プレスリリース 6月 22, 2020

iPadOS 14にiPadのための新機能を搭載

iPadのために設計されたアプリケーションのデザイン、Siri、検索、通話のコンパクトなユーザーインターフェイスでの最適化された操作方法、Apple Pencilによるパワフルで新しい手書き機能など

iPad Proに表示されたiPadOS 14の新しいホーム画面。
iPadの体験をさらに特有のものにする新しい機能とデザインをiPadOS 14に搭載。
カリフォルニア州クパティーノ — Appleは本日、iPadOS 14のプレビューを発表しました。 iPadOS 14には、iPad独自の機能と大画面のMulti-Touchディスプレイを活かした新機能とデザインが搭載されています。iPadOS 14では、ユーザーが実行中のタスクに集中できるようFaceTimeおよび電話の着信、Siriの動作、検索がまったく新しい、コンパクトなデザインになりました。アプリケーションには新たにサイドバーとツールバーが追加され、コントロールを一か所に集約して、より合理的にそしてよりパワフルになりました。iPadのためのスクリブルを含むApple Pencilの新機能は手書きの作業に全く新しい方法を提供します。また、ARKit 4にはまったく新しいDepth APIが搭載され、デベロッパの皆さまがよりパワフルなアプリケーションの機能を開発することができるようになります。
「iPadOS 14は、iPadの体験をさらに特有のものにします。ユーザーの生産性や創造性をさらに高め、より楽しめるようになります。iPadOS 14は新しいコンパクトなデザインでの操作性とiPadのために設計された新しいアプリケーションのデザインにより、Apple Pencilによる手書きメモ機能の向上、さらにパワフルになったAR体験など、ユーザーに驚きの体験を提供し別格のものとなります」とAppleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデント、クレイグ・フェデリギは語っています。
iPad Pro上で手書きメモがテキストに変換される様子を表示したGIF
Apple Pencilでスクリブルを使うと、iPad上で手書きメモを自動的にテキストに変換することができます。

新しいコンパクトなデザイン、ユニバーサル検索、再設計されたサイドバーによるアプリケーションの体験の向上

FaceTimeおよび電話の着信、Siriの動作、検索のためのまったく新しいコンパクトなデザインは、iPadで特に有用で、ユーザーは集中してより多くのタスクを完了することができます。FaceTimeと電話の着信は小さなバナーとして表示されるようになるので、画面全体を占めることはなく、すばやくタップして応答したり、フリックで拒否して仕事を続けることも簡単にできます。Siriを起動すると、画面の下に表示されるようになるため、ユーザーはSiriにリクエストをしながら画面の情報をそのまま参照することができます。ほかのアプリケーションを起動したり音楽をコントロールすると、Siriはすぐに姿を消します。
iPadOS 14では、検索機能が根本的に再設計され、多くのものをすばやく見つけるために一つの場所に集約されました。アプリケーションの検索と起動、連絡先、ファイル、情報へのアクセス、人々や場所に関する一般的な質問への回答を一か所で得ることができるようになりました。新しいコンパクトなデザインにより、ユーザーは使用中のアプリケーションから離れることなくどこからでも検索を開始できます。ウェブ検索もよりパワフルで、洗練されました。文字の入力に応じて、より関連性の高い検索候補が表示され、タップするだけで検索結果を参照できます。
iPad Proに表示されたiPadOS 14の新しい検索ウインドウ。
新しいコンパクトなデザインにより、ユーザーはどこからでも、使用中のアプリケーションから離れることなく検索を開始できます。
再設計されたサイドバーは、写真、ファイル、メモ、カレンダー、Apple Musicなどの多くのアプリケーションでナビゲーションを一か所にまとめ、コンテンツを前面に表示したままアプリケーション内で今までになく移動しやすくなりました。さらに、合理化されたツールバーと新しいプルダウンメニューにより、アプリケーションのコントロールをすべて一か所で行うことができます。

Apple Pencilと手書きメモで自在に作業

iPadOS 14では、Apple Pencilのスクリブルで、iPadのどのテキストフィールドにも手書き入力ができるようになりました。手書きの文字はテキストに自動変換され、iMessageへの返信やSafariでの検索がすばやく簡単にできます。手書き文字のテキスト変換はデバイス上で行われ、プライベートかつ安全に保護されます。 メモを取るとき、Smart Selectionはデバイス上での機械学習機能で手書きの文字と描画を区別するため、手書きの文字を簡単に選択し、タイプしたテキストとして別の書類にカット&ぺーストできます。図形認識は、幾何学的に正確な図形の描画を可能にし、メモに有用な図表やイラストを追加する際に、正しい位置に配置します。
データ検出は、手書き文字の電話番号、日付、住所を認識できるようになったので、手書きした番号をタップして電話をかけたり、カレンダーにイベントを直接追加したり、マップ上に位置を表示したりできます。
スクリブルは最初に、英語、繁体字中国語、簡体字中国語、そして中国語と英語の混合に対応します。英語と中国語の両方を混ぜて使うことができ、言語を切り替える必要はありません。
iPad Proに表示された手書きの検索画面。
データ検出で手書き文字の電話番号、日付、住所が認識される

拡張現実がさらに現実的に

ARは、これまで不可能だった方法で作業をサポートする、非常にパワフルなテクノロジーであることを証明しました。ARKit 4では、デベロッパがiPad Proの新しいLiDARスキャナで測定されたより高精度な深度情報の利用を可能にする、まったく新しいDepth APIが提供されます。デベロッパはDepth APIを使用してアプリケーションに強力な新機能を組み込むことができます。たとえば、より正確なバーチャル試着のための身体測定をしたり、部屋にペンキを塗る前に実際に部屋がどのように見えるかを試したりすることができます。 また、ARKit 4はiOSおよびiPadOSアプリケーションのためのロケーションアンカーも導入し、利用可能な場所であれば、Appleマップの新しい地図の高解像度データを用いて、世界の特定の場所にAR体験をピンで固定することができます。1
ARKit 4のまったく新しいDepth API
ARKit 4ではロケーションアンカーが導入され、デベロッパはAR体験を特定の座標にピンで固定できるようになります。たとえば、Acute Art アプリケーションを使ってこのKAWSの像を表示できます。

プライバシー機能の強化により透明性とコントロールを向上

これからは、すべてのアプリケーションによるトラッキングにはユーザーの許可が事前に必要になります。2年内には、App Storeの各アプリケーションの情報ページに、デベロッパの自己申告によるプライバシーの慣行の概要が簡潔でわかりやすい形式で掲載されるようになります。さらに、ユーザーは既存のアカウントを「Appleでサインイン」にアップグレードできるようになるほか、アプリケーションによる位置情報へのアクセスを許可する際に、正確な位置情報ではなく、おおよその位置情報をアプリケーションのデベロッパと共有することが選択できるようになります。また、アプリケーションによるマイクやカメラの使用をより明確に把握できるようになります。
iPad Proに表示されたApp Storeのプライバシー情報。
App Storeでの新しいプライバシー情報により、ユーザーはアプリケーションのダウンロード前にプライバシーに関連する内容がわかります。

iPadOS 14のその他の機能

  • デザインが刷新された美しいウィジェットにより、情報を一目で確認できます。ユーザーは、ウィジェットのスマートスタックを選択し、デバイス上の情報を利用して時間、場所、アクティビティに適したウィジェットを表示できます。
  • 友人や家族とのコミュニケーションの中心となるメッセージでは、さらに簡単にいつでもつながることができ、重要なメッセージもすぐに見つかるようになりました。ユーザーは、メッセージのリストの上部に会話をピンで固定して、メンションやインラインを使った返信をすることで活発にグループスレッドを続けたり、画像や絵文字を使ってグループの写真を設定することで会話をさらにカスタマイズできます。メッセージのミー文字には、新しいヘアスタイルや帽子、フェイスカバーなど、より包括的で多様性のあるオプションが新たに登場しました。
  • Siriがさらに賢くなり、インターネット上のあらゆる情報を駆使して答えられるようになります。さらに、音声メッセージも送信できるようになります。メッセージ、メモ、メールなどで音声入力を行う際は、キーボードの音声入力がデバイス上で動作します。3
  • マップを使うと新しい自転車の経路案内、EV用経路、厳選されたシティガイドにより、ナビゲートや探索がさらに簡単になります。 自転車の経路案内は、道の勾配や混雑の状況、経路に階段があるかどうかも考慮します。 ガイドでは、信頼できる選りすぐりの情報をもとに、街の観光スポットや注目の場所を厳選されたリストで紹介します。 ガイドを使うと、流行の新しいレストランや人気のアトラクションを見つけることも、AllTrails、Complex、The Infatuation、TimeOut Group、ワシントン・ポストなど、高く評価された情報源による新しいお勧め情報を探すこともできます。
  • ホームアプリケーションでは、新しいオートメーションの提案機能により、スマートホームのコントロールがさらに簡単になり、コントロールセンターでのコントロールが拡張されて、アクセサリやシーンに素早くアクセスできるようになりました。HomeKit対応の照明器具向け適応型照明が一日を通して色温度を調整します。また、デバイス上の顔認識機能を利用して、互換性のあるテレビドアホンやカメラで友人や家族を認識できます。4ホームアプリケーションとHomeKitはプライバシーとセキュリティを保護するよう作られており、ユーザーのホームアクセサリに関するすべての情報はエンドツーエンドで暗号化されます。
  • Safariにプライバシーレポートの機能が搭載され、ユーザーはどのサイト越えトラッキングがブロックされたかがすぐにわかるようになりました。安全なパスワードのモニタリング機能により、ユーザーはデータ漏えいに関わっている可能性がある保存済みのパスワードを検知できます。また、ウェブページ全体の翻訳機能も内蔵されています。5
  • アクセシビリティ機能にヘッドフォン調整機能が追加され、特定の周波数を増減して、音楽や映画、通話、Podcastの音声がより明瞭に聞こえるように調整できるようになります。さらに、グループFaceTimeに手話の検知機能が加わり、ビデオ会話で手話を使っているユーザーが前面に映し出されるようになります。6 視覚に障がいのある方のための、業界をリードする画面読み上げ機能であるVoiceOverで、画面に表示されている内容を自動的に認識するようになります。これにより、さらに多くのユーザーがさらに多くのアプリケーションやウェブサイトを体験できるようになります。
提供について
iPadOS 14のデベロッパ向けプレビューは、本日より、developer.apple.com/jpを通じてApple Developer Programのメンバーに提供されます。iPadOSユーザーに対しては来月中にパブリックベータプログラムがbeta.apple.comで提供されます。新しいソフトウェア機能は今秋、iPad Air 2以降、すべてのiPad Proモデル、iPad(第5世代以降)、iPad mini 4以降向けに、無料のソフトウェア・アップデートとして提供されます。さらに詳しい情報は、apple.com/ipados/ipados-previewをご覧ください。iPadOS 14には、iOS 14の素晴らしい機能が含まれています。さらに詳しい情報はapple.com/jp/newsroom/2020/06/apple-reimagines-the-iphone-experience-with-ios-14/
をご覧ください。提供される機能は変更される場合があります。機能によっては一部の地域または言語だけで提供される可能性があります。
共有
    1. iPhone XS以降、Wi-Fi + CellularモデルのiPad Pro(第2世代以降)、iPad Air(第3世代)、 iPad mini(第5世代)に対応しています。限定された都市での利用が可能です。
    2. アプリケーションまたはウェブサイト(特定の企業が所有し、ターゲット広告や広告効果測定の目的、もしくはデータブローカー経由で、他の企業が別途情報を収集している場合)上で収集されるユーザーに関する接続情報が含まれます。
    3. iPadOS 14が搭載された、iPad Pro(第2世代以降)、iPad Air(第3世代)、iPad mini (第5世代) で、 日本語(日本)、英語(米国、英国、インド、カナダ、オーストラリア)、標準中国語(中国本土、香港)、フランス語(フランス)、ドイツ語(ドイツ)、スペイン語(米国、スペイン、メキシコ)を利用できます。音声入力モデルを別途ダウンロードする必要があります。
    4. ホームアプリケーションで、適応型照明、顔認識、アクティビティゾーンを使用する場合、Apple TV、HomePod、またはiPadをホームハブとして設定しておく必要があります。
    5. Safariの翻訳機能は、英語、中国語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、ポルトガル語(ブラジル)にベータ版で対応しています。
    6. ヘッドフォン調整機能は、H1ヘッドフォンチップを搭載したAppleとBeatsのヘッドフォンとEarPodsで利用できます。

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000