プレスリリース 6月 3, 2019

Apple、iOS 13を
プレビュー 

ダークモード、写真とカメラの高度な機能、
Appleでサインイン、まったく新しいマップを搭載

iPhoneに表示されたiOS 13の新しいホーム画面。
この秋、iOS 13で人気のアプリケーションに数々のエキサイティングな新機能が加わります。
カリフォルニア州サンノゼ — Appleは本日、iOS 13のプレビューを発表しました。iOS 13には、ドラマチックな新しい表示方法をiPhoneにもたらすダークモード"、写真のブラウズと編集を行う新しい方法、アプリケーションとウェブサイトへの新しいサインイン方法、世界を案内するまったく新しいマップなどが搭載されます。システム全体が最適化されたiOS 13は、より高速に動作し、より機敏に反応します。これにより、アプリケーションの起動速度が改善し、アプリケーションのダウンロードサイズが削減され、Face IDはさらに速くなります。
「iOS 13はユーザーのみなさまがいつも使うアプリケーションに新しい機能をもたらします。写真やマップの数々の優れた新機能、Appleでサインインなどのプライバシー保護機能の追加と同時にパフォーマンスの向上を果たしています。iPhoneにこの秋搭載される新機能を体験していただくことを非常に楽しみにしており、すべてが素晴らしくみえるダークモードを見ていただくことが待ちきれません」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ·フェデリギは述べています。
マップの新しいLook Around 機能で見たコロンブスタワー周辺の街の景色。
Look Aroundは、3D画像で都市を視覚的に探索する方法です。

ダークモード:iPhoneのドラマチックな新しい表示方法

iPhoneの新しい魅力的な表示方法としてダークモードが加わります。ダークモードでは、システム全体とすべてのネイティブアプリケーションの外観がダークカラーの配色になり、暗めの場所での見やすさが際立ちます。ダークモードはサードパーティのアプリケーションデベロッパが独自のアプリケーションに組み込むことができ、日の出などの特定の時刻に合わせて自動的にオンにすることもできます。

ブラウズが簡単になり、パワフルな編集ツールが搭載された写真アプリケーション

写真アプリケーションは、デバイス上の機械学習を使って、見やすく整理することにより、ライブラリ全体からベストショットを選び出してくれます。同じような写真や散らかりを自動的に隠し、過去の日、月、年のイベントが鮮やかによみがえります。写真やビデオが賢く整理され、楽しい思い出を閲覧したり、再発見したり、よみがえらせることが簡単になります。さらに、ビデオの自動再生で、あなたのライブラリがいきいきと動き出すでしょう。
写真アプリケーションの年別に整理されたアルバム
賢く整理されアルバムの閲覧がより簡単になります。
新しい編集ツールにより適用、調整、一目で確認することが簡単になり、写真編集がより包括的かつ直感的になります。スワイプするだけで効果を増減して完璧な見映えに変えることができるため、撮影者は創造の可能性をさらにひろげて、画像を編集できます。iOS 13では、ほとんどの写真編集ツールがビデオ編集でも利用できるようになるため、写真アプリケーションの中で回転、トリミング、フィルタの適用が可能になります。
iOS 13では、ポートレートライティングのコントロールをカメラアプリケーション上でできるようになり、光を近付けて目の輝きを増したり顔の表情を明るく自然にしたりすることや、逆に光を遠ざけて繊細で洗練された見栄えにすること新しいハイキー照明(モノ)エフェクトを使うと、ポートレートモードで撮影した写真に、美しいモノクロの表情が生まれます。
iOS 13のポートレート照明の調整機能を使用した若い女性の画像
カメラアプリケーションの新しいポートレートライティングのコントロール機能は、表情をより自然にすることも、表情に微妙で洗練された見栄えを加えることもできます。

Appleでサインインによる迅速、簡単、プライバシーを保護したサインイン

Appleは、プライバシーを保護しながらより簡単ですばやく、かつより安全にアプリケーションやウェブサイトにサインインするための新しい方法を発表しました。SNSのアカウントの利用やフォームへの必要事項の入力、Eメールアドレスの確認やパスワードの選択などの代わりに、ユーザーはApple IDだけを使って認証することができ、Appleはデベロッパに一意のランダムなIDを提供することでユーザーのプライバシーを保護します。デベロッパがユーザーに名前とメールアドレスを要求する場合でも、代わりとなる固有のランダムなメールアドレスを提供して自分のEメールアドレスを非公開にすることができます。Appleでサインインは2ファクタ認証がセキュリティレイヤーとして追加されており、Face IDまたはTouch IDでユーザーが簡単に認証することができます。Appleは、Appleでサインインを利用してユーザーやユーザーのアプリケーション内でのアクティビティのプロフィールを作ることはありません。
iPhoneのiOS 13でのBirdアプリケーションへのサインイン画面
Appleでサインインを使えば、アプリケーションとウェブサイトへのサインインがより簡単に、よりプライバシーを保護できます。

まったく新しいマップ体験

Appleのマップは、ユーザーのプライバシーを保護しながら、世界各地の案内と探索において人々をサポートしています。ベースマップの再構築のために累計4百万マイルのドライブを達成した結果、Appleの新しいマップでは、道路をより隅々まで網羅し、歩行者向けデータ、住所の正確性、土地情報データのすべてを向上することができました。新しいマップ、一部の都市と米国の州ですでに利用可能です。2019年末までに米国全体で、2020年にはほかの国でも利用できるようになります。
詳細なデータで強化された新しいマップ体験を示す比較画像
Appleは、より豊富な情報と道路をより網羅したマップをリリースします。
新しいLook Around機能は、新しいベースマップと高解像度3D写真を活用し、都市の街路レベルの美しい画像をスムーズかつシームレスなトランジションと共に表示します。iOS 13では、そのほかにもマップアプリケーションに新しい機能が加わりました。例えば、お気に入りのレストラン、旅行先、ショッピングのお店を友達と簡単に共有できる「コレクション」、自宅、会社、ジム、学校などよく行く行き先を起動画面からワンタップで道案内してくれる「お気に入り」などの機能です。

iOS 13のその他の機能

  • リマインダーは新しい外観になり、リマインダーの作成や編集をかしこく行えると共に、リマインダーを整理したり確認する方法が増えました。クイックツールバーにより、時間、日付、場所、フラグの追加やファイルの添付がより簡単になります。メッセージアプリケーションとの連係が強化され、リマインダーで誰かをタグ付けすると、その人とのメッセージのやり取りの際にリマインダーが表示されます。
  • メッセージでは、ユーザーの名前や写真、カスタマイズしたミー文字やアニ文字を自動的に共有し、メッセージスレッド内の人を簡単に特定できます。ミー文字はiOSキーボードのステッカーパックに自動的に組み込まれるため、メッセージやメールなどのアプリケーションで利用できます。ミー文字には、新しいヘアスタイル、帽子、ピアス、アクセサリーなども追加されました。 
  • Siriの声がより自然になり、種類も増えました。また、SiriショートカットにAutomations(自動化の提案)の機能が追加され、出勤やジムへ行くなどの日常のパーソナルな行動をサポートします。
  • CarPlayは、これまでで最大のアップデートが行われます。単一のビューにミュージックやマップなどを表示するダッシュボード、新しいカレンダーアプリケーション、他社製のナビゲーションおよびオーディオアプリケーションに対するSiriのサポートなどが追加されます。
  • HomePodは家族の声を聞き分けることができるようになり、メッセージやミュージックなどにおいて、それぞれのリクエストに応えます。Siriはライブラジオを利用して、iHeartRadio、radio.com、TuneInなどの10万局以上のラジオステーションにアクセスできます。また、新しいスリープタイマー機能を使うと、設定した時間の経過後に音楽を止めることができます。Handoffを使うと、帰宅した時に、音楽、Podcast、電話を簡単にHomePodに引き継ぐことができます。
  • AirPodsでは、メッセージアプリケーションやSiriKitに対応したほかのメッセージアプリケーションで受信した時にSiriにメッセージを読ませることができます。新しいオーディオ共有機能を使うと、2番目のペアをiPhoneまたはiPadに近付けるだけで、映画や曲を友達と共有できます。
  • 音声コントロールを使うと、音声だけでiPhone、iPad、Macを操作できるというパワフルな新しい機能を体験できます。音声コントロールは最新のSiriの音声認識テクノロジーを採用しているため、テキスト変換と編集機能がより正確になりました。1
  • メモには、新しいギャラリー表示、強力な共同作業を支援する共有フォルダ、新しい検索ツール、チェックリストオプションなどの機能が追加されました。
  • QuickPathは、単語の文字を連続的にスワイプする方法を採用した、iOSキーボードでの片手入力を簡単にする機能です。2
  • テキスト編集機能が強化され、文書のスクロール、カーソルの移動、テキストの選択をよりすばやくかつ正確に行うことができます。 
  • ファイルアプリケーションでは、iCloud Driveでフォルダを共有したり、SDカードやUSBフラッシュドライブなどの外部ストレージデバイスのファイルにアクセスできるようになります。
  • ヘルスケアアプリケーションには、聴覚機能をモニタリングする機能や、女性の月経周期を確認、視覚化、予測する新しい機能が追加されます。
  • 位置情報サービスのコントロールに、アプリケーションと位置情報データをどのように共有するかの選択肢が追加されます。例えば、新しい1回限りの位置情報オプションや、アプリケーションがバックグラウンドでいつ位置情報を利用しているかなどの情報が利用できます。
  • パフォーマンスの向上はシステム全体で行われ、Face IDによるロック解除の高速化など、より応答性能が高まっています。また、App StoreでのiPhoneアプリケーションの新しいパッケージング方法により、アプリケーションのダウンロードサイズが最大50%削減されます。これにより、アプリケーションのアップデートのサイズが60%以上小さくなり、アプリケーションの起動スピードが最大2倍高速になります。
提供について
iOS 13のDeveloper Previewは、Apple Developer Programメンバー向けにdeveloper.apple.comで本日より提供されます。iOSユーザー向けの公開ベータプログラムは来月よりbeta.apple.comにて提供されます。新しいソフトウェア機能は、無料のソフトウェアアップデートとして、この秋、iPhone 6s以降を対象に利用可能になります。また、iPad Air 2のためのiPadOS、すべてのiPad Proモデル、iPadの第5世代以降、iPad miniの第4世代以降でも利用可能になります。iPadOSでは、iPadのユニークな特長を生かした新機能や直感的な機能も追加されます。詳細については、apple.com/ios/ios-13-previewおよびapple.com/ipados/ipados-previewを参照してください。提供される機能は変更される場合があります。機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります。

メディア

iOS 13の画像

    1 HomePodおよび音声コントロールに関するSiriの新しい音声およびパーソナライゼーションの機能は、英語でのみ利用できます。
    2 QuickPathは一部の言語では利用できません。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000