新着情報 2022 年 1 月 10 日

Appleのサービス、年間を通して人々の暮らしを豊かに

2021年、Appleのサービスは、これまで以上に多くの方法で世界中のユーザーの暮らしを豊かにする革新的なアプリケーション、パワフルなコンテンツ、変革をもたらす体験の提供を手助けしました。
Apple Fitness+は、より健康的な毎日のためのストレッチ、リフト、ランジ、瞑想に関するコーチングをユーザーに提供し、Apple Newsはユーザーがニュースや文化に関する重要な進展に関する情報を常に得られるようにしました。また、ユーザーは美しい新たなAppleマップを使って世界を再び探索し始めました。Apple TV+による多数の画期的なオリジナル作品が、SharePlayを使ってストリーミングされ、近くまたは遠くにいる家族や友人と一緒に共有されました。Apple Arcadeでは、数百もの楽しい新旧のゲームがプレイされました。さらに、数百万ものアプリケーションがApp Storeからダウンロードされ、コミュニケーションや共同作業を行ったり、つながりを保つためのパワフルな方法が生み出されました。「The Midnight Miracle」や「We Can Do Hard Things」などのPodcastはリスナーの気持ちを高め、「The Least of Us」や「The Love Hypothesis」などのブックは読者を感動させました。さらに、毎週末、日が沈む頃になると、ユーザーたちは「仕事」の集中モードをオフにして、Apple Music Awardsを受賞したザ・ウィークエンドの番組を聴きながら週末を祝いました。
「2021年は、Appleの世界有数のサービスポートフォリオが不可欠であることが証明されました。世界中の人々が楽しみ、情報を取得し、つながり、インスピレーションを得るための新しい方法を求めていたからです。7億4,500万以上の有料サブスクリプションを提供しているAppleは、10億台以上のデバイスを通じて、世界中のデベロッパ、アーティスト、クリエイティブな才能たちとユーザーの皆さんをつなぎ続け、日々の生活を根底から豊かにするパワフルなツール、コンテンツ、体験を提供しています」と、Appleのサービス担当シニアバイスプレジデント、エディー・キューは述べています。
2021年のベストを振り返るとともに、2022年にお客様にお届けする素晴らしい新作のゲーム、音楽、映画、テレビ番組、ワークアウト、ストーリー、Podcast、ブック、ガイド、その他の体験を紹介します。
iPhone 13 Proに表示されたApp Storeの「Today」タブ。
アプリケーションとゲームは、世界中の人々が仕事をしたり、遊んだり、作ったり、つながったりするのを手助けするのに欠かせないものです。
アプリケーションとゲームは、世界で最も革新的でタイムリーなエンターテインメントを入手するのに欠かせないものになりました。Appleのテクノロジーを駆使してこのような素晴らしい体験を作り出すデベロッパの努力、革新性、創造性と、175か国で毎週6億人以上の人々とあらゆる規模のビジネスを結びつけるApp Storeのグローバルプラットフォームの力が相まって、デジタル商品やサービスを販売するデベロッパは、2008年のApp Storeの開始以来、2,600億ドルを上回る収益を上げています。この重要な数字は、App Storeのデベロッパの年間収益としては新記録となりますが、App Storeが促進している商取引全体のほんの一部にすぎません。これは、エコシステムがいかにして機会を創出し、世界中の起業家の経済的拡大を促進し続けているかを示す重要な指標の1つです。この度のホリデーシーズンだけでも、App Storeのお客様は、クリスマスイブから大晦日までの間にかつてないほどの金額を費やし、売上は昨年から2桁の成長を遂げました。
2021年は、App Storeに大ヒット作品が続々と登場しました。世界有数のエンターテインメント企業により、Disney+の「ブラック・ウィドウ」やHBO Maxの「Space Jam: A New Legacy」のような大作映画が劇場公開日と同日にアプリケーション内で公開されました。また10月には、App StoreでApp内イベントが開始され、ゲーム大会や新作映画の初公開、ライブストリーミング体験などのタイムリーなイベントがアプリケーションやゲーム内で行われました。ここ数か月間だけでも、主な出来事として、"クラッシュ・ロワイヤル"の"チャンピオンがやって来た"、"マリオカート ツアー"の"スペースツアー"、"Pokémon GO"の"Pokémon GO ハロウィン"などのゲーム内イベントが開催され、TikTokの"Stranger Things Watch Party"やESPNの"Man in the Arena: Tom Brady"などの人気イベントでも、多くのユーザーがアプリケーションに集いました。
イスタンブールのDream Gamesによる"ロイヤルマッチ"のような世界中で爆発的な人気を博したゲームや、この夏、すべての人が魅力的な会話を楽しめるようになった"Clubhouse"のようなソーシャルアプリケーションなど、今年最も人気を博したアプリケーションやゲームの多くは、あらゆる場所にいる人々を結びつけるための新しい創造的な方法を見出したものでした。"Bumble"や"EatOkra"といったアプリケーションは、今年のトレンドである「つながり」を体現したクラス最高のアプリケーション体験を提供したとして、先頃、2021年のApp Store Awardsを受賞しました。
今年最も多くダウンロードされたアプリケーションゲームのリストをApp Storeでご覧いただけます。
昨年は、Apple Arcadeの受賞歴のあるゲームのライブラリがこれまでになく大きく拡大し、世界最高のデベロッパによる新作、受賞歴のあるタイトル、App Storeの人気作品など、あらゆる年齢層のプレイヤー向けに、家族が一緒に楽しめる200以上のプレミアムゲームを広告やアプリケーション内課金なしで提供しています。
現在、サブスクリプション登録者は、"忍び足のサスクワッチ"、"NBA 2K22 アーケードエディション"、"The Oregon Trail"などのオリジナルゲームをはじめ、最近リリースされた"LEGO Star Wars: Castaways"や"ディズニー・メレー・マニア"などのゲームを楽しむことができます。さらに、プレイヤーは"Monument Valley+"、"Mini Metro+"、"Galaga Wars+"のような受賞歴のあるゲームの世界に飛び込んだり、"Solitaire by MobilityWare"や"Good sudo+ by Zach Gage"などの不朽の名作を再び楽しんだりできます。
Apple Arcadeのゲームは、Appleの高いユーザープライバシー基準に対応しており、1つの包括的なサブスクリプションに登録するだけで、ファミリー共有を使って自分以外に最大5人の家族と共有することができます。今年は"Nickelodeon Extreme Tennis"をはじめとする待望の新作ゲームの発売が予定されているほか、プレイヤーは毎週追加される新しいコンテンツのアップデートも楽しむことができます。
iPad Proに表示されたApple Musicの「空間オーディオ」セクション。
ドルビーアトモスによる空間オーディオで何万曲もの楽曲を聴き、真に臨場感あふれるオーディオ体験を味わえます。
2021年はApple Musicにとって革新の年であり、サブスクリプションの登録者に、注目すべき新作、オリジナルコンテンツ、世界中の音楽を発見して楽しむ体験を変革するサービス機能を提供しました。Apple Musicではこれまでで最大の楽曲数をリスナーに提供しています。現在では9,000万曲以上の楽曲すべてがロスレスオーディオで提供されているので、ファンはアーティストが制作した通りの音を聴くことができます。ドルビーアトモスによる空間オーディオとダイナミックヘッドトラッキングへの対応によって次世代のサウンドが実現し、アーティストは卓越した鮮明さのある臨場感あふれるオーディオ体験を提供できるようになり、リスナーは今までで一番お気に入りの曲も、新曲で気に入っている曲もすべてより深く楽しめます。
自動再生、歌詞を共有、都市別ランキング、モーションカバーアート、さらに強化された検索機能、あなたと共有、デザインが刷新された「今すぐ聴く」タブなどの新機能によって、新しい音楽を見つける体験をさらに楽しいものにしています。さらに、Apple TVアプリケーション内のApple Music TVやApple News内のApple Music、SharePlayを使ったFaceTimeやApple Fitness+、写真アプリケーションのメモリーのApple Musicへの対応により、Apple Musicの体験がAppleのエコシステム全体に拡大されています。
MacBook Airに表示されたApple Musicの「今すぐ聴く」セクション。
お気に入りの曲の再生や、あなたにおすすめのアルバム、プレイリストやミックスを見つけることは、すべてApple Musicの「今すぐ聴く」画面でできます。
Apple Music 1、Apple Music Hits、Apple Music CountryなどのApple Musicのラジオは、音楽業界で最も人気のあるアーティストや尊敬されるDJによる独占のラジオ番組を通じて、受賞歴のある音楽体験と、新しい音楽を見つける体験を世界中の何千万人ものサブスクリプションの登録者に提供しています。昨年1年を通じて、Apple MusicのラジオのDJは、ABBA、アデル、ブランディ・カーライル、BTS、コールドプレイ、ケイシー・マスグレイヴス、LIL NAS X、Lizzo、ミーガン・ジー・スタリオン、メタリカ、ミック・ジャガー、ニール・ヤング、Silk Sonicといった世界のスーパースターとつながり、深掘りインタビューや世界的な独占コンテンツをお届けしました。またApple Musicでは、カニエ・ウェストの『Donda』のリリースを記念したライブ配信、Moneybagg Yo、Saweetie、Lil Durkによる「Rap Life Live」、ザ・ウィークエンド、オリヴィア・ロドリゴ、H.E.R.、Wizkid、Scriptonite、Aya Nakamura、RIN、Official髭男dismらが受賞した世界的な広がりを見せたApple Music Awardsなど、カルチャーに影響を与えるライブ配信をお届けし、ファンが世界中の音楽の歴史的瞬間に立ち会えるよう後押ししました。
昨年は何百万人もの人々がSiriに音楽の再生を話しかけて頼み、先月、Apple MusicはSiriのパワーを活かした新しいサブスクリプションタイプであるApple Music Voiceプランの提供を開始しました。Apple Music Voiceプランのサブスクリプションの登録者は、月々わずか480円で、シンプルなユーザーインターフェイスを通じて、新たに作成された気分やアクティビティに合わせた数万ものプレイリスト、あなたにぴったりの楽曲のプレイリスト、ジャンル別のステーション、受賞歴のあるApple Musicのラジオを含むApple Musicのカタログ全体にアクセスできます。
Apple Music Voiceプランと連係しているHomePod mini、iPhone 13 Pro、AirPods 3。
Siriのパワーを活かして設計されたApple Music Voiceプランは、現在17の国と地域で利用できます。
音楽ストリーミングで初めて、また、世界中のアーティストのコミュニティを支援するというAppleの継続的な取り組みの一環として、Apple MusicはShazamの比類ないテクノロジーを活用して、サービスで提供されている数千の人気DJミックスで取り上げられたクリエイターを特定し、その貢献に対して報酬が支払われるようにしています。また、Apple Musicはレーベル別のページに対応したため、リスナーはすでに楽しんでいるアーティストについてさらに深く楽しむことができるようになりました。今年後半には、リスナーはさらに多くの世界的なプレミア、独占コンテンツ、深掘りインタビュー、ライブ配信、DJミックスのほか、Primephonicの最も親しまれている機能による世界最高のクラシック音楽のストリーミング体験、より優れた「見つける」の機能と検索機能、クラシック音楽のメタデータの詳細表示などが楽しめるようになる予定です。
わずか2年という短い期間で、Apple TV+は大きなマイルストーンを達成し、ストリーミングの歴史を作り上げました。Apple TV+は、アカデミー賞とBAFTA賞へのノミネート、プライムタイム・エミー賞の主要番組部門での12回の受賞、デイタイム・エミー賞、SAG賞、NAACPイメージ・アワード、ピーボディ賞、AFI賞、放送映画批評家協会賞、放送映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞、キッドスクリーン・アワードをはじめとする763の賞にノミネートされ、190の賞を受賞しています。
Apple Originalの新シリーズと新作映画は、文化的影響が大きい番組によって世界中の視聴者を魅了しました。たとえば、「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」は記録を更新し続けており、最近ではエミー賞史上最も多くノミネートされた初年度のコメディとなり、作品賞コメディシリーズ部門を含む4つのエミー賞を受賞しました。Apple Originalの著名な新作映画「マクベス」「CODA」「スワン・ソング」「フィンチ」「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド」は、映画評論家グループと世界中の視聴者の間で継続的に話題となり、高い評価を得ています。昨年、Apple TV+では「となりの精神科医」「インベージョン」「スワッガー」「モスキート・コースト」「フィジカル」「ファウンデーション」「シュミガドーン!」「Mr. コーマン」「The Problem with ジョン・スチュワート」のほか、サービス初のバイリンガルシリーズ「アカプルコ」、サービス初の韓国語オリジナル「Dr. ブレイン」など、魅力的な新作オリジナルシリーズが公開されました。今年、サブスクリプション登録者は、「WeCrashed」「The Afterparty」「Fraggle Rock: Back to the Rock」「Severance」「Suspicion」など、世界的に有名なクリエイティブな才能たちが生み出す待望のApple Original作品をさらに数多く楽しめるほか、「サーヴァント ターナー家の子守」「神話クエスト」「テッド・ラッソ:破天荒コーチがゆく」「フィジカル」「真相 - Truth Be Told」「ザ・モーニングショー」などの人気番組の新シーズンも公開される予定です。
すべてのApple Originalシリーズと映画は、LG、Panasonic、Samsung、Sony、TCL、VIZIOなどの人気スマートテレビ、Amazon Fire TVやRokuデバイス、PlayStationやXboxのゲーム機など、10億台以上のデバイスからアクセス可能なApple TVアプリケーションで視聴できます。Apple TVアプリケーションは、昨年、Android TV、Chromecast with Google TV、Sky Qセットトップボックス、Sky Glass TVに導入され、近々、Comcast Xfinityのセットトップボックスにも導入される予定です。Apple TVアプリケーションは、ほかの人気のストリーミングサービス、チャンネル、有料テレビプロバイダが提供するコンテンツについても、お気に入りのテレビ番組、スポーツ、映画に関するパーソナライズされたガイドを視聴者に提供します。「メンバー全員」「SharePlay」「ストア」タブなどの新機能により、パーソナライズされたおすすめを見つけたり、友達や家族と一緒に楽しんだり、お気に入りの作品を購入、レンタル、ストリーミングしたりするのを、すべて一か所で簡単にできるようになりました。
まったく新しいSiri Remoteと共に昨年春に発売された次世代のApple TV 4Kは、Apple TVアプリケーションを使ってApple TV+のApple Original作品を楽しむための最高の方法をお客様に提供します。tvOSのSiriは、ベルギー、香港、ロシアを含む24の国と地域で提供されており、さらに多くのユーザーが母国語でApple TV 4Kと対話できるようになっています。また今回初めて、SK Broadbandを通じて、韓国のお客様がApple TV 4K、Apple TVアプリケーション、Apple TV+を楽しめるようになりました。
新しい年が始まり、Apple Fitness+は今年も世界中の人々に、リングを完成させ、心も体もより健康な毎日を過ごすためのモチベーションを与えます。本日、Fitness+は、選ばれた主要都市の人気のランニングコースを紹介しながらユーザーがより一貫した、より優れたランナーになれるよう後押しするオーディオランニング体験である「ランニングの時間」と、ユーザーの目標達成を支援するために編成された、Fitness+ライブラリからの厳選されたワークアウトと瞑想のシリーズである「コレクション」を導入しました。また、Fitness+は、受賞歴のある俳優のレベル・ウィルソン、提唱者であり聖職者であるバーニス・A・キング、俳優兼コメディアンのハサン・ミンハジなどのゲストを迎えた「ウォーキングの時間」のシーズン3も公開しました。Fitness+は、エド・シーラン、Pharrell Williams、シャキーラ、ビートルズの楽曲を採用した新しい「Artist Spotlight」ワークアウトも導入する予定です。
毎日、ユーザーはFitness+によって自分達の生活がどのように変わったかについて、心に響くストーリーを共有しています。わずか1年前に提供開始して以降、Fitness+はそのライブラリを拡大して、4K超高精細度のワークアウトコンテンツとしては最大のライブラリである約2,000のスタジオ形式セッションを提供するまでになり、高強度インターバルトレーニング、筋力トレーニング、コアトレーニング、ヨガ、ピラティス、ダンス、サイクリング、ローリング、トレッドミル(ランニングとウォーキング向け)、マインドフル・クールダウンを含む11種類のワークアウトに対応しているほか、毎週新しいコンテンツが追加されています。昨年には、Fitness+はいつでもどこでもマインドフルネスを実践し、全身の健康状態を改善するためのシンプルな方法であるメディテーションガイドも導入しました。ワークアウトと瞑想は、包括性に溢れユーザーを歓迎するトレーナーチームが主導し、サービスの拡大に伴ってトレーナーも増え続けています。
iPhone 13 Pro、iPad Pro、スマートTVに表示された、Fitness+の「コレクション」のセレクション。
ユーザーの目標達成を支援するために編成された、Fitness+ライブラリからの厳選されたワークアウトと瞑想のシリーズである「コレクション」は、米国で1月10日よりFitness+で利用できます。
また、Fitness+は、Apple Watch上でのインスピレーションに満ちたオーディオ体験である「ウォーキングの時間」でもユーザーのモチベーションを高めました。「ウォーキングの時間」では現在までに、プリンス・ウィリアム、ドリー・パートン、アンソニー・ジョシュア、ランドール・パーク、カミラ・カベロ、カート・ファーンリー、ナオミ・キャンベル、ビービー・レクサ、サンジェイ・グプタ博士をはじめ、42人のゲストを迎えています。Fitness+では、初心者用ワークアウト、高齢者用ワークアウト、Workouts for Pregnancy、Meditations for Beginners、Get Ready for Snow Seasonなど、ユーザーがワークアウトを始めたり、前進したり、日々の生活でシーズンを体験したりするのを手助けするカスタムコンテンツや、ユーザーがフィットネスの日課を組み合わせてモチベーションを維持するのに役立つ、最も支持されているフィットネスエキスパートの一人であるジャネット・ジェンキンスによるワークアウトも公開しています。音楽の力を認めて、このサービスではアリシア・キーズ、ビートルズ、ビリー・アイリッシュ、カルヴィン・ハリス、ジェニファー・ロペス、キース・アーバン、シャキーラなどのアーティストによるプレイリストを採用したArtist Spotlightの提供も開始しました。同年、Fitness+はSharePlayを使ってワークアウトや瞑想を行う新しい方法を導入し、世界中のより多くの人に体験していただけるようグローバル展開を拡大して新たに15か国で提供を開始しました。
Fitness+は、いつでもどこでも行える唯一無二のパーソナライズされた魅力的な体験を通してユーザーが体と心を鍛えられるよう手助けし、Apple Watchからのワークアウトの測定値を画面上に賢く取り込み、今日のトップアーティストによる楽曲によって開始から終了までユーザーのモチベーションを維持します。Fitness+では、ワークアウトの検索時にユーザーのワークアウト履歴に基づいてパーソナライズされたおすすめも表示されるので、ユーザーはどのフィットネスレベルであっても、「More of What You Do」と「Try Something New」で簡単にワークアウトを見つけることができます。新しいコンテンツ、より充実したトレーナー、世界中での利用可能地域の拡大により、Fitness+を始めるのがこれまでになく簡単になるほか、2022年にはさらに多くのものを提供します。
iPhone 13 Proに表示された、Apple Newsアプリケーションのシャーロット、ワシントンD.C.、マイアミの地域ニュース。
Apple Newsがシャーロット、ワシントンD.C.、マイアミを含む追加の都市で地域ニュース体験の提供を開始しました。
Apple Newsは、利用可能なすべての市場において最高のニュースアプリケーションであり続けています。昨年、Apple Newsはシャーロット、マイアミ、サクラメント、サンアントニオ、サンディエゴ、ワシントンD.C.の6つの追加の都市で地域ニュース体験の提供を開始し、全米の読者に毎週、地域の出版物からのベストストーリーを読むよう後押しする非常に人気の高い「Read Local」コレクションを導入しました。平日の朝は毎日、引き続きApple News Todayがニュースの中で最も魅力的なストーリーへとリスナーを導き、世界最高のジャーナリスト達がそのストーリーをどのように取り上げているかを紹介します。毎週土曜日には、Apple Newsは新しい「In Conversation」オーディオストーリーで、アプリケーションで視聴できる最高のストーリーのいくつかを取り上げているジャーナリストとの洞察に満ちたインタビューをお届けします。昨年、Apple News+のサブスクリプション登録者は『The New Yorker』『People』『National Geographic』などの雑誌からの数百に及ぶ、プロがナレーションを担当する新しいオーディオストーリーも楽しみましたが、今年はさらに多くの素晴らしいストーリーに出会うことができます。
iPad Proに表示されたApple Arcade、iPhone 13 Proに表示されたApple Fitness+、MacBook Airに表示されたApple TV+。
Apple Oneは100を超える国と地域のお客様に、魅力的な月額料金による1つのシンプルなサブスクリプションで、Apple Arcade、Apple Fitness+、Apple TV+などへのアクセスを提供します。
Apple Oneはお客様にとって、Apple Music、Apple TV+、Apple Arcade、Apple News+、Apple Fitness+、iCloud+といったお気に入りのAppleサービスの多くを魅力的な月額料金による1つのシンプルなサブスクリプションで楽しめる最も簡単な方法です。Apple Oneのサブスクリプション登録者は、最高のエンターテインメント、ニュース、ゲーム、フィットネス体験のほか、写真、ファイル、アプリケーションデータなどを様々なデバイスをまたいでバックアップするストレージに素早くアクセスできるようになる多様なプランから選ぶことができます。Apple One個人プランとApple Oneファミリープランは100を超える国と地域で利用でき、Apple Oneプレミアプランは昨年17の新しい市場へと拡大した後、現在ではオーストリア、フランス、ドイツ、マレーシア、ポルトガル、アラブ首長国連邦を含む20を超える国と地域で利用できます。ファミリー共有を利用すると、Apple OneファミリープランとApple Oneプレミアプランのサブスクリプション登録者は各サービスへのアクセスを自分以外の家族5人までと共有できます。
2021年は、Podcastが紛れもなく世界的な現象となった年でした。現在、世界中のリスナーは、エンターテインメントを楽しんだり、情報に通じたり、コミュニティとつながったり、何か新しいことを学ぶために、いつでも数百万の番組を視聴できます。昨年、Apple Podcastは登場以来、最大のアップデートを行い、世界最高のPodcastを発見し、楽しみ、サポートするためのシンプルで有意義な方法をリスナーに提供して、Apple Podcastサブスクリプションを通じてPodcast配信を次章へと牽引しました。
クリエイターの美しいアートワークを表示するデザインが刷新された番組ページや、さらにわかりやすくなったPodcastのフォロー、ダウンロード、キューへの追加、保存のコントロール、自動的に最新エピソードを次に再生できる「Smart Play」ボタンにより、Apple Podcastでは世界のレコードカタログから番組を見つけて再生するのが嬉しくなります。「チャンネル」と呼ばれる厳選された番組のグループ、「今すぐ聴く」タブの強化されたおすすめ、「見つける」で毎週特集される新しいエディター厳選のコレクション、メッセージで共有されたPodcastをApple Podcastアプリケーションに直接表示する「あなたと共有」などが一体となって、リスナーに次のお気に入りの番組を見つけるための最も簡単な方法を提供します。
Apple Podcastのサブスクリプションに登録すると、リスナーは番組やチャンネルを聴きながらその場ですぐにその登録者になることができ、プレミアムコンテンツにアクセスしたり、先行公開へのアクセス、ボーナスエピソード、広告なしのリスニングなどの追加特典を利用できるようになります。Apple Podcastのサブスクリプション登録者は、Luminaryの「The Midnight Miracle」への独占的アクセス、ジェイソン・ベイトマン、ショーン・ヘイズ、ウィル・アーネット出演の「Smartless」へのWondery+を通じた広告なしの先行アクセス、「Bad Blood: The Final Chapter」でのエリザベス・ホームズの裁判に関するリアルタイム情報、Tortoise Mediaの人気の調査シリーズ「Sweet Bobby」からのボーナスエピソードなど、昨年の人気番組の多くで最高の体験を満喫してきました。
リスナーには、今年一年を通じてトップクリエイターによる新しい番組やサブスクリプションをお届けします。今月公開されるものには、「Marvel’s Wastelanders: Black Widow」、NPRの「The Limits with Jay Williams」、Luminaryの「The Roxanne Gay Agenda」、Univision初のデイリーニュースPodcastでレオン・クラウゼがホストを務める「Univision Reporta」、Campside Mediaの人気の調査シリーズ「Chameleon」の次のシーズン、National Geographicの6部構成の語りシリーズで、探検家のタラ・ロバーツと黒人のスキューバダイバーチームが大西洋を横断する奴隷貿易の失われた難破船から物語を堀り起こしていく様子を伝える「Into The Depths」などがあります。今週、Apple TV+とAT WILL MEDIAは、リスナーをベルベットのカーテンの裏側に導いて、ポップカルチャーの象徴的存在となった世界で最も有名なマジック界のデュオの舞台裏の物語を暴く「Wild Things: Siegfried & Roy」を公開します。
Apple Booksは、様々なAppleデバイスにわたってブックを読んだり聴いたりするための最良の方法です。豊富な無料タイトルのカタログを含め800万を超えるブックとオーディオブックのライブラリを用意しており、現在は毎月1億人を超えるユーザーにサービスを提供しています。昨年、Apple BooksはmacOSのデザインが刷新されたアプリケーションと、おすすめやトレンドを含むiOS、iPadOS、macOSの強化された検索機能によってさらに良くなりました。現在では、まったく新しいオーディオブックストアと9.99ドルのオーディオブックコレクションにより、ユーザーは世界で最も人気が高く魅力的なオーディオブックサブスクリプションを、お使いのすべてのAppleデバイスで無料で楽しむことができます。「Audiobook of the Week」「Romance of the Week」などの新しい厳選されたコレクションや、ロマンス、ミステリー/スリラー、SF/ファンタジーのFirst in Series Freeプロモーションにより、読者やリスナーは次のお気に入りのタイトルを見つけるのがこれまでになく簡単になりました。読者は、こちらでカテゴリ別の2022年期待の新作を確認できます。
ファミリー共有を使用する、ウォレットアプリケーションのApple Card Family。
Apple Card Familyを利用すると、お客様はファミリー共有を使ってアカウントを共有し、皆で健全な金銭的習慣を維持できます。
2021年を通じて、Apple Cardはお客様に優れた体験を提供し、J.D. Power米国クレジットカード顧客満足度調査の中規模部門で第1位となりました1。昨年、AppleはApple Card Familyの導入によって引き続きクレジットカードに透明性をもたらし、お客様がファミリー共有を使って最大5人とApple Cardアカウントを共有して皆で健全な金銭的習慣を維持できるようにしました。また、Apple Card Familyでは2人が1つのApple Cardを共同所有でき、同等の立場で一緒に信用を構築しながら与信枠の共有や結合ができます。
Apple Payは2021年に、コロンビア、イスラエル、メキシコを含む9つの新しい市場に拡大され、世界中でより多くのお客様に店舗とオンラインでの安全で簡単な決済方法を提供しました。現在、Apple Payは60近くの国と地域で利用でき、世界中の約9,000の銀行パートナーと連携しています。
Appleは、お客様の財布を使いやすく安全なデジタルウォレットであるウォレットに置き換えるというビジョンにも引き続き取り組んでいます。2021年には、検証可能なCOVID-19ワクチン接種カード、オーストラリアでは健康保険証もウォレットに追加して表示できるようになり、ウォレットはお客様が健康に関する重要な情報にアクセスするのに役立ちました。ウォレットのデジタルチケットはイベント会場とその利用者が安全な非接触の体験をできるようサポートし、昨年、米国とカナダ全体で音楽、スポーツ、映画などのイベントにウォレットのNFCチケットが3,000万枚使用されました。お客様がiPhoneまたはApple Watchをタップするだけで支払いをしたり交通機関を利用したりできる機能は、現在世界の200以上の都市で利用でき、最近、中国(南昌と仏山)、ロシア(カザン)、スウェーデン(マルメ)で利用可能になったほか、サンフランシスコのクリッパーカードにも対応しました。ウォレットの学生証は、米国とカナダの大学生が安全かつセキュアに構内施設を利用するのに役立っています。また、旅行者向けに、Appleは米国のハイアット施設の一部で初のルームキーを展開し、ウォルトディズニーワールドの利用客がウォレットのDisney MagicMobileパスを使って魔法の時間を過ごせるようにもしました。今年は、家の鍵や社員証、州発行の身分証明書や運転免許証が対応する見通しです。
昨年、Appleマップでこれまでで最大のアップデートが行われ、さらにリアルで多彩な情報を提供する3次元の都市体験、ナビゲーション機能が向上した運転経路、拡張現実で表示される臨場感あふれる徒歩経路案内をはじめ、さらに多くのものを利用できるようになりました。
新しい目を見張るほどの美しさの3Dマップは、かつてないほどの詳細さで周辺地域、商業地域、街全体の標高情報、特別にデザインされたランドマークを表示するとともに、月に照らされた夜間モードが夕暮れ時に起動します。詳細な都市の体験は、ロンドン、ロサンゼルス、ニューヨーク市、フィラデルフィア、サンディエゴ、サンフランシスコ、ワシントンD.C.のiPhoneおよびCarPlayユーザーが利用でき、今年、モントリオール、トロント、バンクーバーでも利用可能になります。
マップには強化されたナビゲーション体験も導入され、車の運転者が街中をより簡単かつ安全に運転するのに役立つ追加の道路情報の詳細が表示されます。また、交通機関情報のパワフルなアップデートにより、ユーザーはよく利用する路線をマップでピンで固定でき、選択した路線を降りるタイミングでiPhoneまたはApple Watchで通知を受け取れます。また、ステップバイステップの徒歩経路案内を拡張現実で表示できます。
より速くより正確なナビゲーションと、道路、建物、公園、空港、ショッピングモールの包括的な表示により、iPhone、iPad、Macを使って、または車内でCarPlayを使って、マップであらゆる旅の計画を立てるのがより簡単で楽しいものになります。一から設計された新しいマップは、引き続きさらに多くの国と地域に展開していきます。昨年、新しいマップはカナダ、アイルランド、日本、英国、米国からさらに拡大し、オーストラリア、イタリア、ポルトガル、スペインでも利用できるようになりました。
マップの厳選されたガイドを使うと、都市で観光したり体験したりする素晴らしいことを見つけるのが簡単になり、2021年には、スミソニアン協会が発行する「Thrillist」やFATMAPなど、信頼できるリソースによる新しいガイドが追加されました。現在、マップには信頼できるリソースによるガイドが100以上あるので、ユーザーはブライアント・テリーやマリア・アンパロ・エスカンドンといった作家がお気に入りの街で何を勧めているかチェックしたり、Atlas Obscuraがお勧めする「世界で最も興味深いレストラン」やCulture Tripがお勧めする「世界の美しい隠れたビーチ」を確認したりできます。
iCloud+の「メールを非公開」機能が表示されたiPad Pro。
iCloud+は、iCloud Private Relay、拡張されたHomeKitセキュアビデオ録画への対応、カスタムメールドメインを備えているほか、独自のランダムなメールアドレスを生成して個人の受信トレイに転送するための簡単な方法である「メールを非公開」にも対応します。
iCloudを使うと、写真、書類、アプリケーションデータ、メモなどお客様の重要な情報を常に安全かつ最新の状態に保ち、お使いのすべてのデバイスからアクセスできます。新しい有料サブスクリプションであるiCloud+の導入により、これまでと同じ低価格で、お客様に好評のiCloudのすべての機能に加え、有料サブスクリプションの登録者を対象としたパワフルな新機能もご利用いただけます2。iCloud+の機能には、オンラインでのプライバシーを守る革新的な新サービスであるiCloud Private Relay、独自のランダムなメールアドレスを生成して個人の受信トレイに転送するための簡単な方法である「メールを非公開」、監視する必要のある自宅のカメラをすべて設定できる拡張されたHomeKitセキュアビデオの録画機能、およびiCloudのメールアドレスをパーソナライズできるカスタムメールドメインがあります。すべてのプランは同じファミリー共有グループのメンバーで共有できるので、全員がiCloud+で提供される新しい機能、ストレージ、そして新たなレベルの体験を楽しめます。
共有
  • 記事本文

  1. J.D. Power 2021年米国クレジットカード顧客満足度調査の実施期間は2020年9月から2021年6月で、この期間、Goldman SachsとApple Cardが中規模部門の対象となりました。詳しくは J.D. Powerのプレスリリース [https://www.jdpower.com/pr-id/2021095](https://www.jdpower.com/pr-id/2021095)を参照してください。
  2. iCloud+には、50GB(HomeKitセキュアビデオカメラ1台で月額130円 - 税込)、200GB(HomeKitセキュアビデオカメラ5台までで月額400円 - 税込)、2TB(HomeKitセキュアビデオカメラの台数無制限で月額1,300円 - 税込)のプランがあります。iCloud Private Relayは現在、パブリックベータ版としてリリースされています。
  3. 本文中には、日本のストアでは提供していないサービスやアプリケーション、コンテンツなどが含まれています。また、表示されているドルの価格は米国のものです。

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000