プレスリリース 1月 30, 2019

Apple、新しいToday at Appleセッションを発表

50を超える新しいセッションが利用可能に

Appleチームメンバーと、iPadをお使いの2人のお客様。
新しいToday at Appleセッションは、参加者の皆さんがインスピレーションを見つけて何か新しいものを創造する可能性を広げます。
Appleは本日、新しいToday at Appleのプログラムの導入を発表しました。この新プログラムでは、「スキル」「ウォーク」「ラボ」の3つの新しく拡充されたフォーマットでセッションが開催され、写真、映像、音楽、コーディング、アプリケーション開発、アートとデザインなどに焦点を当てた実践的グループセッションを提供します。新しいセッションは全世界にあるすべての直営店で無料開催され、来店される方々が自分の興味とスキルレベルにぴったりのセッションを見つけ、創造力を引き出し、学習意欲を刺激し、つながりを強めることができます。
iPhone XRで写真を撮るお客様。
フォトウォークは、来店された方々が自分のコミュニティでインスピレーションを見つけるお手伝いをします。
2017年にToday at Appleを初めて導入してから、Appleは週に1万8000講座を超える無料セッションを開催し、世界中で数百万人の参加者が出席しました。この最新リリースは、最も人気のあるタイプのToday at Appleセッション、「ウォーク」と「ラボ」を発展させたもので、来店される方々が製品の能力をさらに引き出し、コミュニティでインスピレーションを見つけ、世界クラスのクリエイターから制作法を伝授してもらう機会がさらに増えます。
「スタート当初から、Today at Appleは、私たちの関わるコミュニティに教育とインスピレーションを届けてきました。これらの新しいセッションは、私たちのすべてのお客様のもつ潜在的な創造力を目覚めさせる好機となるでしょう。Today at Appleは、すべての人々のためにセッションをご用意しています。皆さんの作り出すものに出会える機会を心待ちにしています」と、Appleのリテール担当シニアバイスプレジデント、アンジェラ·アーレンツは述べています。
Apple PencilでiPad上に描かれたスケッチ。
スキルセッションでは、出席者の皆さんが新しい創作テクニックを学んで実践できます。
3つのフォーマットで開催されるToday at Appleセッションが、学習を促進し創造力を伸ばします。
  • スキルは、Clipsアプリケーションを使い素早くビデオを作成する方法やiPhoneでの写真編集など、Appleの製品をより高度に活用した新しい創作技法を学ぶことに関心を抱く方々を対象としています。新しいスキルセッションには、「GarageBandで音階やコードを学ぼう」「アイデアをメモにスケッチしよう」「写真編集テクニック」などがあります。
  • ウォークでは、Creative Proがお客様と一緒にストアの外へ発見の旅に出かけます。コミュニティとつながりながら周辺を探索し、写真、音楽、健康など、さまざまな情熱を形にするために使えるスキルを学びます。新しいウォークには、「映画のようなショットを撮影しよう」「GarageBandでサウンドスケープを作ろう」「ヘルス&フィットネスウォーク」「モチベーションを維持しよう - Jeanette Jenkinsとの共同開発セッション」などがあります。
  • ラボは、お客様が創作テクニックを試し、セッションを受けたらプロジェクトが始められるようにお手伝いをします。ラボの多くは、世界的なアーティストや製作者と共同で作られたものです。フローレンス·ウェルチや写真家のチェイス·ジャービスの協力で成功を収めたラボを発展させた新しいラボが、スキルのあるお客様のインスピレーションを呼び起こします。新しいラボには、「自分だけのビートを作ろう - Swizz Beatzとの共同開発セッション」「小さなスクリーンで魔法を起こそう - Zach Kingとの共同開発セッション」「ツリーハウスを描こう - Foster + Partnersとの共同開発セッション」などがあります。
Today at Appleは、写真、コーディング、アート、デザインなどに興味があるすべての年齢層のファミリーやお子様にも役立つすばらしい情報源です。「家族で楽しいポートレート写真を撮ろう」「Spheroロボットを使った障害物チャレンジ」「オリジナルの絵文字を作ろう」などのラボは、特にお子様の創造力を伸ばし、刺激するために企画されたものです。
Today at Appleには教育者向けのセッションも含まれており、教師のみなさんが教室にテクノロジーを導入する新しい方法を学ぶことができます。たとえば、「アプリケーション設計とプロトタイプ制作」「授業にClipsを取り入れよう」などのラボが開催され、これらはEveryone Can CodeおよびEveryone Can Createのカリキュラムをベースにしています。 
フォーラムを上から見た様子。
ラボはフォーラムで開催されます。フォーラムはストアの中心となるエリアで、地域コミュニティの出会いの場と、Today at Appleのホームとしての役割を果たします。
Today at Appleの体験をストア毎により良いものにするため、Appleは既存のストアをアップグレードし、ストアで開催されるToday at Appleセッションの回数と収容人数を大幅に増やすための設計を導入します。このアップグレードの一環には、フォーラムの設置があります。このフォーラムエリアには大きなビデオウォールと座席が設けられ、地域コミュニティの出会いの場と、Today at Appleのホームとしての役割を果たします。一部のストアにはアヴェニューが加えられるほか、椅子と木立を組み合わせたグローブが併設されているストアもあります。
新しいセッションを見つけて登録するには、www.apple.com/jp/todayにアクセスするか、Apple Storeアプリケーションで「セッション」タブを選択してください。

メディア

Today at Appleの画像

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000