新規ウィンドウを開く
新着情報 2022 年 9 月 12 日

iOS 16、本日提供開始

iPhone 14 Proに表示されたiOS 16のパーソナライズされたロック画面とウィジェット。
iOS 16は、ロック画面への過去最大のアップデートのほか、ロック画面をより美しく、自分らしく、便利なものにする新機能を提供します。
iOS 16は、ロック画面への過去最大のアップデート、メッセージで編集や共同作業を行える機能、メールの新しいツールのほか、「テキスト認識表示」と「画像を調べる」によって写真やビデオを楽しむさらに多くの方法を提供します。iOS 16は、本日より無料ソフトウェアアップデートとして提供されます。

より自分らしく、美しく、便利になったロック画面

ロック画面が再構築され、さらに深くパーソナライズすることが可能です。ユーザーは、ロック画面の写真に奥行き効果を加え、写真の被写体を時刻の手前に巧みに表示させたり、フォントや書体のスタイルをカスタマイズできます。さらに、ロック画面の新しいウィジェットにより、今後予定されているカレンダーのイベント、バッテリー残量、アラーム、時間帯、アクティビティリングの進捗などの便利な情報を一目で簡単に確認できます。
新しいロック画面のギャラリーは幅広いオプションを備えています。ユーザーは、自分のライブラリの中からロック画面に最適な写真として賢く提案される一枚を選んだり、一日を通じてシャッフル表示される写真の動的なセットを選ぶこともできます。AppleコレクションにはAppleがお届けするアイコニックな画像が含まれており、「プライド」や「ユニティ」の壁紙、一日を通じて変化する気象状況をライブで確認できる「天気」の壁紙、地球、月、太陽系を表示する「アストロノミー」の壁紙があります。ユーザーはお気に入りの絵文字や色を組み合わせて独自のデザインを作成したり、複数のロック画面を作成して、スワイプするだけでお気に入りの画面に切り替えることもできます。
再設計された通知は、ロック画面をはっきりと見ることができるよう、画面下部から表示されるようになり、ユーザーは通知の表示を、展開されたリスト表示、積み重ね表示、件数表示から選択できます。
ユーザーは通知の表示を、展開されたリスト表示、積み重ね表示、件数表示から選択できるようになりました。

現在の作業に集中できる集中モード

iOS 16では、集中モードとロック画面を関連付けることで、より設定しやすく、より一層パワフルになり、指定したロック画面にスワイプするだけで対応する集中モードを有効にできます。集中モードフィルタでは、カレンダー、メール、メッセージ、Safariなどのアプリケーションでユーザーの集中モードに関連するコンテンツだけを表示することができ、ユーザーがより良いバランスを見出すのに役立ちます。
iPhone 14に表示された、iOS 16のパーソナライズされたロック画面に関連付けられている集中モード。
ユーザーは集中モードをロック画面と関連付けて、指定したロック画面にスワイプするだけで対応する集中モードを有効にできます。

メッセージでやり取りをする新しい方法

メッセージのアップデートにより、送ったばかりのメッセージを編集または取り消したり、会話を未読にすることができ、つながりを保つのがさらに簡単になります1。iOS 16では友だちや家族をメッセージ経由でSharePlayに招待できるようになり、映画や曲などのコンテンツを同期した状態で視聴したり、再生コントロールを共有したりして楽しむ新しい方法が提供されます。さらに、メッセージの新しい共同作業機能によって、ほかの人との作業をすばやくシームレスに進められます。ユーザーが共同作業のためのファイルをメッセージを通じて共有する場合は、スレッドの全員が自動的に追加され、誰かが共有された書類で編集を行うと、スレッドの一番上にアクティビティの更新情報が表示されます。
メッセージで、ユーザーは送ったばかりのメッセージを編集したり、取り消したりできます。

生産性を高めるメールの新しいツール

ユーザーはEメールの送信を前もって予約でき、受信者の受信ボックスに届く前であればメッセージの送信を取り消すこともできるようになりました2。ユーザーは、「あとで通知」を使って後日にメッセージを再確認するようリマインダーを設定したり、メールの返信が届いていない場合にそのメールのフォローアップを行うように促す自動的な提案を受け取ったり、受信者や添付ファイルをEメールに追加し忘れている場合に自動的なアラートを受け取ったりすることもできます。メールは、ここ数年で最大規模の検索機能のアップデートが行われ、最先端の技術を使って一段と関連性が高く、正確で精度の高い検索結果を提示します。
iPhone 14に表示されたiOS 16のメールの見直された検索機能
メールは、これまでで最大規模の検索機能の見直しが行われ、一段と関連性が高く、正確で精度の高い結果を提示します。

「画像を調べる」と「テキスト認識表示」の機能強化

ユーザーは、画像内の対象物を長押しして背景から抜き出し、メッセージなどのアプリケーションに配置できるようになりました。また、「画像を調べる」も鳥、昆虫、彫像を認識するように拡張され、ユーザーが写真内の物体やシーンに関する情報をすばやく入手するのに役立ちます。
iPhone 14 Proに表示されたフレンチブルドックにiOS 16の「画像を調べる」を実行している様子。
ユーザーは、画像内の対象物を長押しして背景から抜き出し、メッセージなどのアプリケーションに配置できます。
「テキスト認識表示」は、デバイス上の知能を使って、システム全体でビデオの中のテキストを認識するようになりました。ユーザーは、ビデオをあらゆるフレームで一時停止して、テキストを操作したり、コピー&ペースト、翻訳、通貨換算などのクイックアクションを実行できます。
iPhone 14でデバイス上の知能を活用した iOS 16の「テキスト認識表示」で翻訳されている看板表示。
「テキスト認識表示」では、ユーザーはすばやくテキストを翻訳したり通貨を換算したりできます。

パスキーによってSafariでのブラウジングがさらに安全に

フィッシングや漏えいを不可能にする次世代のクレデンシャルであるパスキーにより、Safariでのブラウジングがさらに安全になり、よりセキュリティが強化されて使いやすくなります。パスワードに代わるものとして設計されたパスキーは、生体認証にTouch IDまたはFace IDを使用し、iCloudキーチェーンを使ってエンドツーエンドの暗号化を行いながらiPhone、iPad、Mac、Apple TVの間で同期します。FIDO Alliance、Google、Microsoftと連携した共同の取り組みとして作成されたパスキーは、アプリケーションとウェブの間でも機能し、ユーザーは他社製デバイスで開いているウェブサイトやアプリケーションにiPhoneだけを使ってサインインできます。
また、Safariに友だちや家族とウェブサイトのコレクションを共有するための共有タブグループが加わり、シームレスにタブを追加してほかの人が見ているウェブサイトを確認できるようになりました。
iPhone 14に表示されたiOS 16のSafariの共有タブグループ。
共有タブグループでは、ユーザーは友だちや家族とウェブサイトのコレクションを共有できます。

ナビゲーションやつながりを保つためなどの新しいアクセシビリティ機能

アクセシビリティのアップデートには、視覚に障がいのあるユーザーがiPhoneを使って目的地にたどり着く最後の数十センチまでナビゲーションできるよう手助けする「ドアの検出」や、Apple WatchのディスプレイをiPhoneにミラーリングし、身体に障がいのあるユーザーが音声コントロールやスイッチコントロールでApple Watchを操作できるようにするApple Watchミラーリングが含まれます3。また、ライブキャプションにより、聴覚に障がいのあるユーザーが電話やFaceTimeで通話したり、ビデオ会議やソーシャルメディアのアプリケーションを使ったり、メディアコンテンツをストリーミングしたり、隣の人と会話したりする際に、より簡単に話の内容を追うことができます4
iPhone 14に表示されたiOS 16のアクセシビリティ機能、「ドアの検出」。
「ドアの検出」は、視覚に障がいのあるユーザーが目的地までの最後の数十センチのナビゲーションができるようにするためのパワフルな機能です。

その他の機能

  • 「Apple Payで注文の追跡」に対応している業者でApple Payを使って購入すると、詳細なレシートと注文追跡情報をウォレットで受け取ることができます。
  • Appleマップのアップデートにより、進化したドライブと移動のナビゲーションや、複数の経由地を持つ経路を使って、世界をさらに探索できます。ドライバーは複数の経由地を持つ経路を簡単に作成でき、出かける準備が整うとMacからiPhoneに自動的に経路が同期されます。交通機関での経路には移動にかかる運賃が表示されます。さらにユーザーは、交通系ICカードのウォレットへの追加、少なくなった残高のチェックやチャージなどのすべてを、マップを離れることなく行えます。
  • ファミリー共有は、はじめから適切なペアレンタルコントロールを設定して子どもたちのアカウントを設定するための、より簡単な方法を提供します。これには、アプリケーション、映画、ブック、音楽などへのアクセスを年齢に応じて適切に制限する提案や、子どもが利用する新しいデバイスのセットアップ時に既存のペアレンタルコントロールを自動的に適用する、よりシンプルなプロセスが含まれます。子どもからスクリーンタイムの延長をリクエストされた場合に、保護者はメッセージアプリケーション内ですぐに承認または却下できます。新しいファミリーチェックリストでは、子どもの成長に合わせてペアレンタルコントロールをアップデートしたり、位置情報の共有をオンにするなどのヒントや提案を確認できます。
  • 音声入力は、ユーザーが音声とタッチを簡単に切り替えられる、新しいデバイス上の体験を提供します。ユーザーは、キーボードでの入力、テキストフィールドのタップ、カーソルの移動、QuickTypeの候補の挿入のすべてを、音声入力を止めることなく実行できます。さらに、音声入力には、句読点の自動入力と絵文字の音声入力の機能もあります。
  • Siriに、アプリケーションがダウンロードされたらすぐにショートカットを実行する機能が追加され、事前の設定が不要になりました。ユーザーは、メッセージを送信する際に絵文字を追加したり、確認手順をスキップしてメッセージを自動的に送信したり、「Hey Siri、電話を切って」と言うだけで、完全にハンズフリーで電話やFaceTimeの通話を切ったりすることができます。
  • 再構築されたホームアプリケーションは、より簡単にアクセサリを操作、整理、表示する方法を提供します。
  • すべてのiPhoneユーザーが、Apple Watchを持っていなくても、フィットネスアプリケーションを使ってフィットネスの目標を追跡し、達成できるようになりました。iPhoneユーザーは、自身のムーブゴールを設定したり、推移をチェックしたり、モチベーションをさらに高めるためにアクティビティを共有することができます。iPhoneのモーションセンサーは、歩数、移動距離、昇った階数を追跡して、アクティブカロリーの消費量を推定します。他社製アプリケーションで実行したワークアウトもすべて、ユーザーのムーブリングの完成にカウントされます。新しいフィットネスアプリケーションのロック画面用ウィジェットでは、ムーブリングの進捗状況、歩数、移動距離を一目で確認できます。
  • ヘルスケアアプリケーションに「服薬」が加わり、ユーザーは服薬リストを便利に作成および管理したり、スケジュールやリマインダーを作成したり、薬、ビタミン、サプリメントの服用を記録できるようになりました。米国では、ユーザーはiPhoneのカメラをラベルに向けるだけで、薬を追加したり、服用している薬の説明書を読んだり、服用している薬の間で重大な相互作用が起こる可能性がある場合に通知を受け取ったりすることができます5。さらにユーザーはヘルスケアアプリケーションから直接、大切な人に招待を送信して、自分の健康に関するデータを共有したり、かかりつけの医療機関から健康に関する記録を取得してPDFを簡単に作成したりすることができます6
  • Apple Newsに新しい「My Sports」セクションが導入され、お気に入りのチームやリーグを簡単にフォローできるようになりました。また、数百もの主要なメディアから記事を受け取ったり、トップレベルのプロリーグと大学リーグのスコア、スケジュール、順位にアクセスしたり、Newsアプリケーションで試合のハイライトを視聴することができます。お気に入りがApple TVアプリケーションと同期され、シームレスなスポーツの体験をもたらします。
  • Game Centerではダッシュボードのデザインが刷新され、Game Centerのゲームでの友だちのアクティビティや達成状況が一か所に表示されるようになり、ユーザーが友だちと一緒にプレイしたり競い合うことが簡単になりました。
  • パーソナライズされた空間オーディオは、より高い精度で臨場感あふれるリスニング体験を提供します。リスナーは、iPhoneのTrueDepthカメラを使って空間オーディオのパーソナルプロファイルを作成でき、自分専用にチューニングされたリスニング体験が得られます。
  • 個人情報安全性チェックは新しい個人プライバシーツールで、同居するパートナーや親密なパートナーからの暴力行為によって身の安全が危険にさらされている人にとって役立ちます。このツールによりユーザーは、他者に許可したすべてのアクセスをすばやく見直し、削除できます。このツールには緊急リセットも含まれており、ユーザーが所有しているその他すべてのデバイスでiCloudから簡単にサインアウトしたり、プライバシー許可をリセットしたり、手元にあるデバイスでしかメッセージを送受信できないように制限することができます。ユーザーは、誰に、またどのアプリケーションにアクセスを許可したかを把握したり管理することもできます。
提供について
  • iOS 16は、iPhone 8以降を対象として本日より提供される無料のソフトウェアアップデートです。
  • 年内に提供されるアップデートで、AppleはiCloud共有写真ライブラリを導入します。このライブラリは、最大6人のユーザーが共同作業したり、追加したり、楽しむことができる独立したiCloudライブラリで、写真をシームレスに共有する新しい方法を家族にもたらします7。ライブアクティビティにより、スポーツの試合、配車状況、出前の注文など、リアルタイムの出来事をロック画面上でより簡単に把握できるようになります。また、「クリーンエネルギー充電」は、電力グリッドがよりクリーンなエネルギー源を使用している時間帯に合わせて充電時間を最適化することで、iPhoneのカーボンフットプリントを削減することを目的としています8。今回のアップデートでは、スマートホームの接続規格である「Matter」にも今年秋の提供開始後に対応します。
  • 詳細については、apple.com/jp/ios/ios-16をご覧ください。一部の機能は、国や地域、言語、またはiPhoneモデルによっては利用できない場合があります。
共有
  • 記事本文

  1. ユーザーは、メッセージを送信してから最大15分間メッセージを編集できます。また、メッセージを送信してから最大2分間は送信を取り消せます。ユーザーは特定のメッセージを最大5回編集できます。受信者はメッセージに対する編集履歴を確認できるようになります。
  2. ユーザーは、送信ボタンを押してから10秒以内はメッセージの配信をキャンセルできます。または、メッセージが送信ボックスで待機する時間を変更するオプションが用意されています。さらに、「送信を取り消す」を無効にすることができます。  
  3. 拡大鏡のドアの検出機能および人の検出機能を使うには、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Max、11インチiPad Pro(第2世代および第3世代)、12.9インチiPad Pro(第4世代および第5世代)に搭載されているLiDARスキャナが必要です。Apple WatchミラーリングはApple Watch Series 6以降で利用できます。ユーザーが危害を受けたり負傷する可能性がある環境、リスクが高い状況、緊急時はドアの検出機能に依存しないでください。
  4. ライブキャプションは、iPhone 11以降のiOS 16を、A12 Bionic以降を搭載したiPadモデルのiPadOS 16、Appleシリコンを搭載したMacのmacOS Venturaで、ベータ版が利用可能になります。ライブキャプションの精度は状況によって異なる場合があるので、リスクが高い状況では依存しないでください。
  5. 服薬と相互作用に関する情報は、健康・科学関連の情報の大手出版社であるElsevierから使用許諾を得た根拠にもとづく内容です。服薬機能は、医療の専門家による判断の代わりとして使用しないでください。服用している薬のラベルには詳しい情報が記載されていますが、ユーザーは健康に関する判断を行う前に医療機関に相談する必要があります。
  6. iPhone上のヘルスケアレコードは、米国、英国、カナダでプログラムに参加している医療機関で入手できます。
  7. 13歳未満(または該当する法域における同等の最低年齢)で、保護者によって作成されたApple IDを使用しているユーザーは、ほかの家族のメンバーとの共有写真ライブラリにのみ参加できます。
  8. 「クリーンエネルギー充電」は米国のユーザーが利用できます。

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000