プレスリリース 6月 5, 2018

Apple、macOS Mojave
を発表

メジャーアップデートとして、ダークモード、新たなMac用アプリケーション、刷新されたMac App Storeを追加

新たなmacOSを搭載したデスクトップMacコンピュータのスクリーンショット
macOS Mojaveは、プロのワークフローをヒントとした、パワフルでありながらも誰にでも使えるように設計された新機能をお届けします。
Appleは本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新版、macOS Mojave(モハべ)をプレビューしました。macOS Mojaveは、プロのワークフローをヒントとした、パワフルでありながらも誰にでも使えるように設計された新機能を提供します。macOS Mojaveで新しく搭載されたダークモードは、フォーカスがユーザのコンテンツに当たるようなドラマチックな新しいスタイルにデスクトップを変化させます。新しいスタック機能は、ファイルを自動的にスタックしてグループ化して整理し、散らかったデスクトップをすっきりと整頓してくれます。News、株価、ボイスメモ、ホームなど、おなじみのiOSアプリケーションが、はじめてMacで使えるようになりました。また、FaceTimeがグループ通話に対応するほか、Mac App Storeが刷新され、豊富なエディトリアルや、Microsoft、Adobeなどトップクラスのデベロッパによるアプリケーションも加わりました。
「macOS Mojaveは、一般的なユーザからプロフェッショナルなユーザまで、幅広いMacユーザのためのパワフルな新機能を導入したメジャーアップデートです。ダークモードは、コンテンツを中心に配置するドラマチックで新しいスタイルをmacOSにもたらします。また、おなじみのiOSアプリケーションが、はじめてMacで使えるようになったほか、Mac App Storeが刷新されて、新しいアプリケーションがさらに見つけやすくなり、これまで以上に楽しめるようになりました」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ·フェデリギは述べています。

ダークモード

新しい「ダークモード」設定を使用したMacの画面のスクリーンショット
ダークモードは、ドラマチックな暗い色調を用いてMacデスクトップの見た目を変えることで、コンテンツが前面の中央に現れ、コントロール部分を目立たないようにします。
macOS Mojaveでは、ダークモードに切り替えてデスクトップを暗い色調に変えることができ、それによりコントロール部分が背景になじみ、ユーザのコンテンツにフォーカスが当たるようになります。ユーザはデスクトップの明暗を切り替えることができます。メール、メッセージ、マップ、カレンダー、写真など、Macの内蔵アプリケーションではすべて、ダークモードのデザインを利用できます。また、macOS Mojaveには、その日の時刻に合わせて自動的にデスクトップ画像を変更する新しいダイナミックデスクトップ機能も搭載されています。デベロッパはAPIを利用して、作成するアプリケーションにダークモードを実装できます。

デスクトップとFinder

Appleデスクトップのアイコンレイアウトが表示されているMacBook
スタックは、ファイルを自動的にグループ化して整理し、散らかったデスクトップをすっきりと整頓してくれます。
デスクトップ用のスタックは、ファイルをファイルタイプ別に自動的にスタックしてグループ化して整理するため、散らかったデスクトップをすっきりと整頓してくれます。ユーザは、日付やタグなどのファイル属性に基づいてファイルを分類するよう、スタックをカスタマイズすることもできます。FinderもmacOS Mojaveで大幅にアップデートされ、ユーザがファイルに視覚的にすばやく目を通すことができる、まったく新しいギャラリー表示が採用されています。「プレビュー」パネルでは、ファイルのメタデータがすべて表示されるようになり、メディアアセットを簡単に管理できるようになりました。クイックアクションを使うと、パスワード保護されたPDFの作成や、ファイルへのカスタムAutomatorアクションの実行などが、Finderから直接できるようになります。クイックルックでは、ファイルを実際のサイズですぐにプレビューできるため、ユーザは画像の回転やトリミング、PDFのマークアップ、ビデオやオーディオクリップのトリミングなどをアプリケーションを開かずに実行できます。

News、株価、ボイスメモ、ホーム

macOS Mojaveでは、News、株価、ボイスメモ、ホームなどの便利なアプリケーションをはじめてMacで使えるようになりました。Newsアプリケーションでは、Macのディスプレイ上で記事の写真やビデオを鮮明に表示でき、ユーザはこのアプリケーションひとつでお気に入りの出版物をフォローできます。ホームアプリケーションを使うと、MacユーザはHomeKit対応のアクセサリをコントロールし、コンピュータの前から離れることなく、照明のオン/オフやエアコンの温度設定などができます。ボイスメモでは、個人的なメモや、講義、ミーティング、インタビュー、曲のアイデアなどを録音し、録音した内容に、iPhone、iPad、Macから簡単にアクセスすることができます。株価アプリケーションは、厳選されたマーケット情報やパーソナライズされたウォッチリストを、株式相場やインタラクティブなグラフとともに届けてくれます。

Group FaceTime

MacBookでGroup FaceTimeアプリケーションを使うデモ
Group FaceTimeを使うと、複数の相手と同時にチャットすることができます。参加者のチャットへの参加の度合いによって参加者ウインドウのサイズが調整されます。
Group FaceTimeを使うと、簡単に複数の人と同時にチャットができます。参加者はいつでも追加でき、会話がアクティブな間は後から参加することもできます。また、iPhone、iPad、Macからビデオでもオーディオでも、さらにはApple WatchからFaceTime オーディオを使って会話に参加することも可能です。

刷新されたMac App Store

新しいMac App Storeのデモ画像
Mac App Storeが刷新され、豊富なエディトリアルや、アプリケーションを見つけやすい新たなタブ機能が追加されました。
Mac App Storeは、2011年の登場以来、ユーザがMac用ソフトウェアをダウンロードしインストールする方法を変革し続けてきました。そして現在も、Mac App Storeは、単独の世界最大のMac用アプリケーションカタログとしてその存在を誇っています。macOS Mojaveでは、そのMac App Storeを刷新し、新しいデザインと豊富なエディトリアルにより、手に入れたいMacアプリケーションを簡単に見つけられるようにしました。新しいデザインでは、「Discover」タブで、新しいアプリケーションやアップデートされたアプリケーションを紹介しています。また 「クリエイティブ」 「仕事効率化」 「ゲーム」 「開発」 の各タブで、特定のプロジェクトや目的に合ったアプリケーションが見つかるはずです。さらに、MicrosoftのOfficeや、AdobeのLightroom CCなど、トップクラスのデベロッパによる多数のアプリケーションがMac App Storeに登場します。ユーザはこれまで通り、Appleが安全性とセキュリティを認めたアプリケーションを、Mac App Storeから安心してダウンロードすることができます。

プライバシーとセキュリティ

Appleのすべてのソフトウェアアップデートと同様に、macOS Mojaveでも、プライバシーとセキュリティの強化が最優先されています。Safariでは、Intelligent Tracking Prevention(インテリジェント追跡防止)が強化され、許可なくユーザを追跡するソーシャルメディアの「いいね」ボタンや「シェア」ボタン、コメントウィジェットをブロックします。また、ユーザがWebをブラウズする際に、システム情報を簡略化して提示することで、システム構成に基づく追跡を防止します。さらに、ユーザが新規のオンラインアカウントを作成する際に、強力なパスワードを自動的に作成、入力、保存するほか、ユーザにパスワードの使い回しを警告し、パスワードを変更できるようにします。 新しいデータ保護機能では、アプリケーションに対して、Macのカメラやマイクを使用する場合、またはメールの履歴やメッセージのデータベースなどの個人データにアクセスする場合、事前にユーザの許可を得る必要があるようになっています。

Macアプリケーション用デベロッパフレームワークのプレビュー

macOSに適合させたiOSのフレームワークを用いたことで、News、株価、ボイスメモ、ホームの各アプリケーションは、Macにおいても利用可能となりました。2019年後半には、この新たなフレームワークがデベロッパに提供され、デベロッパは開発したiOSアプリケーションを簡単にmacOSにも移植できるようになります。これにより、デベロッパに新たなチャンスがもたらされ、さらに多くのアプリケーションを開発してMacユーザに提供できるようになるはずです。

その他の新機能

  • スクリーンショットでは画面上で新しいコントロール機能を利用できるようになり、スクリーンショットのオプションや新しいビデオ録画機能に簡単にアクセスできるようになりました。合理化されたワークフローにより、デスクトップを散らかさずに、簡単にスクリーンショットを共有できます。
  • 連係カメラを使うと、Macユーザは近くにあるiPhoneやiPadで写真撮影や書類のスキャンを行い、すぐにMacで表示することができます。
  • マークアップツールが、Finder、クイックルック、スクリーンショットに統合されたため、すばやく簡単に、コンテンツにコメントを追加したり、ほかの人とコンテンツを共有したりできます。
提供について
macOS Mojaveのデベロッパ向けプレビューは、本日よりdeveloper.apple.comを通じてApple Developer Programメンバーに提供されます。Macユーザを対象とするパブリックベータプログラムは6月下旬よりbeta.apple.comを通じて提供予定です。macOS Mojaveの正式リリース版は今秋に提供される予定で、各Macモデル(Mid 2012以降)と、推奨されるMetal対応グラフィックカードを搭載したMac Proモデル(2010および2012)に対して、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。一部の機能は、国や地域、言語によっては利用できない場合があります。

メディア

macOS Mojaveの画像

    1 Mac用のNewsアプリケーションは、米国、英国、オーストラリアで利用可能です。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000