あらゆる答えを出そう。
計り知れないほど美しく。

ほとんどのApple製デバイスに内蔵されているNumbersなら、魅力的な表や
イメージを入れて美しいスプレッドシート作れます。iPad上ではApple Pencilを
使って、わかりやすい図表やカラフルな手書きのイラストを追加できます。リアルタイム
共同制作機能により、チームのみんなで一緒作業することもできます。Mac、iPad、
iPhone上はもちろん、Windowsパソコン上でも共同制作に加われます。

Numbersの新機能を見る

データに目を奪う
ビジュアルを。

Numbersでの作業は果てしなく広がるグリッドの上ではなく、真っ白なキャンバスの上からスタートしましょう。そこでは、あらゆるものを思いのままに動かしたり、あなたのデータを好きな方法で整理できます。しかもスプレッドシートを編集しているメンバー全員が、iOS、iPadOS、macOSのパワフルな機能を同じように使えます。

始めるのは簡単。

すぐに使える見事なテンプレートにデータを入れていくだけ。好きなようにカスタマイズすることもできます。フォントの選択も、セルの枠線のスタイル設定も自由自在。表の追加、サイズ変更、スタイルの適用も簡単です。

計算はまかせてください。

Numbersは数百もの関数に対応しています。高い精度で複雑な計算をする。適切な数式を見つける。データをフィルタリングする。データが示す内容を要約する。そのすべてを直感的に使えるツールで簡単にこなせます。ピボットテーブルとスマートカテゴリを使えば、すばやく表を整理してまとめられます。データの裏側にあるストーリーを一段と深く理解できるでしょう。

数字を一瞬であざやかに。

わかりやすい数値ラベルをつけることができ、サイズの調整もできる横棒グラフと縦棒グラフ。洞察に満ちたレーダーチャートとドーナツグラフ。インタラクティブなグラフ。ライブラリに700以上そろったカスタマイズできる図形。こうしたツールを使って、数字だけのデータを美しいビジュアルに変えられます。

New

ピボットテーブルで流れをつかむ。

パワフルで直感的なこのデータ分析ツールで、パターンと傾向を簡単に、そして美しくチェックしましょう。ピボットテーブルを含むMicrosoft ExcelのファイルもNumbersで直接開けます。しかもピボットテーブルは、Macだけでなく、iPadとiPhoneでもスムーズに使えます。

New

レーダーチャートで違いを一目で。

異なる系列から複数の変数を視覚的に比較できます。レーダーチャートなら、類似点と相違点をはっきりと簡単に確認できます。

フォームを一新。

再設計されたフォームでは、作成やカスタマイズがこれまでになく簡単です。フォームを表に追加したり、基本フォームテンプレートを使って始められます。

パッ。手書きの文字をテキストに変換。

iPadOSためのスクリブルを使うと、Apple Pencilで手書きした数字やデータがテキストに自動変換されます。書きとめた数式も、すばやくテキストに変わります。

パワフルなRegExの機能。

RegEx関数を使うと、テキストを完璧にマッチさせることができます。テキストの操作も、データ内のパターン照合も、より柔軟な数式の作成も簡単です。

NumbersにXLOOKUPが登場。

XLOOKUPでは、行内と列内の数値を見つけたり、完全一致、近似一致、部分一致を探せます。この関数により、NumbersとMicrosoft Excelの互換性が一段と向上します。

シートでも。
でも。
どんな時でも。

Numbersなら、好きな場所や好きなデバイスで作業できます。すべてのApple製デバイスがシームレスに連係するからです。MacやiPad上で作ったスプレッドシートは、iPhoneやウェブブラウザ上でも同じように表示されます。その逆も同様です。

Windowsパソコンを使って、iCloudやBoxに保存されたスプレッドシートで作業することもできます。

iCloud.comでNumbersを今すぐ使う

かけ算しよう。

街の反対側にいる人も、地球の裏側にいる人も、みんなで一緒に同じスプレッドシートを使って作業できます。チームのメンバーが加えた編集をリアルタイムで見るのも簡単。同じように、彼らもあなたの編集をチェックできます。「共同制作」ボタンをクリックまたはタップしてメンバーを招待するだけで始められます。

Apple Pencilなら、ひらめきを逃しません。

図表を描く。注釈を加える。色をつける。iPad上でApple Pencilを使えば、あなたのデータが一目でわかるものになります。

Officeと互換性があります。

Microsoft Excelを使っている人と共同制作をする場合でも、Numbersならスムーズそのもの。NumbersのスプレッドシートをExcelのファイルとして保存することも、ExcelのスプレッドシートをNumbersに直接読み込んで編集することもできます。

Microsoft Excelとの互換性についてさらに詳しく

Keynote

プレゼンテーションに
驚きのデザインを。

Keynoteについて
さらに詳しく

Pages

書類に言葉を超えた美しさを。

Pagesについて
さらに詳しく