ステートメント 2020 年 3 月 13 日

AppleのCOVID-19への対応

世界各国のAppleファミリーの皆さんへ
新型コロナウイルス(COVID-19)の世界規模の蔓延は、私たち一人ひとりに影響を与えています。Appleは人々が第一であると考え、テクノロジーが人々の生活を変え得るという信念、さらに、このような時にこそテクノロジーがツールとして真価を発揮するという希望の下、私たちにできることを実践しています。教職員の方々はオンライン授業の導入を進めています。企業は新しい手法を通じて生産活動の維持に努めています。医療分野の専門家は病気を診断し、重要な最新情報を絶え間なく多くの人々に届けています。私たちは各々が自分自身のやり方でこの難局に適応·対応しており、Appleもまた、皆さん一人ひとりが、各地域コミュニティが、テクノロジーを通じてもっと強くなれるお手伝いを続けていきたいと考えています。
しかしながら、この世界的な取り組み――病気に罹りやすい人々を守り、新型コロナウイルスを研究し、不幸にも罹患してしまった人々のケアを続けていくには、私たち全員が気にかけ、難局に関わっていくことが必要です。そこで、現況において、Appleがどのような役割を担っていくのか以下にお知らせします。
寄付
世界規模のCOVID-19対応に向けて――患者の治療および、このパンデミックの経済的·地域的な影響の緩和の両方に対して、Appleの全世界での寄付金額は本日時点で1500万ドルに達しました。
また、COVID-19に向けた地域的·国家的·国際的な取り組みに対する、当社従業員が支援した寄付金に、1対2にあたる金額をAppleが寄付することも併せて発表します。
当社の事業所および直営店での取り組み
まず、中華圏にあるAppleファミリーについて記します。感染率が劇的に減少してはいますが、COVID-19の影響は依然として強く残ると考えられます。私は中国に居住する従業員の皆さんの決意と気力に深く感謝します。本日時点で中華圏にあるApple直営店はすべて営業を再開しました。当社サプライチェーンの回復に向けて著しい努力をした当社オペレーションチームならびにパートナー各社にも感謝します。私たちが共に学んだことは、当社の世界規模の対応に著しく貢献してくれるベストプラクティスの開発に役立っています。
得られた教訓のひとつは、新型コロナウイルスの伝染リスクを最小限に抑える最も効果的な方法は、人が密集するのを避け、人同士の距離を最大限に保つことです。中国以外の場所では引き続き、新たな感染者の数が増える状況にありますが、Appleは当社の従業員およびお客様を守るために、さらなる措置を講じています。
中華圏以外のApple直営店を3月27日まで休業します。お客様に対しては特別サービスを提供することを予定しています。Appleのオンラインストアは引き続き www.apple.com/jp から、また、App Store からダウンロードできる Apple Store アプリケーションを通じてご利用いただけます。サービス&サポートについては support.apple.com をご覧ください。お客様の生活を豊かにすべく専心する当社の卓越したリテールチームには感謝の言葉を伝えたいと思います。私たち全員があなた方の存在をありがたく思っています。
中華圏を除く全世界のAppleの事業所はすべて柔軟な働き方に体制を移行しています。従業員は、職務上可能であればリモートワークで対応するものとし、出社が求められる職務の従業員は他人との距離を最大限に保てるスペースで作業するという指示に従うものとします。広範囲にわたる徹底した清掃は引き続き全事業所で実施されます。Appleの全事業所では、新しい健康検査と体温チェックも導入しています
時給ベースで働く従業員の皆さんは、引き続き、通常オペレーション時の作業に並ぶ報酬を受け取れるものとします。Appleは当社の休暇ポリシーを拡張し、COVID-19に由来する当人や家族の健康状態――病気からの回復、家族などの大切な人が罹患した場合の看病、強制的な自宅待機(自己検疫)、さらには、休校に伴う子どもの世話の問題などにも対応できるようになりました。
当社のお客様ならびにパートナー各社に対する取り組み
当社のお客様は常にApple製品を愛用いただいており、このような状況では特に必要としていただいていると理解しています。Appleは、新型コロナウイルスの脅威に立ち向かうために、私たちが日頃取り組んでいる他の事柄に対するものと同じ創造力と情熱を傾けています。
Apple Newsでは新たにCOVID-19特集セクションを立ち上げ、読者に対して、信頼できるニュースソースから提供される、虚偽でないことが検証された最新レポートを提供しています。
すでにお伝えしたように、Apple主催の年次イベント Worldwide Developers Conference は今回まったく新しい方式でオンラインによって提供することになりました。Appleは今回のイベントを、世界中の開発者が革新的な方法を通じて一堂に会する、絶好の機会になると考えています。
先を見据えて
このような状況が困難な課題であることは間違いありません。Appleファミリー全体が、新型コロナウイルス感染に関して、全世界で、その初動対応に当たる人々、医師、看護師、研究者、公衆衛生の専門家、公務員といった方々が取っていただく対応から恩恵を受けています。彼らは皆、世界中の人々がこの難局を切り抜けるのを助けるべく、あらゆる努力を傾けてくれています。そして、この最大脅威のリスクを脱する時期について明言することはできないのです。
しかしながら、私たちのグローバルコミュニティのあらゆる場所で見受けられる人間愛や(人類の脅威に立ち向かう)決意のようなものに私は感銘を覚えています。リンカーン大統領は大きな逆境にある時にこう述べました ――「困難が次々に重なって高い山となっても、我々はこの状況とともに立ち上がらなければならない。私たちが直面する状況は新しいものだ。だから、新たに考えねばならない。新たに行動しよう。」
これこそが、Appleが大きな課題に直面して常に選んできたことでした。そして、それこそが、今回のCOVID-19への私たちの対処方法でもあります。
Tim

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000