新着情報 11月 28, 2017

Apple、プログラミングを学ぶHour of CodeをApple Store全店で開催

無料プログラミングセッション(講座)、Swift Playgroundsの新しい課題、教職員用の教材をすべての方々に提供

12月4~10日の期間、Apple Store全店舗でHour of Codeワークショップが開催されます。
Appleは本日、12月4日~10日の期間にApple Store全店で開催する、数千本に上るHour of Code無料セッションの参加予約を開始しました。Appleはこれに加えて、iPadアプリケーションSwift Playgroundsを使った新しい課題と、誰もが世界最高レベルのアプリケーションを作るのに利用できる、Appleのプログラミング言語Swiftの教育に役立つEveryone Can Codeカリキュラムを対象とした、教職員向けの新しい教材も追加しました。

Today at Apple

Apple Store各店がToday at Appleとして開催する刺激的なプログラミング講座には、お子様の想像力と創作力をかき立てるように設計されたKids Hourも含まれています。
コンピューターサイエンス教育週間(Computer Science Education Week)を記念して、Apple Store各店では毎日プログラミング講座を開催し、今年で5年目となるHour of Codeに参加します。意欲にあふれる小さなプログラマーたちはKids Hourセッションを通じてプログラミングの基本を学んだり、12歳以上であれば、iPadでSwift Playgroundsを使ってプログラミングの概念を学んだり、プログラミングにより実際にロボットを動かしたりできます。新しいTeacher Tuesdaysセッションでは教職員を対象に、新しい教材や授業のテーマを使って生徒にプログラミングを指導する方法も伝授します。

Swift Playgrounds

iPadアプリケーションのSwift PlaygroundsにはHour of Codeの新しい課題が加わり、生徒たちはSwiftを使って自分のデジタルロボットを作り上げることができます。
Swift Playgroundsアプリケーションには、まったく新しいHour of Code用の課題が追加されました。生徒たちはこれを使ってデジタルロボットを組み立てながら、サイボーグアイ(目)、電動フラフープのアーム(腕)といった新しい部品でカスタマイズできます。Swift Playgroundsは、App Storeにて無料ダウンロードにより提供中で、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、中国語を含む15言語で利用できます。

iPadを通じた教育

AppleがEveryone Can Codeとして教職員に提供するツールおよびカリキュラムは、生徒たちにプログラミングを身近なものにするお手伝いをします。
Appleが新たに打ち出したEveryone Can Codeカリキュラムには、Swift Playgroundsの新しい課題を中心とする無料のHour of Codeガイドが含まれ、これにより、学校の授業、各地のコミュニティセンター、放課後プログラムの場で、簡単にプログラミング教育を始めることができます。学校側で、Swift PlaygroundsアプリケーションとHour of Codeガイドをダウンロードすれば、いつでも簡単に、独自に1時間分のHour of Codeイベントを開催できます。
各地のApple Storeで開催されているプログラミング講座の内容や受講の申し込みは、apple.co/hourofcode をご覧ください。

メディア

Hour of Codeの画像

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先:

Apple Japan 広報部

press@apple.co.jp

03-4345-2000