あなたは管理しなくていい。つまり、一番簡単なコンテンツの管理方法です。

あなたのコンテンツに、あなたのすべてのデバイスからアクセスする。大好きな人たちと写真を共有する。なくしてしまったiPhone、iPad、iPod touch、Macを追いかける。持っているAppleのデバイスが1台でも5台でも、iCloudがそのすべてを行います。あなたはもう、
ほとんど何もしなくていいのです。

あなたの音楽、映画、アプリケーション、本。ここでも、そこでも、どこでも。

お気に入りの曲が聴きたい。アプリケーションを使いたい。読みかけの小説の続きを楽しみたい。いつ、何をしたくなるかはわからないもの。iCloudを使えば、iTunes Store、App Store、iBooksで購入したあらゆるコンテンツが、「購入」ボタンをタップしたその瞬間から、あなたのすべてのデバイスで利用できるようになります。以前に購入したコンテンツも、同様にあなたのすべてのデバイスで使えます1。しかも、何かを手元のデバイスで始めると、ほかのすべてのデバイスが、どこで中断したかを自動的に覚えておきます。

iCloudの写真共有。大好きな写真を、大好きな人たちと共有しよう。

共有フォトストリームをつくれば、あなたが見せたい写真やビデオだけを、あなたの見せたい人たちだけに簡単
に見せることができます。招待した友だちや家族は、自分の写真やビデオを追加できるほか、コメントも書き込め
ます。しかも参加している全員のデバイス上で、すべてが自動的に最新の状態に保たれます。iOS 7には便利な
「アクティビティ」ビューがあり、すべての共有ストリームの最新の状態が
一目でチェックできるようになりました。

iCloudの写真共有についてさらに詳しく

見る。見せる。コメントもつけられます。

写真を選んで共有する。フォトストリームを共有している人たちの最新の
投稿やコメントをチェックする。自分のコメントを加える。
すべてが簡単です。

iPhoneを探す。あなたの賢い忘れ物係。

iPhoneを失くしてしまってがっかり。そんな時も落ち込まないでください。iCloudが、iPhoneを取り戻すための
お手伝いをします。万が一戻ってきそうにない場合でも、iOS 7に内蔵された「iPhoneを探す」の新機能が、あなた
以外の人があなたのiPhoneを使ったり、売ったりすることを一段と難しくします。あなたのApple IDとパスワードを
入力しない限り、「iPhoneを探す」をオフにしたり、デバイス上のデータを消去できなくなったからです。さらに
「iPhoneを探す」は、デバイス上のデータが消去されたあとでも、あなたのメッセージを表示させ続けることができ
ます。誰かがiPhoneを新たにアクティベートし直そうとする場合も、あなたのApple IDとパスワードが必要です2

「iPhoneを探す」についてさらに詳しく

アプリケーションとiCloud。最新のバージョン、編集、ゲームのレベルを、どこででも。

iCloudは、あなたが毎日使うアプリケーションの多くにシームレスに組み込まれているため、あなたは
その存在に気づかないかもしれません。でも、あなたが持つすべてのデバイス上でアプリケーションが最新の
状態に保たれるよう、舞台裏で活躍し続けます。だから、iPhone上のGarageBandでつくり始めた曲を、
同じグルーブを保ったままiPadで仕上げられるのです。iCloudは他社製アプリケーションにも対応するため、
最後に書いた日記のページも、編集途中の映画の予告編も、先週始めたチェスの試合も、すべて自動的に
保存します。まさにあなたが、そうあって欲しい、と思う通りに。

Safari。ネットサーフィンの快適さは、魅力の一部にすぎません。

iCloudは、あなたのiPad、iPhone、iPod touch、Mac上のSafariで開いたタブをいつでも最新の状態に保つので、ほかのデバイスに移っても、前回と同じ場所からネットサーフィンを続けることができます。Safariのリーディングリストには、リンクだけでなく、ウェブページ自体が保存されるため、どのデバイスでも、そしてインターネットに接続できない時でも、記事の続きを読むことができます。新しく、あなたのiOSデバイスにあるSafariのブックマークを、Mac上のSafariのほか、Windowsパソコン上のInternet Explorer、Firefox、Google Chromeともシンクできるようになりました。

iCloudキーチェーン。あなたのパスワードを保存し、暗号化。使う時には自動的に入力します。

サインインが必要なウェブサイトがとても多くなってきた今、自分のアカウント情報をすべて覚えておくのは
面倒なものです。でもこれからはiCloudがあなたの代わりに、あなたのアカウント名やパスワード、クレジット
カード番号を覚えておきます。しかもMacでは、iCloudがパスワードを覚えておくだけでなく、それをつくる
ためのお手伝いもします。パスワードジェネレータが、推測されにくい、固有のオンラインアカウント用パスワード
を提案。サインインする必要がある時や、オンラインショッピングの支払いの際には、Safariがそれを自動的に
入力します。iCloudキーチェーンは、iOS 7を搭載したすべてのデバイスと、OS X Mavericksを搭載したMac
コンピュータで利用できます。情報は256ビットAESで暗号化されるので、とても安全です。

メール、カレンダー、連絡先。いつでもみんな最新です。

iCloudは、カレンダー、連絡先、Eメールなど、あなたの毎日に欠かせないものをすべて保存し、あなたの
すべてのデバイスでいつでも最新の状態に保ちます。例えばEメールを削除したり、カレンダーにイベントを追加
したり、連絡先を更新すると、iCloudがそれらをあなたのすべてのデバイス上で反映させます。メモや
リマインダーも同様です。

バックアップと復元

あなたのiPhone、iPad、iPod touchには、写真やビデオといった、あらゆる種類の大切な情報が入っているはず。iCloudは毎日、あなたがiOSデバイスを電源につないだ時に、Wi-Fi経由で自動的にデバイスのデータをバックアップし、あなたが何もしなくてもそれらをしっかり守ります。新しいiOSデバイスをセットアップする時や、持っているデバイスのデータを元の状態に戻したい時も、面倒な部分はiCloudのバックアップにまかせましょう。デバイスをWi-Fiに接続して、Apple IDとパスワードを入力。それだけで、あなたの個人データが、以前に購入した音楽、映画、アプリケーション、本と一緒にデバイス上に自動的に現れます3

ストレージ

iCloudに登録すると、自動的に5GBの無料ストレージが利用できるようになります。iCloudのストレージは、iCloudバックアップ、iCloudに保存されているアプリケーションデータと書類、iCloudメール(iCloud.comのEメールアカウント)のために使われます。もっと多くのストレージが必要になった場合は、ストレージのアップグレードをあなたのデバイス上で簡単に購入することができます。

プライバシーとセキュリティ

データのセキュリティと個人情報の保護を重視するAppleは、iCloudの機能もプライバシーに十分配慮して設計しています。

プライバシーとセキュリティについて
さらに詳しく

iCloud.com

どのMacやWindowsパソコンでも、
iCloud.comにサインインすると「iPhoneを探す」、メール、カレンダー、連絡先、メモなど、iCloudの主要な機能にアクセスできるようになります。

iCloudの設定はシンプル。

iPhone、iPad、iPod touch、Mac、Windowsパソコン。どのデバイスでも、
iCloudは簡単に使い始めることができます。新しいApple製デバイスには、
設定アシスタントが内蔵されています。そのほかのデバイスも、
ほんの数ステップですばやく設定できます。

  1. 自動ダウンロードと購入済みのアイテムのダウンロードには、iOS 4.3.3以降を搭載したiPhone 3Gs以降、iPod touch(第3世代以降)、iPad、iPad mini、iOS 5以降を搭載したiPhone 4(CDMAモデル)、iTunes 10.3.1以降を搭載したMacまたはWindowsパソコンが必要です。以前に購入したアイテムでも、現在iTunes Store、App Store、iBooksで提供されていないものは利用できない場合があります。購入済みの映画のダウンロードには、iTunes 10.6以降、iOS 5以降、またはApple TVソフトウェア4.3以降が必要です。映画によっては、以前に購入したものを他のデバイスにダウンロードできない場合があります。iTunesを無料でダウンロード
  2. 「iPhoneを探す」機能を使ってiOSデバイスを探すことができるのは、この機能がオンになっており、登録されたWi-FiネットワークにiOSデバイスが接続されているか、有効なデータプラン契約がある場合のみです。国や地域によっては一部の機能を利用できない場合があります。
  3. 一部の国では購入した音楽のバックアップを利用できません。以前に購入したアイテムでも、現在iTunes Store、App Store、iBooksで提供されていないものは復元できない場合があります。

SketchBook Pro for iPadは、今年の秋に登場するiOS 7アップデートを表示しています。

iCloudを利用するには、iOS 5以降を搭載したiPhone 3Gs以降、iPod touch(第3世代以降)、iPad、iPad mini、OS X Lion v10.7.5以降を搭載したMac、Windows 7またはWindows 8を搭載したWindowsパソコン(Eメール、連絡先、カレンダーへのアクセスにはOutlook 2007以降、または最新のブラウザ)が必要です。一部の機能にはiOS 7とOS X Mavericksが必要です。一部の機能にはWi-Fi接続が必要です。国によっては一部の機能を利用できない場合があります。一部のサービスへのアクセスは最大10台のデバイスに制限されます。