よくある質問 環境のためのAppleの
取り組みに
関する質問に
詳しくお答えします。

Appleでは、環境のための取り組みを
誰がリードしていますか。

Appleは、気候変動への対処、より安全な製品を作るための環境に配慮した素材の開発、可能な限り効率的な素材の利用に、積極的に取り組んでいます。2013年6月、AppleのCEOであるTim Cookは、環境イニシアティブ担当バイスプレジデントにLisa P. Jacksonを任命しました。環境イニシアティブのオフィスは、Apple社内の様々なチームと協力しながら、戦略の策定、利害関係者との協議、進捗の報告を行います。

Appleの取締役会は、CEOをはじめとするAppleの経営幹部が日々Appleを適切かつ倫理的に経営しているかを監督し、株主に長期的な利益がもたらされるように見届けます。現在、LisaはCEO直属の環境、政策および社会的イニシアティブ担当バイスプレジデントです。Appleでは環境に対して統合的なアプローチをとっているため、環境問題や社会問題に関する意思決定は組織の最上級レベルで検討されます。それぞれの新製品の開発期間中には、エグゼクティブチームのメンバーが、材料やデザインの選択、サプライチェーン、パッケージ、製品のエネルギー効率に焦点を当てたレビューを定期的に行います。

Appleは、Apple製品の温室効果ガスの
ライフサイクル評価をどのように行っていますか。

Appleは製品ライフサイクル評価(LCA)を5段階で実施しています。

Appleは環境に与える影響のデータについて
第三者の検証や保証を受けていますか。

はい。Appleはスコープ1、2、3の温室効果ガス排出量と、世界中にあるAppleのデータセンター、オフィス、Apple Storeにおけるエネルギー使用量、廃棄物、水への影響について、第三者の検証を受けています。ビューローベリタス(BV)からは、この環境に与える影響のデータについて、検証業界でも最高水準の結果の一つである「合理的保証」が与えられています。BVの見解はこちら(英語)でご覧いただけます。

ライフサイクル評価を使って計算された、Apple製品に関連するスコープ3の温室効果ガス排出量の質と正確さは、国際的に認められているISO14000環境管理規格であるISO14040とISO14044に従って、ドイツのフラウンホーファー研究所による検証を受けています。フラウンホーファー研究所の見解はこちら(英語)でご覧いただけます。

Appleは環境保護方針を策定していますか。

はい。Appleは環境保護、従業員とお客様の健康と安全、Appleが事業を展開する世界中のコミュニティの安全衛生のための取り組みに力を注いでいます。詳しい情報については、AppleのEnvironmental Health and Safety Policy statement(英語PDF)をご覧ください。

Appleは、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)持続可能性報告書ガイドラインをもとに
環境パフォーマンスデータを作成していますか。

Appleは、環境、社会、ガバナンスに関するポリシーとプログラムの透明性を保つために力を注いでおり、2017年の環境責任報告書(英語PDF)をはじめとする様々な公開報告書を通して自らの取り組みを公開しています。こうした報告書には、グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)G4持続可能性報告書ガイドラインからの標準開示が含まれます。AppleのGRI指標についてはこちらをご覧ください。

Appleは、人の健康と環境に有害な物質の使用を
制限していますか。

はい。Appleの規制物質仕様書では、Appleの製品、パッケージ、製造で使用が制限または禁止されている多様な物質について詳しく説明しています。すべてのApple製品は、鉛とそのほかの物質の使用を制限する欧州RoHS指令に準拠しています。また、有害物質の使用に関しては慎重な対応をとっているため、Appleが定める制限の多くは規制要件を上回っています。Appleの規制物質仕様書(英語PDF)はこちらに掲載しています。有害物質の削減と排除のためのAppleの取り組みについて詳しくは、こちらをご覧ください。

さらに、すべてのApple製品は、ベトナム版RoHSとも言われる「Circular No.30/2011/TT-BCT」(電気・電子機器中に含まれる有害化学物質の最大許容濃度に関する通知)に準拠しています。これは電子製品に含まれる主な物質とそのほかの物質を規制するものです。

Appleは、発がん性物質である臭素系難燃剤(BFR)とポリ塩化ビニル(PVC)をApple製品に使用することを制限していますか。

はい。Appleは、臭素と塩素の含有量がそれぞれ900ppm(百万分の一)未満の製品をBFRおよびPVC不使用と定義しています。900ppmという制限は電子産業で最も厳しい規制の一つであり、欧州RoHS指令で禁止されている濃度を下回っています。BFRとPVCが含まれる場合でも、毒性がもたらされるには900ppmを大幅に超える含有量が必要です。

AppleによるBFRとPVCの段階的な使用廃止には、2009年以降に製造されたすべての新しいApple製品と、2016年以降に製造されたすべてのBeats製品が含まれます。古い製品、交換部品、旧製品向けアクセサリについてはBFRとPVCを排除できない可能性がありますが、いずれも規制要件を満たすように設計されています。

REACHとは何ですか。また、AppleはどのようにしてREACH規制に準拠していますか。

化学物質の登録、評価、許可および制限に関する規則EC1907/2006(通称REACH規則)は、化学物質とその安全な使用に関する欧州規則です。欧州化学物質庁は許可候補物質リストを発行し、高懸念物質(SVHC)を識別しました。製品のSVHC使用量が重量の0.1パーセントを超える場合、製造業者は消費者への情報開示を義務づけられます。

現行の許可候補物質リストに従った場合、Apple製品には情報開示のしきい値を超えるSVHCは含まれていません。ただしApple Remote、iMac、Mac Pro、Mac miniはそれぞれ、1,2-ジメトキシエタンを含むコイン電池を使用します。コイン電池に含まれるSVHCが安全上の問題を引き起こすことはありません。コイン電池を適切な方法でリサイクルできるように、Apple Storeでは使い終わったApple製品のリサイクルを無料で受け付けています。Appleのリサイクルプログラムの詳細については、www.apple.com/jp/recyclingをご覧ください。

Appleはオゾン層破壊物質を使っていますか。

オゾン層を破壊する物質に関するモントリオール議定書の規定に従い、Appleが使用するコンポーネント、材料、製品梱包材の製造プロセスでは、オゾン層破壊化学物質(ODC)を一切使っていません。

Apple製デバイスのバッテリーを最大限に活用するにはどうすればいいですか。

バッテリーの充電方法、バッテリーのパフォーマンスの最大化、バッテリーのサービスとリサイクルについて詳しくは、www.apple.com/jp/batteriesをご覧ください。

Appleはリサイクルを行っていますか。

はい。Apple Renewプログラムを利用して、使い終わったあなたのデバイスをお近くのApple Storeかオンラインでリサイクルすることができます。回収した製品はAppleが責任を持ってリサイクルし、再利用できるものにはその機会を作ります。一部のApple製デバイス、他社製スマートフォン、ケータイ、Windowsパソコンは、お近くのApple Storeとオンラインで行っている下取りプログラムの対象になる場合があります。Appleのリサイクルと下取りプログラムの詳細については、www.apple.com/jp/recyclingをご覧ください。

Appleは、環境保護とAppleのサプライチェーンにおける従業員の権利について基準を設けていますか。

私たちは、より安全な労働環境の構築、従業員の公平な待遇、製造プロセスにおける環境面での責任ある行動の実践について高い基準を設定しています。その概要をまとめたものがAppleの行動規範です。私たちは、Appleと取引を行うすべてのサプライヤーが、Appleの行動規範と補助的基準を肯定的に遵守することを求めます。また、この規範を施行するための厳しい査定プロセスを維持しています。Appleの行動規範に対する違反が見つかった場合は、サプライヤーと協力してプロセスの改善をサポートします。Appleのサプライチェーンにおける取り組みについて詳しくは、サプライヤー責任のウェブサイトをご覧ください。