お知らせ 7月 26, 2007

アップル、第3四半期の業績を発表

売上高、利益とも過去最高を記録
Macの販売台数も新記録

2007年7月25日、カリフォルニア州クパティーノ、アップルは本日、2007年6月30日を末日とする2007年度第3四半期の業績を発表しました。当四半期の売上高は54億1,000万ドル、純利益は8億1,800万ドル、希薄化後の1株当り利益は0.92ドルとなりました。前年同期は、売上高が43億7,000万ドル、純利益が4億7,200万ドル、希薄化後の1株当り利益が0.54ドルでした。売上総利益率は前年同期の30.3%から36.9%に増加しました。当四半期の米国市場以外の売上比率は40%でした。
当四半期、アップルは1,764,000台のMacintosh®コンピュータを出荷しました。前年同期に比べ、33%増え、これまでの四半期におけるMac出荷台数の最高記録を15万台以上上回る数字となりました。また当四半期のiPodの出荷台数は9,815,000台と、前年同期と比べ21%増えました。
「アップルの歴史の中で最高の4〜6月期売上高、利益、またMacの四半期販売台数も過去最高の数字を報告できますことを非常に嬉しく思います。iPhoneも素晴らしいスタートを切りました。発売後3ヶ月で100万台のiPhoneを販売したいと考えています。また、今後発表予定の新製品も非常に強力です。」とアップルのCEO(最高経営責任者)、スティーブ・ジョブズは述べています。
「今四半期は、12億ドルを超える営業キャッシュフローを含む強固な財務業績を報告できますことを非常に嬉しく思います。2007年度第4四半期につきましては、売上高が約57億ドル、希薄化後の1株当り利益として約0.65ドルを予想しています。」と、アップルのCFO(最高財務責任者)、ピーター・オッペンハイマーは述べています。
アップルでは、ライブおよびオンデマンドのオーディオ、ビデオストリーミング配信の標準技術をベースとしたアップルのQuickTime®(クイックタイム)を使用して、2007年度第3四半期業績発表のカンファレンスコールをライブストリーミングで配信します。このライブウェブキャストは2007年7月25日(水)14時00分(米国西部時間)よりアップルのWebサイト(https://www.apple.com/quicktime/qtv/earningsq307/)で配信され、終了後の再生も可能です。QuickTime player(クイックタイムプレーヤー)はMacintoshとWindowsユーザを対象にアップルのWebサイト(https://www.apple.com/jp/quicktime)で無償で提供されています。

本報道関係資料には、当社の予想売上高および1株当り利益に関する将来的見通しが含まれています。これらの見通しは、リスクと不確実性が伴い、実際の結果が異なることもあります。リスクと不確実性の例としては以下のものが挙げられます。取締役会の特別委員会が調査した事項および当社の連結財務諸表の遡及的修正について起こされる可能性のある訴訟および政府による行政処分;当社にとって不利な訴訟結果;競争および経済要因ならびにそれらに対する当社の反応が、当社の製品に対する消費者および事業者の購買決定におよぼす影響;戦争、テロリズム、公衆衛生問題、および製品の供給、配送および需要を妨げる可能性のあるその他の状況;市場における継続的な競争圧力;iPhoneに関する米国内唯一のサービス提供業者への当社の依存;当社が現在単一または限定された供給元から入手している当社の事業に不可欠な特定の部品およびサービスが今後も適当な条件で入手できること;当社が新しいプログラム、製品および有効な技術的革新をタイムリーに市場に提供し、顧客需要を開拓できること;製品の品質に関する問題が当社の売上高および営業利益におよぼす影響;製品の移行、製品価格または製品ミックスの変更、あるいは部品コストの上昇が当社の売上総利益率におよぼす影響;製品の品質に関する問題が当社の売上高および営業利益におよぼす影響;当社が顧客の注文に先立って製品の部品を注文するまたは注文の約束をする必要性に伴う在庫リスク;サードパーティーが提供する製造および物流サービスへの当社の依存が、提供される製品またはサービスの品質、数量およびコストにおよぼす影響;当社製品の販売会社その他の再販業者の販売能力への当社の依存;サードパーティーのデジタルコンテンツ利用可能性への当社の依存;当社が他者の知的所有権を侵害したと裁判所が認定した場合の影響;当社の財務業績に影響を与え得る潜在的要因に関するさらに詳しい情報は、当社がSEC(米国証券取引委員会)に定期的に提出する報告書に含まれています。これらには既に提出済みの2006年9月30日を末日とする2006年度Form 10-K(年次報告書)と、2006年12月30日を末日とする四半期に関するForm 10-Q(四半期報告書)、今後SECに提出する2007年3月31日を末日とする四半期に関するForm 10-Q(四半期報告書)、そして今後SECに提出する2007年6月30日を末日とする四半期に関するForm 10-Q(四半期報告書)が含まれます。将来的見通しまたは情報はそれぞれ発表時点のものであり、当社はこれを更新する義務を負うものではありません。

※本資料は、米国発2007年7月25日付けで、米国アップルが発表したニュースリリースを日本語に翻訳したものです。
【アップルについて】
アップルはApple IIで1970年代のパーソナルコンピュータ革命に火をつけ、80年代にはMacintoshによって、再び、全く新しいパーソナルコンピュータを創出しました。数々の賞に輝く革新的なコンピュータ、Mac OS Xオペレーティングシステム、iLifeデジタルライフスタイル・アプリケーション、そしてプロ向けの各種アプリケーションで業界をリードし続けています。これに加えてアップルは、ポータブルミュージックおよびビデオプレーヤーのiPodと、オンラインのiTunes Storeにより、デジタルメディアの分野でも先頭に立ってその革命を推し進め、さらに本年、革新的なiPhoneによって携帯電話市場にも参入します。