新着情報 11月 15, 2018

Final Cut Pro X、他社製ワークフロー機能拡張を導入

アップデートでは、Frame.io、Shutterstock、CatDVからの機能拡張に加え、バッチ共有、ビデオのノイズリダクションそして比較ビューアなどの機能が使えるように。

iMacでFinal Cut Pro Xを使う女性。
Final Cut Pro Xの最新のアップデートでは、他社製ワークフロー機能拡張を導入したほか、プロのビデオクリエーターから強い要望があった多くの新機能が利用できるようになりました。
本日からMac App Storeで提供される最新のFinal Cut Pro Xはワークフロー機能拡張を導入し、他社製アプリケーションやサービスを編集インターフェイスの中から直接利用できるようになりました。
ワークフロー機能拡張はFinal Cut Proのインターフェイスにマッチし、アプリケーションに密接に一体化しているため、エディターはメディアをFinal Cut Proライブラリにドラッグしたり、機能拡張とタイムラインとの間で再生を同期したり、クリップマーカーを追加したりすることができます。これらの機能拡張により、レビューと承認を行なうFrame.ioや、ストック映像の閲覧と購入に使うShutterstock、そしてメディア資産の管理のためのCatDVなど、ポストプロダクションを効率化する人気のツールを簡単に使うことできるようになります。ワークフロー機能拡張は本日からMac App Storeで無料でダウンロードすることができます。これら以外にもFinal Cut Pro向けの他社製機能拡張が次々と追加される予定です。
新しいFinal Cut Proにはプロのビデオエディターから強い要望のあった多くの機能が含まれています。バッチ共有を使うと、複数のクリップまたはプロジェクトを1ステップで書き出すことができます。これはセットでラッシュをトランスコードして素早く作業したり、プロジェクトの複数のバージョンを出力したりするときに特に便利です。新しい比較ビューアウィンドウを使えば、カラーグレーディングをしながら基準画像を参照し、プロジェクト全体の色調を統一することができます。
iMacとFinal Cut Pro Xのスクリーンショット。
新しい比較ビューアを使えば、Final Cut Proのタイムラインでクリップのカラーグレーディングを行ないながら基準画像を参照することが簡単にできます。
新しいフローティングタイムコードを使えば、カラーコードの付いたクリップ名、ロール、プロジェクトタイムコードそしてソースタイムコードをカスタマイズ可能、リサイズ可能なディスプレイに表示させることで、エディティングルームにいるビデオエディターらが簡単にフォローすることができます。エディターはSRTフォーマットでクローズドキャプションを制作、表示させることができるほか、ビデオに焼き込んで、様々なビデオウェブサイトに適合させることもできます。また改良されたマーキーセレクションを使えば、個々のクリップまたはセカンダリーストーリーライン全体を素早く選択することができるため、共同でおこなう編集作業の貴重な時間を節約することができます。
フローティングタイムコードウィンドウを表示するスクリーンショット。
フローティングタイムコードウィンドウは、プロジェクトとソースタイムコードを1つまたは複数のフローティング、カスタマイズ可能なタイムコードウィンドウに表示することで、共同作業をより簡単にします。
Final Cut Proの強力なモーショングラフィックスのパートナーであるMotionもまた、本日アップデートされ、カラーホイール、カラーカーブ、ヒュー/サチュレーションカーブそしてカスタムLUTを含む総合的なカラーグレーディングツールが加わりました。これらのツールは、Final Cut Proに含まれるプロフェッショナルなカラーコレクション機能に対応し、Motionで使うことによって、タイトルやモーショングラフィックスの見栄えを微調整することができます。Motionの新しいフィルターには、どんな画像または映像でも瞬時にカラーまたはモノクロームのコミックブックイラストレーションに変換するカスタマイズ可能なコミックエフェクトが含まれています。また新しいタイニープラネットフィルターを使うと、360度ビデオを時間の経過に伴って変化するようにキーフレームを設定することができる美しい球状のアニメーションに変換することができます。
Final Cut ProのモーショングラフィックスコンパニオンであるMotionの新しいタイニープラネットフィルターを使えば、360度ビデオで興味深い球状のエフェクトを作成することができます。
高度なエンコーディングにおいてFinal Cut ProのパートナーであるCompressorは新しい64ビットエンジンに移行し、ユーザが使用しているMacのすべてのメモリを利用することができるようになったため、高解像度のハイフレームレートビデオをこれまで以上に速くエンコードすることができます。Compressorは32ビットコーデックにも対応しているため、エディターは主要なレガシーフォーマットで作業することもできます。このアプリケーションは、キャプション付きのビデオをウェブや海外市場に提供する際の重要なフォーマットであるSRTクローズドキャプションを新たにサポートしてします。
価格と提供について
Final Cut Pro 10.4.4、Motion 5.4.2そしてCompressor 4.4.2は、既存のユーザには無料アップデートとしてMac App Storeで提供されます。新規のユーザはこれらのアプリケーションをそれぞれ34,800円、6,000円、6,000円で購入することができます。学生·教育関係者のお客様は教育機関向けPro Appバンドルとして、22,800円で購入することができます。これには上記3つのプロビデオアプリケーションに加え、Logic Pro XとMainStageが含まれています。詳しくは、apple.com/final-cut-proをご覧ください。

メディア

Final Cut Pro Xの画像

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000