新規ウィンドウを開く
新着情報 2022 年 10 月 11 日

Apple、デベロッパ向けの
Ask Appleを発表

新しいシリーズのインタラクティブなQ&Aや一対一のコンサルティングが、Appleのエキスパートと直接つながる機会をデベロッパにもたらします
吹き出しにAppleのアイコンとアプリケーションがあるイラスト。
Appleは本日、Ask Appleを発表しました。Ask Appleは、新しいシリーズのインタラクティブなQ&Aや一対一のコンサルティングにより、デベロッパがAppleのエキスパートと直接つながり、洞察、サポート、フィードバックを得るためのさらに多くの機会をもたらします。
Ask Appleに参加するデベロッパは、最新のシードでのテスト、世界開発者会議(WWDC)で発表された新しいまたはアップデートされたフレームワークの実装、Dynamic Islandなどの新機能の導入、Swift、SwiftUI、アクセシビリティへの移行、新しいOSとハードウェアのリリースに向けたアプリケーションの準備など、様々なトピックについて質問できます。Ask Appleは無料で、Apple Developer ProgramおよびApple Developer Enterprise Programのメンバーなら誰でも登録できます。
このシリーズでは、デベロッパは様々なAppleのチームメンバーに、SlackでのQ&Aまたは一対一のオフィスアワーで質問できます。Q&Aでは、デベロッパはAppleのエバンジェリスト、エンジニア、デザイナーとつながることができ、質問に回答してもらったり、知識を共有してもらったり、世界中のほかのデベロッパと交流したりできます。オフィスアワーは、最新のテクノロジーとデザインを活用した、人々を惹きつけるアプリケーションの開発と配信に焦点を当てています。デベロッパは、コードレベルのサポートに加え、デザインに関するガイダンス、テクノロジーやフレームワークの実装に関する意見、問題解決のアドバイス、App Reviewガイドラインと配信用ツールに関するサポートを求めることができます。オフィスアワーは世界中のタイムゾーンで、複数の言語で開催されます。
「私たちは、革新的なアプリケーションを作るときに最も役に立つことは何かについて、世界中のデベロッパからのフィードバックに耳を傾けてきました。また、Appleのエキスパートによる一対一のサポートやコンサルティングを希望する声が高まっていることも知っています。私たちのチームは世界中の多様なデベロッパのコミュニティのために、継続的なサポートの向上に取り組んでいます」とAppleのワールドワイドデベロッパリレーションズおよびエンタープライズ・エディケーションマーケティング担当バイスプレジデントであるスーザン・プレスコットは述べています。
Ask Appleは、Tech TalksやMeet with App Store Expertsなど、この1年間で200を超えるライブプレゼンテーションや数千のオフィスアワーをデベロッパに提供し、成果を挙げたプログラムを基盤としています。
アムステルダムのiOSデベロッパであるJordi Bruin氏は、App Storeで20を超えるアプリケーションを公開しており、Tech Talksや毎年開催されるAppleのWWDCを含めて、50を超えるAppleのデベロッパ向けセッションやラボに参加しています。同氏が最近公開したアプリケーションの1つ、Posture Pal - Perfect Reminderは、AirPodsのモーションセンサーを活用して、ユーザーの姿勢の改善を促すことを目的としています。アプリケーションの開発と改良プロセスにおいて、Appleのエキスパートのコンサルティングがどのように自分を導いてくれたかについて、同氏は次のように述べています。
「Posture Palの開発初期にAirPodsのモーションセンサーに関するTech Talksに参加しました。私が話したテクノロジーエバンジェリストは、パラメータやこのテクノロジーの可能性について私の理解を促してくれただけでなく、これまで考えたこともなかったようなさらに先進的な機能や使用事例についてブレインストーミングするのも助けてくれました。Appleのデザイナーも、Posture Palの初期設定について改善可能な点を指摘し、完璧な説明をしてくれたので、フィードバックにもとづいて重複している情報を削除し、アプリケーションの主な画面のデザインを簡略化しました。UXデザインのエキスパートの意見は、全体的にプロジェクトのデザインガイドラインを考えるのに役立ちました」
Ondine Bullot氏はBetter KidsのCEOであり、教育向けアプリケーションWisdom: The World of Emotionsの作者でもあります。このアプリケーションは、ゲームや拡張現実(AR)を通じて、子どもたちに気持ちをコントロールしたり、対立を解消したりなど、社会性および感情に関するスキルを教えます。Bullot氏と世界中にいる同氏のチームは、Tech Talks、Meet with App Store Experts、そしてWWDCのデジタルラウンジディスカッションなど、複数の関連するシリーズに参加しています。
「一対一のオフィスアワーに参加したときのことは、はっきり覚えています。私たちのアプリケーションの新しい機能と使用事例について考えるという点で、最もクリエイティブなセッションの1つでした。そのとき、現在取り組んでいる、Siriとアプリケーションを統合するというアイデアが浮かびました。子どもたちが『Hey Siri、私の気持ちについて助けてほしい』と言うと、アプリケーションの主人公であるWisdomが呼び出され、気持ちを落ち着かせる様々な方法をガイドしてくれるというものです。私たちのアプリケーションは、インタラクティブなゲーム、拡張現実、瞑想、実践練習、プリント可能なもの、保護者へのヒント、指導用の教材など、豊富なコンテンツを提供しています。Appleのエキスパートのフィードバックのおかげで、最近、アプリケーションのナビゲーションを刷新し、子どもたち、教育者、保護者向けに別々のルートを作り、それぞれに適したリソースをわかりやすくしました。また、子どもたち向けに、より視覚的で使いやすい瞑想用セクションも新たにデザインしました」とBullot氏は述べています。
Ask Appleは継続的に開催されるシリーズで、第1回は10月17日〜21日に開催されます。Apple Developer ProgramとApple Developer Enterprise Programの現在のメンバーは、developer.apple.com/jp/events/ask-appleにアクセスして登録し、スケジュールに関する情報を確認できます。
Ask Appleシリーズに加えて、デベロッパは何百時間ものセッションをApple DeveloperウェブサイトとApple Developerアプリケーションでオンデマンドで利用でき、一年中、いつでもどこでも都合のよい時に、最新のテクノロジーや重要なニュースをすべて一か所で、Appleから直接聞くことができます。デベロッパは、APIやフレームワークの変更に関するすべてのニュースや、Appleのヒューマンインターフェイスガイドライン、プログラムに関するお知らせ、技術記事、技術やデザインに関するビデオライブラリなど、Appleのエキスパートとエンジニアによるタイムリーで関連性の高い、実用的なコンテンツの豊富なライブラリにアクセスできます。また、Appleは、アプリケーションにおけるコーディングのトラブルシューティングを支援したり迅速な開発に向けた解決策をもたらす、テクニカルサポートエンジニアによる一対一のコードレベルのサポートをApple Developer Programのメンバー全員に提供します。
Appleは、デベロッパがアプリケーションの開発、テスト、マーケティング、15億台以上のAppleデバイスへの配信を行えるよう、多様な最先端のツールと包括的なサポートを提供しています。25万以上のAPIがあるソフトウェア開発キット(SDK)やデベロッパサービスなど、無料のツールやフレームワークが幅広く揃っており、デベロッパがiOS、iPadOS、macOS、tvOS、watchOS向けアプリケーションを構築するのをサポートします。これらのツールは、デベロッパが新しい機能を簡単にすばやくアプリケーションに追加し、機械学習や拡張現実などのパワフルな機能を利用できるようにします。AppleのDeveloper Academy、Entrepreneur Camp、App Accelerator、WWDC Student Scholarshipなどのプログラムのほか、Everyone Can CodeやSwift Playgroundsのような一般公開されているツールは、コーディングテクノロジーのパワーを利用しやすくインクルーシブなものにします。
2008年にオープンしたApp Storeは世界で最も安全で活気にあふれたアプリケーション市場、そして総数180万本を数えるアプリケーションが集まる場所として、世界175の地域から毎週5億人以上の人々が訪れています。App Storeは、年齢もバックグラウンドも異なる、クリエーター、ドリーマー、学ぶ人達が各々に必要なツールと情報を手につながり、今よりも明るい未来や良い世界を作り出すことをサポートしています。App Store向けの開発について詳しくは、apple.com/jp/app-store/developing-for-the-app-store/をご覧ください。
共有
  • 記事本文

お問い合わせ先

Apple Japan 広報部

media.jp@apple.com

03-4345-2000