iCloud Drive。
あなたのすべてのファイルを、
あなたのすべてのデバイスで。

iCloud Driveを使えば、プレゼンテーション、スプレッドシート、PDF、画像といった
あらゆる種類のファイルをすべてiCloudの中に安全に保存して、あなたのiPhone、
iPad、iPod touch、Mac、Windowsパソコンからいつでもアクセスできます。

iCloudでのファイルの管理は、
もちろんシンプルです。

iPhoneやiPad上のiCloud Driveアプリケーションを使って、あなたのファイルにアクセス。

iOSはあなたのすべてのファイルを自動的にiCloud Driveに保存します。iOSに内蔵されたiCloud Driveアプリケーションを使えば、一つの場所で簡単にあなたのファイルを見つけたり、整理したり、共有することができます。この中には、iCloudに対応するアプリケーションを使って作成した書類も含まれます。それだけではありません。Macのデスクトップや「書類」フォルダの中にあるファイルにアクセスすることさえできます。iCloud DriveはあなたのファイルをiCloudに保存し、必要な時にいつでもアクセスできるようにすることで、ストレージの使用量を抑えられるようにします。すべてのファイルは、あなたのすべてのデバイス上で自動的に最新の状態に保たれます。

Mac上であなたのファイルにアクセス。

iCloud DriveフォルダはMac上のFinderの中に組み込まれており、そこに保存したものはすべてどこからでもアクセスできます。さらにファイルの通常の保存先であるデスクトップと「書類」フォルダも、iCloud Driveに自動的に保存して、最新の状態に保つことができるようになりました。だから2台目のMacなど、すべてのデバイス上で、それらのファイルにいつでもアクセスできます。これでもう、どこに保存したのかわからなくなることはありません。どこにでもあるのですから。

そのデバイス上で加えた編集は、
すべてのデバイス上に現れます。

iCloud Driveを使うということはつまり、あなたのすべての書類の
最新バージョンに、どのデバイスからでも、いつでもアクセスできるということ。
例えば、自宅のMacで作り始めたKeynoteプレゼンテーションをiPadで仕上げ、
そのままiPadで発表する、といった使い方もできます。途中で加えたすべての変更は、
あなたのすべてのデバイス上で自動的に反映されます。

あるアプリケーションで始めた作業を、
別のアプリケーションで仕上げられます。

これからはアプリケーションの間でファイルを共有できるようになります。だから、複数の
アプリケーションから同じファイルにアクセスして作業できます。iOSに内蔵された
iCloud Driveアプリケーションを使えば、日付、名前、あなたがMac上で加えたタグで、
簡単にファイルを検索したり、内容をチェックすることができます。必要なファイルを見つけたら、
あとは対応するアプリケーションで開いて編集するだけ。例えば、スケッチ用アプリケーションで
描き始めた絵をペイント用アプリケーションで開いて色を塗る。あるアプリケーションで作った
グラフを、プレゼンテーション用アプリケーションを使ってスライドショーに挿入する。そんな使い方が
自由自在です。アプリケーションからアプリケーションへファイルをコピーしたり、書類を
読み込んだりする必要はもうありません。まったく新しいレベルのコラボレーションが始まります。