのプレゼンテーションが対面でのプレゼンテーションと同じくらいシームレスに。「次のスライドをお願いします」と言う必要はもうありません。離れた場所にいても複数の人が一緒にプレゼンテーションを行って、それぞれが資料の担当部分を操作できるようになったからです。自分が映るライブのビデオ映像を好きなスライドに追加してピクチャ・イン・ピクチャで表示させたり、Macでのプレゼンテーション中にiPhoneまたはiPadの画面のライブ映像を組み込んでアプリの使い方を説明したり。スライドショーを個別のウインドウ内で再生すれば、メモやほかのアプリに同時にアクセスすることもできます。

テーションでも。
でも。時でも。

Keynoteなら、好きな場所や好きなデバイスで作業できます。すべてのApple製デバイスがシームレスに連係するからです。MacやiPad上で作ったスライドは、iPhoneやウェブブラウザ上でも同じように表示されます。その逆も同様です。

Windowsパソコンを使って、iCloudやBoxに保存されたプレゼンテーションで作業することもできます。

iCloud.comでKeynoteを今すぐ使う

みんなで作る。みんなでプレゼン。
離れていても一緒です。

街の反対側にいる人も、地球の裏側にいる人も、みんなで一緒に同じプレゼンテーションを使って作業できます。チームのメンバーが加えた編集をリアルタイムで見るのも簡単。同じように、彼らもあなたの編集をチェックできます。チームで発表する時は、メンバーがどこにいても1つのプレゼンテーション資料を交代で操作できます。

Apple Pencilなら、
ひらめきを逃しません。

色をつける。イラストを描く。手書きのコメントを加える。iPad上でApple Pencilを使えば、一段と美しいプレゼンテーションを作れます。

Officeと互換性があります。

Microsoft PowerPointを使っている人と共同制作をする場合でも、Keynoteならスムーズそのもの。KeynoteのプレゼンテーションをPowerPointのファイルとして保存することも、PowerPointのファイルをKeynoteに直接読み込んで編集することもできます。

Microsoft PowerPointとの互換性についてさらに詳しく

Numbers

スプレッドシートにあざやかな答えを。

Numbersについて
さらに詳しく

Pages

書類に言葉を超えた美しさを。

Pagesについて
さらに詳しく