新着情報 6月 11, 2020

Apple、史上最大規模となる世界開発者会議のラインナップを発表

WWDC20は、基調講演、Platforms State of the Union、100以上のエンジニアリングセッション、まったく新しいDeveloper Forums、1,000名以上のAppleエンジニアに一対一で質問できるラボなど、充実の内容でお届けします

WWDC20のグラフィックポスター。
WWDC20は、6月22日午前10時(太平洋夏時間;日本時間では6月23日午前2時)に開催される基調講演からスタートします。
今年で31年目となる世界開発者会議(以下、WWDC20)はこれまでに開催されたWWDCで最大規模となります。WWDC20は、2300万人以上を擁するAppleのグローバルな開発者コミュニティをオンラインに集結させるという過去に例のない試みで、米国時間の6月22日~26日に開催されます。Appleは本日、WWDC20のラインナップ―基調講演ならびに各プラットフォームの指針を示す Platforms State of the Unionの開催日時、開発者がiOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOSの将来について学び、Appleのエンジニアに質問できるセッションなど、WWDC20の開催要項について発表しました。
スペシャルイベント基調講演
6月22日午前10時(日本時間:6月23日午前2時)
Appleの提供するすべてのプラットフォームについて、今年後半に登場が予定されているエキサイティングで革新的な機能や更新内容についてお伝えします。基調講演イベントは Apple Park から直接、apple.com、Apple Developer アプリケーション、Apple Developer ウェブサイト、Apple TV アプリケーション、YouTube を通じてストリーミングで配信され、配信終了後はオンデマンド再生により視聴いただける予定です。中国の視聴者向けに、基調講演イベントは Tencent、iQIYI、BilibiliYoukuでもストリーミングで配信される予定です。
Platforms State of the Union
6月22日午後2時(日本時間:6月23日午前6時)
iOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS すべての最新の進化を深く掘り下げます。Appleでエンジニアリングを担当するリーダーたちの声にダイレクトに耳を傾けてください。State of the Union は、Apple Developer アプリケーションと Apple Developer ウェブサイトを通じてオンデマンドにより提供される予定です。これらも、中国国内では、Tencent、iQIYI、Bilibili、Youkuを通じてオンデマンド再生できる予定です。
100以上のエンジニアリングセッション
6月23日~26日(日本時間:6月24日未明~27日)
WWDC20の2日目からは、開発者が次世代のアプリケーション開発を学ぶのに欠かせない、Appleのエンジニアたちのリードによる技術とデザインにフォーカスした100以上のセッションが提供されます。セッション映像は毎日午前10時に(日本時間:6月24日以降の毎日午前2時より)公開され、iPhone、iPad、Apple TV の Apple Developer アプリケーションならびに Apple Developer ウェブサイトを通じて視聴できます。
まったく新しいApple Developer フォーラム、6月18日よりデザイン一新
まったく新しくなったApple Developer フォーラムでは、開発者コミュニティとAppleのエンジニア1,000名以上をつないで、エンジニアが質問に対して回答したり、技術的なディスカッションにも対応できるようにします。WWDC20の初日より、どなたでもトピックを検索したり、フォーラム内で行われているディスカッションをフォローすることができます。なお、質問を投稿したり、Appleのエキスパートから直にアドバイスをもらえるのは、Apple Developer Program メンバーに限ります。
1対1の開発者ラボ(予約制)
6月23日~26日(日本時間:6月24日未明~27日)
Appleプラットフォームの最新の進化に携わったAppleのエンジニアとの面談をリクエストし、マンツーマンの技術指導や、新機能の実装方法について詳しい説明を受けることができます。開発者ラボは Apple Developer Program メンバーであればどなたでも参加できます(定員制)。
WWDC20開催に先んじて、Appleは6月16日にアプリケーション開発に取り組む世界中の学生の皆さんを賛え、 Swift Student Challenge の入賞者を発表します。あらゆる年齢の学生の皆さんが自身のコーディングの腕前を Swift Playground 作品を通じて披露するチャンスとなります。
開発者の皆さんには、Apple Developer アプリケーションをダウンロードすることをお勧めします。WWDC20関連のその他の情報は、6月22日より前に、このアプリケーションを通じてお知らせします。WWDC関連の情報は Apple Developer ウェブサイトおよびメールでもお知らせします。
共有

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000