プレスリリース 6月 22, 2020

Apple、iOS 14でiPhoneの体験を刷新

iOS 14では、ホーム画面をカスタマイズしたり、App Clipでアプリケーションを見つけて使ったり、メッセージでいつでもつながることのできる新しい方法が導入されています。

iPhone 11 Proに表示された、iOS 14の新しいホーム画面とウィジェット。
デザインが刷新され、美しく変化を遂げたiOS 14のウィジェットでは、時宜にかなった情報を一目で確認できるようになり、ホーム画面のページがこれまで以上に便利になりました。
カリフォルニア州クパティーノ — Appleは本日、iOS 14のプレビューを発表しました。iOS 14では、デザインが刷新されて美しくなったウィジェットとAppライブラリによりホーム画面のページにこれまでで最大のアップデートが行われ、App Storeを利用する新しい方法であるApp Clip、メッセージアプリケーションのパワフルなアップデートが導入されています。
新しいウィジェットは、時宜にかなった情報を一目でわかるように表示し、ホーム画面のどのページにも、ピンを使って様々なサイズで固定することができます。ユーザーは、ウィジェットのスマートスタックを作成し、デバイスの知能を活用して、時間、場所、アクティビティに適したウィジェットを表示できます。
ホーム画面のページには、仕事、旅行、スポーツ、エンターテインメントなど、様々な用途に合わせてカスタマイズされたウィジェットを表示できるようになりました。ホーム画面のページの最後に新たに追加されたAppライブラリは、すべてのアプリケーションを操作しやすい1つのシンプルな画面に自動的にまとめ、その時々に役立つアプリケーションを賢く表示してくれます。ユーザーはホーム画面にページをいくつ表示するか選択でき、あるいは簡単に非表示にして、すばやくAppライブラリにアクセスすることもできます。
iPhone 11 Proに表示された、iOS 14の新しいAppライブラリ。
Appライブラリは、ホーム画面のページの最後にあるシンプルで操作しやすい画面で、あらゆるアプリケーションにスムーズにアクセスすることができます。
FaceTimeと電話の着信やSiriとの連携もまったく新しいコンパクトなデザインになり、その時々に作業しているままの状態でも対応できるようになりました。さらに、ピクチャ·イン·ピクチャへの対応により、iPhoneユーザーは別のアプリケーションを使いながらビデオを見たり、FaceTime通話を受けたりすることができます。
「iOS 14では、ホーム画面に施されたこれまでで最大のアップデートをはじめとして、iPhoneを象徴するような要素が大きく生まれ変わり、まったく新しいユーザー体験が実現しています。デザインが刷新されて美しくなったホーム画面のウィジェット、あなたのすべてのアプリケーションを自動的にまとめてくれるAppライブラリ、アプリケーションをすばやく簡単に見つけることができるApp Clipで、iPhoneはさらにパワフルで使いやすくなります」と、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ·フェデリギは語っています。

App Clipでアプリケーションを見つけて使う新しい方法

App Clipはアプリケーションの体験の小さな一部として設計され、必要なときに瞬時にみつけられるようになっています。特定の製品やビジネスに関連付けられたApp Clipは、わずか数秒で読み込まれ、例えば、スクーターのレンタル、コーヒーの購入、パーキングメーターの支払いなどの作業を瞬時に完了できます。これらのサービスは、Appleが新たに設計したApp Clipのコード1をスキャンしたり、NFCタグやQRコードで読み込んだり、メッセージやSafariでシェアしたりすることで簡単に見つけて利用できるうえ、アプリケーションに期待されるセキュリティとプライバシーも万全です。

メッセージの会話にパワフルなアップデートを実施

友人や家族とのコミュニケーションの中心となるメッセージでは、さらに簡単にいつでもつながることができ、重要なメッセージもすぐに見つかるようになりました。ユーザーは、メッセージのリストの上部に会話をピンで固定して、メンションやインラインを使った返信をすることで活発にグループスレッドを続けたり、画像や絵文字を使ってグループの写真を設定することで会話をさらにカスタマイズできます。メッセージのミー文字には、新しいヘアスタイルや帽子、フェイスカバーなど、より包括的で多様性のあるオプションが新たに登場しました。

今までにない検索方法と新しいガイドを搭載したマップ

マップを使うと新しい自転車の経路案内、EV用経路案内、厳選されたガイドにより、ナビゲートや探索がさらに簡単になります。 自転車の経路案内は、道の勾配や混雑の状況、経路に階段があるかどうかも考慮します。 EV用経路案内では、現在の電気自動車の充電率と充電器タイプに基づいて、予定経路にある充電スタンドも表示されます2。ガイドでは、信頼できる選りすぐりのリソースをもとに、街の観光スポットや注目の場所を厳選されたリストで紹介します。ガイドを使うと、流行の新しいレストランや人気のアトラクションを見つけることも、AllTrails、Complex、The Infatuation、Time Out Group、ワシントン·ポストなど、高く評価された情報源による新しいお勧め情報を探すこともできます。

プライバシー機能の強化により、透明性とコントロールを向上

これからは、すべてのアプリケーションによるトラッキングにはユーザーの許可が必要になります3。年内には、App Storeのアプリケーションの情報ページに、デベロッパの自己申告によるプライバシーの慣行が簡潔でわかりやすい形式で掲載されるようになります。さらに、ユーザーは既存のアカウントを「Appleでサインイン」にアップグレードできるようになるほか、アプリケーションによる位置情報へのアクセスを許可する際に、正確な位置情報ではなく、おおよその位置情報をアプリケーションのデベロッパと共有するよう選択できるようになります。また、アプリケーションによるマイクやカメラの使用をより明確に把握できるようになります。
iPhone 11 Proに表示された、App Storeでの新しいプライバシーラベル。
App Storeの各アプリケーションの製品ページには、アプリケーションをダウンロードする前に、プライバシーの慣行が簡潔に掲載されています。

iOS 14のその他の機能

  • 翻訳は、会話の内容を最も簡単に翻訳できる最適なアプリケーションとして設計されており、11か国語による音声やテキストによる会話をすばやく自然に翻訳します4。オンデバイスモードでは、アプリケーションのすべての機能をオフラインで実行し、プライバシーを保護しながら音声やテキストメッセージを翻訳することができます。
  • Siriがさらに賢くなり、インターネット上のあらゆる情報を駆使して答えられるようになります。さらに、音声メッセージも送信できるようになります。メッセージ、メモ、メールなどで音声入力を行う際は、キーボードの音声入力がデバイス上で動作します5
  • ホームアプリケーションでは、新しいオートメーションの提案機能と、コントロールセンターでのコントロールが拡張されて、アクセサリやシーンに素早くアクセスできるようになったことにより、スマートホームのコントロールがさらに簡単になりました。HomeKit対応の照明器具向けアダプティブライティングが一日を通して色温度を調整します。また、デバイスの顔認識機能を利用して、互換性のあるテレビドアホンやカメラで友人や家族を認識できます6。ホームアプリケーションとHomeKitはプライバシーとセキュリティを保護するよう作られており、ユーザーのホームアクセサリに関するすべての情報はエンドツーエンドで暗号化されます。
  • AirPodsでは、デバイスの自動切り替え機能により、Apple製デバイス間をシームレスに切り替えられるようになります7。AirPods Proでは、ダイナミックなヘッドトラッキング(頭部の動きを検知するセンサー)による空間オーディオで、劇場にいるような臨場感を味わうことができます 。方向性オーディオフィルタを有効にし、左右の耳に届く周波数を微調整することによって、あらゆる空間をサウンドで満たし、臨場感あふれるリスニング体験が実現します。
 
  • デジタルの車の鍵を使えば、iPhoneまたはApple Watchで車のロックを安全に解除し、エンジンをかけることができます。デジタルの車の鍵はメッセージを使って簡単に共有できるほか、デバイスを紛失してしまった場合でもiCloudから無効にできます。これはNFCによる機能で、今年中に利用可能になる予定です8。Appleは、空間認識のための超広帯域無線テクノロジーに基づいた次世代のデジタルの車の鍵も発表しました。これはU1チップによって実現するもので、将来の車のモデルでは、ポケットやバッグからiPhoneを取り出さなくてもロックを解除できるようになります。この機能は来年利用可能になる予定です。
  • 新しい「探す」ネットワークアクセサリプログラムにより、「探す」アプリケーションがAppleのデバイスに加えてサードパーティ製のデバイスやアクセサリに対応するようになりました。これからは、ほかの重要なアイテムを紛失してしまった場合でも、「探す」アプリケーションを使って探せるようになります。ユーザーのプライバシーはネットワークの中核に据えられており、内蔵の「オフライン状態のデバイスを探す」機能はエンドツーエンドで暗号化されます。アクセサリおよびデバイスのメーカー向けのドラフト版の仕様は、本日より利用可能になります。
  • Safariにプライバシーレポート機能が加わり、ユーザーはどのサイト越えトラッキングがブロックされたかがすぐにわかるようになりました。さらに、強固なパスワードモニタリング機能によって、情報漏洩の可能性がある保存済みのパスワードを検知できるようになります。また、ウェブページ全体の翻訳機能も内蔵されています9
  • ヘルスケアアプリケーションでは、睡眠を管理したり、耳の健康に影響を及ぼす可能性のあるオーディオレベルをよりよく理解したりするためのまったく新しい体験が実現します。さらに、新しいヘルスチェックリストで、緊急SOS、メディカルID、心電図、転倒検出などの健康と安全のための機能を一括で管理できるようになります10 。ヘルスケアアプリケーションは、モビリティ、ヘルスケアレコード、症状、心電図などの新しい種類のデータにも対応するようになります。
  • 天気アプリケーションとウィジェットで、悪天候に関する最新情報を把握できるようになります。天気予報が雨の場合は、新しい1時間以内の降水量チャートに降水量が1分おきに表示されます11
  • アクセシビリティ機能にヘッドフォン調整機能が追加され、柔らかい音やオーディオなどの特定の周波数を調整して、音楽や映画、通話、Podcastの音声がより明瞭に聞こえるように調整できるようになります。さらに、グループFaceTimeに手話の検知機能が加わり、ビデオ会話で手話を使っているユーザーが前面に映し出されるようになります12 。 視覚に障がいのある方のための、業界をリードする画面読み上げ機能であるVoiceOverで、画面に表示されている内容を自動的に認識するようになります。これにより、さらに多くのユーザーがさらに多くのアプリケーションやウェブを体験できるようになります。
提供について
iOS 14のデベロッパ向けプレビューは、Apple Developer Programのメンバー向けにdeveloper.apple.com/jpで本日より提供されます。iOSユーザー向けの公開ベータ版は来月よりbeta.apple.comにて提供されます。新しいソフトウェア機能は今秋リリース予定です。iPhone 6s以降に対して、無料のソフトウェアアップデートとして提供されます。詳しくは、apple.com/ios/ios-14-previewをご覧ください。提供される機能は変更される場合があります。機能によっては一部の地域または言語のみ提供される可能性があります。
共有
    1. 今後のソフトウェアアップデートでリリース予定です。
    2. EV用経路案内を利用するには、iOS 14を搭載したiPhoneと対応する自動車が必要です。
    3. トラッキングには、アプリケーションまたは一つの企業が所有するウェブサイトから収集したユーザーに関する情報を、ターゲット層を絞り込んだ広告や広告効果測定などの目的で、または情報ブローカーを通じて、別の企業が別の機会に収集した情報に関連付ける行為も含まれます。
    4. 翻訳アプリケーションは、英語、標準中国語、日本語、韓国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロシア語、ポルトガル語(ブラジル)、アラビア語に対応しています。
    5. キーボード音声入力は、iPhone XS以降のモデルで利用でき、英語(米国、英国、インド、カナダ、オーストラリア)、標準中国語(中国本土、香港)、日本語(日本)、フランス語(フランス)、ドイツ語(ドイツ)、スペイン語(米国、スペイン、メキシコ)に対応しています。
    6. ホームアプリケーションのアダプティブライティング、顔認識、アクティビティゾーンを利用するには、Apple TV、HomePod、またはiPadをホームハブとして設定する必要があります。
    7. AirPods Pro、AirPods(第2世代)、Powerbeats、Powerbeats Pro、Beats Solo Proで利用できます。iCloudアカウントが必要です。
    8. 対応メーカーを通じて、iPhone XR、iPhone XS以降、iPhone SE(第2世代)、Apple Watch Series 5で利用可能です。
    9. Safariの翻訳機能はベータ版で、英語、簡体字中国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、ポルトガル語(ブラジル)で利用可能です。 10.心電図や転倒検出など、機能によっては特定のApple Watchモデルが必要なものがあります。地域よっては利用できない機能もあります。心電図アプリケーションは22歳未満の方による使用を目的としていません。
    10. 悪天候に関する情報は、米国、ヨーロッパ、日本、カナダ、オーストラリアの地域で利用できます。1時間以内の降水量チャートは米国で利用可能です。
    11. ヘッドフォン調整機能は、H1ヘッドフォンチップを搭載したApple製ヘッドフォンとBeatsヘッドフォン、およびEarPodsで利用できます。

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000