最もパーソナルなテクノロジーは、
最もプライベートなもので
なければなりません。

あなたが写真、メッセージ、連絡先、クレジットカード情報を自分のApple製デバイスに加えると、
そのデバイスは一段と個人的なものになります。だから私たちは、そのようなデータを保護するための
数々の革新的な方法を生み出しています。そして自らのオペレーティングシステム、アプリケーション、
デバイス自体にも、パワフルな保護機能を組み込んでいます。あなたが毎日愛用している物は、
あなたの個人情報を安全に保つべきだからです。

Appleは、自分たちが作る
すべての製品に、プライバシーを
守る機能を組み込んでいます。

クレジットカードで支払いをする時も、友だちにメッセージを送る時も、ワークアウトを管理する時も、
写真を共有する時も、あなたの情報が悪意のある人の手に渡る心配がないようにするべきです。
あなたのデバイス上にある個人データは保護されるべきであり、それらが共有される際には、
必ずあなたの許可を得るべきです。だからAppleは、強固で革新的な保護機能を
自分たちが作るすべての製品に組み込んでいます。

暗号化

暗号化は毎日、膨大な数のオンライン取引を保護しています。買い物をする時も支払いをする時も、あなたは暗号化を利用しています。暗号化とは、正しい鍵によってのみ読むことができる解読不能なテキストにデータを変換することです。Appleは、SafariのSSLとTLS、Mac上のFileVault、iOSに組み込まれた暗号化機能を使って、あなたのデータをこれまで10年以上にわたって守り続けてきました。バックドア(情報の裏口)の追加は、私たちが組み込んだ保護機能を損なうため、すべての自社製品において認めていません。そして、Appleがほかの誰かのためにあなたのデバイスのロックを解除することはできません。その鍵となる固有のパスワードはあなた自身が持っているからです。あなたのデバイス上のデータやほかの人と共有している情報が保護されていることを、あなたに知っていてほしい。だからこそ、Appleはパワフルな暗号化機能の使用を徹底しています。

Apple Pay

Apple Payを使うと、簡単に、安全に、あなたのプライバシーを守りながら支払いができます*。Apple Payは、iPhone、iPad、Apple Watch、Mac上で利用できます。

Apple Payにクレジットカードやプリペイドカードを追加すると、Appleはあなたのカード情報をあなたのアカウントやデバイスに関するそのほかの情報と一緒に、安全な方法であなたのカード会社へ送信します。カード会社はこの情報をもとに、あなたのカードをApple Payへ追加することを承認するかどうか決定します。

あなたの実際のカード番号は、デバイス上にもAppleのサーバにも保存されません。カード番号の代わりに、独自のデバイスアカウント番号が作成され、Appleには解読できない方法で暗号化されて、あなたのデバイスの中のSecure Elementに保存されます。Secure Elementにあるデバイスアカウント番号は、あなたのiOSデバイスおよびApple Watchとは隔離されます。この番号はApple Payのサーバには決して保存されず、iCloudにバックアップされることもありません。

あなたが店頭で支払いをする時は、このデバイスアカウント番号と、その一回の決済のみに使われるダイナミックセキュリティコードが支払いの処理に使用されます。そのため、Appleも、あなたのデバイスも、あなたのクレジットカードやプリペイドカードの番号を加盟店に送信することはありません。ただしAppleは、決済のおよその時間や場所といった匿名の決済情報を受け取る場合があります。このような匿名の情報は、Apple PayをはじめとするAppleの製品やサービスの向上に役立てられます。

あなたがアプリケーションの中で支払いをする時には、Appleは暗号化された決済情報を受け取り、それを各デベロッパごとの固有キーと共に再暗号化してからデベロッパに送信します。この際にApple Payは、およその購入金額など匿名の決済情報を保持します。この情報からあなたを特定することはできず、またこの情報にあなたが購入した品目が含まれることはありません。さらにAppleは、Apple Payを使用するアプリケーションに対し、あなたのデータの使用に適用されるプライバシーポリシーをあなたが閲覧できるように表示することを義務づけています。

Apple Payのセキュリティとプライバシーについてさらに詳しく(英語)

iMessageとFaceTime

あなたのiMessageとFaceTime通話の内容は、あなた個人のものであり、Appleが知るべきものではありません。iMessageとFaceTimeでのやり取りは、あなたのすべてのデバイス上でエンドツーエンドで暗号化され、保護されます。iOSとwatchOSのiMessageでは、あなたのデバイス上で、あなたのパスコードがなくてはアクセスできない方法でも暗号化されます。iMessageとFaceTimeのデータがデバイス間で送受信されている時、Appleはそのデータを解読する方法を持っていません。そのため他社のメッセージサービスとは異なり、Appleがあなたのやり取りを解析することはなく、通信傍受の依頼に応じたいと思ったとしても、応じることはできないのです。あなたの利便性を高めるために、私たちはiCloudバックアップを使ってiMessageとSMSメッセージをバックアップしていますが、その設定はあなたが好きな時にいつでも解除できます。また、FaceTime通話の内容はいかなるサーバにも保存しません。

健康とフィットネス

ヘルスケアアプリケーションを使えば、あなたの健康とフィットネスの情報をデバイスの一か所に集めて、あなた自身で管理できます。あなたが加えたあなたに関する情報は、どう使うかも、どう共有するかもあなた次第です。ヘルスケアアプリケーションにどの情報を保存するか、そしてどの他社製アプリケーションがあなたの情報にアクセスできるかは、あなたが決定します。あなたのiPhoneがパスコードやTouch IDでロックされている時は、ヘルスケアアプリケーションにあるあなたの健康とフィットネスのデータは、すべて暗号化されます。そしてiCloudにバックアップされたすべての健康データは、送受信中もAppleのサーバ上で保存される時も暗号化されます。

また、HealthKitと連係するアプリケーションは、あなたが確認できるようにプライバシーポリシーを表示しなければいけません。ヘルスケアアプリケーション内のあなたのデータとApple Watch上のアクティビティデータは、あなたのパスコードで守られた鍵で暗号化されています。そしてアクティビティアプリケーションは、あなたのアクティビティとワークアウトのデータを、あなたのiPhone上にあるヘルスケアアプリケーションと共有することができます。

Safari

あなたがオンライン上でどこへ行き、何をしているか。それを知りたい人がたくさんいます。Safariはそんな人たちからあなたを守ります。サードパーティのCookieをブロックするようにあらかじめ設定された初めてのブラウザであり、プライベートブラウズを初めて提供したブラウザでもあるSafariは、可能な限り最も安全なネットサーフィンができるように設計されています。疑わしいサイトの読み込みも自動的に防ぎます。さらにサンドボックス化によって危険なコードを一つのブラウザタブだけに閉じ込めることができるので、そのコードがあなたの残りのデータに影響を及ぼすことはありません。

Safariのコンテンツブロッカーはこれまで長い間使われてきている機能です。コンテンツブロッカーは、不要なコンテンツをブロックし、あなたのプライバシーを一段としっかり守れるようにするためのプラットフォームを、サードパーティデベロッパのみなさんに提供します。現在Appleは、アプリケーションデベロッパのみなさんがこれらのブロッカーをiOSで利用したり、OS Xで一段と効果的に使えるようにしています。あなたはブロッカーを使ってあなたのブラウザにどのコンテンツが読み込まれるかをコントロールすることも、単独のウェブサイト上や複数のウェブサイトにわたってあなたの行動を追跡しようとする人によるコンテンツをブロックすることもできます。そしてSafariのコンテンツブロッカーへの対応は、コンテンツブロッカーがあなたが訪れるサイトの情報をデベロッパに送信できないように設計されています。

iCloud

あなたのデジタルライフの大半は、今ではクラウド上にあるはずです。だから私たちは、クラウドでの体験をシンプルで安全なものにするための取り組みを続けています。あなたにターゲット広告を送りつけるために、クラウド上にあるあなたのデータやEメールから個人情報を掘り出す企業がありますが、私たちはそのようなことはしません。

写真、連絡先、リマインダーなど、iCloud上にあるあなたのすべてのコンテンツは送信される時に暗号化され、ほとんどの場合、Appleのサーバに保存される時にも暗号化されます。あなたが利用しているあらゆるEメールアプリケーションとAppleのiCloudメールサーバ間で送受信されるすべてのデータも暗号化されます。AppleのiCloudサーバは、送受信中の暗号化を行うほかのメールサービスプロバイダとの間で送受信されるデータの暗号化にも対応しています。

私たちがあなたの情報の保存を外部の業者に依頼する場合は、その情報を暗号化し、暗号鍵は決して業者に渡しません。iCloud上にある自分のデータをあなたがバックアップ、同期、共有できるように、暗号鍵はAppleの自社データセンターに保持されます。iCloudキーチェーンによるあなたのパスワードやクレジットカード情報の保存は、Appleがそれらを読み取ったり、それらにアクセスすることができない方法で行われます。

iCloudのセキュリティについてさらに詳しく
暗号化されるiCloudデータ
  • 写真
  • 書類
  • カレンダー
  • 連絡先
  • iCloudキーチェーン
  • バックアップ
  • ブックマーク
  • リマインダー
  • iPhoneを探す
  • 友達を探す
  • メール(送受信時に暗号化)
  • メモ

プライバシーを犠牲にすることなく、
あなたに最適化された使い方ができます。

マップでレストランの場所を探す時も、Apple Musicで新しいアーティストを見つける時も、Appleはあなたにとって最高の体験を
生み出すために必要なデータしか使用しません。そして、あなたのデータを販売することは決してありません。あなたのデバイスが
よりパーソナルなものになるほど、そのデバイス上にあるデータへの配慮が一段と重要になることを私たちは知っています。

Siriと音声入力

あなたが使えば使うほど、あなたを一段と深く理解し、一段と使いやすくなる。それがSiriと音声入力です。あなたの発音を認識させて反応をさらに良いものにするため、あなたの名前、連絡先、ミュージックライブラリにある曲といった特定の情報は、暗号化されたプロトコルを使ってAppleのサーバに送られます。その際にSiriと音声入力は、あなたのApple IDではなく、ランダムな識別子によってユーザーデータをあなたのデバイスと関連付けます。Apple Watchは、あなたのiPhoneからのSiri識別子を使用します。この識別子はSiriや音声入力を一度オフにして再びオンにするといつでもリセットでき、これによってあなたとSiriや音声入力との関係が一から再スタートすることになります。Siriと音声入力をオフにすると、あなたのSiri識別子に関連付けられたユーザーデータがAppleによって削除されます。そして、Siriと音声入力の学習プロセスが再び最初から始まります。

写真アプリケーション内でSiriを使って撮影地やアルバム名で検索した時は、あなたの写真や写真に関する情報は一切Appleに送信されません。より良い検索結果をあなたに提供できるよう、アルバム名がSiriに送信されるだけです。

位置情報サービスをオンにしていれば、あなたがSiriにリクエストした時のデバイスの位置もAppleに送信されるので、あなたのリクエストに対するSiriの反応の正確さが向上します。Siriと音声入力のための位置情報サービスは、プライバシー設定でオフにすることができます。

あなたが頻繁に使うものや、それらを日常的に使用する時間にもとづいて、あなたが頼む前から便利な提案を受け取ることもできます。このような予測は、クラウドの中ではなくあなたのデバイス上に保たれるので、情報は内蔵されているすべての保護機能によって守られます。つまり、あなたのEメール、連絡先、アプリケーションの使用状況、カレンダーといったプライベートな情報は、プライベートなものであり続けるというわけです。メールアプリケーション内で提案されたイベントは、あなたによって確認されるまであなたのデバイスを離れることはありません。そしてそれらのイベントは、あなたが確認した時に初めてあなたのカレンダーに追加されます。

一部には、Appleのサーバからリアルタイムのインプットを必要とする機能もあります。地域に合わせた提案や、関連するニュースや検索結果を提供するために、ユーザーの位置情報などの情報がAppleに送信される場合もあります。私たちが情報をサーバに送信する時は、検索内容や位置情報によってあなた個人が特定されないようにするため、匿名の回転識別子を使ってあなたのプライバシーを保護します。そして、位置情報サービス、Appleから新しく登場した先を読む機能、その機能によるあなたの位置情報の使用は、いつでも無効にすることができます。

Apple Music

Apple Musicは、あなたがきっと気に入るアルバム、プレイリスト、曲を提案するなどして、あなたを夢中にするあらゆる音楽の楽しさをお届けします。Radio、For You、Connectなどの機能があなたの音楽の好みを反映できるよう、私たちはアプリケーション内であなたが行った操作に関する一部の情報を収集します。その詳細は、設定時に表示される「Apple Musicとプライバシーについて」でご覧いただけますが、こちらで読むこともできます。あなたがストリーミングで楽しむ曲は、広告目的でほかのサービスに使用されることはありません。あなたの音楽コレクションをAppleのサーバに保管したくない場合は、iCloudミュージックライブラリを解除することができます。

マップ

ほかの企業は、あなたが訪れたすべての場所の完全な履歴をもとに、あなたに関するプロフィールを作成しようと試みます。通常、それはあなたをターゲットにした広告主のためです。私たちのビジネスは広告に依存していないため、そのやり方にはまったく関心がありません。たとえしたいと思っても、できないでしょう。マップを使う時はサインインする必要がないので、あなたのことはアプリケーションを使うたびに頻繁にリセットされるランダムな識別子としてしか認識しません。さらにマップは、公共交通機関を使った経路を含むあなたの移動データを複数のセグメントに分けるように設計されているため、それぞれのセグメントをつないであなたの移動の全体像を把握することは、Appleはもちろん、ほかの誰にもできません。あなたがA地点からB地点へ移動できるようにサポートすることは、私たちにとって極めて重要です。でも、あなたが過去に訪れたA地点やB地点のすべてを知る必要はないのです。

Spotlight検索候補

Spotlightでの検索は、あなたが探しているものをデバイスの外にまで探しに行き、Wikipedia、iTunes Store、地域のニュースやマップの検索結果といった様々なソースから検索候補を提案します。Spotlightは結果を表示する前に文脈や位置情報などを考慮しますが、15分ごとに更新されるランダムな回転識別子をあなたの現在地と結びつけるだけなので、あなたのプライバシーを保護することができます。検索候補はいつでも解除することができ、Spotlightをあなたのデバイス上のローカル検索のみに限定して使い続けることもできます。Spotlightによる位置情報サービスの使用も、いつでも好きな時に解除できます。解除した場合でも、SpotlightはあなたのIPアドレスを使って大まかな位置を特定し、より関連性の高い検索候補を提案します。Appleは競合他社とは異なり、あなたの検索履歴にもとづくプロフィールを作成するために、あなたとあなたの検索行動を結びつける個人の永続識別子を使うことはありません。またAppleのパートナーに対しても、あなたやあなたのデバイスから長期間にわたる特定可能な検索履歴を作らないように制限を設けています。

あなたのお気に入りのアプリケーションの中で目的のものに一段と簡単にたどり着けるよう、私たちはディープリンクのサポートをiOSに組み込みました。ディープリンクに対応するアプリケーションがインストールされている場合は、ユーザーがタップしたリンクがそのアプリケーション内で開きます。Appleがこの機能とあなたのApple IDを関連付けたり、あなたがどのリンクをタップしたかを知ることはありません。

Appleは、あなたのデータを
守るための最良のツールを
デベロッパに提供しています。

デベロッパのみなさんが安全なアプリケーションを開発できるよう、私たちはTouch ID API、256ビット暗号化、
アプリケーション転送セキュリティなどの強固なツールを提供してきました。さらに、あなたの個人情報を保護するため、
すべてのアプリケーションをサンドボックス化しています。デベロッパのみなさんには、あなたの写真や連絡先などの
個人情報にアクセスする前に許可を求めることも義務付けています。

アプリケーション

私たちはApp Storeで、アプリケーションデベロッパのみなさんに、ユーザーのプライバシーとセキュリティを保護するために作られた明確なガイドラインに同意するように求めています。私たちのガイドラインに違反するアプリケーションが見つかった場合、デベロッパは問題に対処しなければならず、それができなければアプリケーションがApp Storeから削除されます。私たちはまた、アプリケーションがサーバへの安全な接続を簡単に行えるようにもしています。それぞれのアプリケーションがデベロッパの説明通りに機能することを確認するために、App Storeに並んでいるアプリケーションの監督も行っています。そして、あなたをさらにしっかり守るため、あなたのデバイスにアプリケーションがインストールされると、そのアプリケーションがあなたの位置情報や写真といった情報に初めてアクセスしようとする時に、あなたに許可を求めるメッセージが表示されます。もちろん一度許可したあとでも、いつでも変更を加えることができます。

Appleは、あなたのデバイス上にある特定の種類のデータへは、アプリケーションが一切アクセスできないようにしています。さらに、アプリケーションがあなたのすべてのデータへの完全なアクセスを要求できないようにもしています。これほどのセキュリティレベルを提供する企業はAppleが初めてです。私たちはこれからも引き続き、自社のプラットフォームに強固な保護機能を組み込んでいきます。

HomeKit

HomeKitは、照明やエアコンといったWi-FiやBluetoothに対応する機器を新しい方法で操作できるようにします。こうした利便性があなたのプライバシーを犠牲にすることがないよう、私たちは細心の注意を払いました。

あなたがどんな機器を操作し、それをいつ、どのように使っているかをAppleが知ることはありません。SiriはあなたのHomeKit対応機器を、あなた個人ではなく匿名のSiri識別子だけに関連付けます。Appleのデベロッパガイドラインにより、HomeKitに対応するアプリケーションによるデータの使用は、家の設定または自動化に関するサービスのみに限定されています。あなたの家に関するデータは、あなたのデバイスのキーチェーンに暗号化された状態で保存され、あなたのApple製デバイスとあなたが操作する機器の間の送受信中も暗号化されます。遠く離れた場所から家にある機器を操作する時は送信時のデータも暗号化されるので、あなたがどの機器を操作し、それをどのように使っているかをHomeKitが知ることはありません。

さらに家の照明をつけるなど、アプリケーションがあなたの位置情報をもとに自動的なアクションを起こす時は、HomeKitがこうしたアクションを主導するため、あなたの位置情報をアプリケーションが見ることはありません。また、位置情報の使用はいつでも無効にすることができます。

ResearchKitとCareKit

ResearchKitとCareKitは、iPhoneの力を活用するオープンソースのソフトウェアフレームワークです。デベロッパのみなさんはResearchKitを使って、医学研究者が研究のために意味のある確実なデータを収集できるようにするアプリケーションを開発できます。CareKitをプラットフォームにして、個人が自分の健康にもっと積極的に関われるようにするアプリケーションを作ることもできます。

一方で私たちは、あなたの個人情報のプライバシーが何より重要であることも理解しています。だからResearchKitとCareKitはどちらも、はじめからそのことに配慮して開発されました。どの研究に参加し、どのデータを研究者や医師と共有するかはあなた自身で選ぶことができ、個々のアプリケーションに提供する情報もあなたが管理できます。ResearchKitやCareKitを使用するアプリケーションがヘルスケアアプリケーションからデータを引き出せるのは、あなたが同意した場合のみです。ヘルスケアアプリケーションのデータをiCloudにバックアップするオプションを選んだ場合は、保存中も送受信中もデータは常に暗号化されます。人を対象にした健康に関する研究のためにResearchKitを使って作られたすべてのアプリケーションは、参加者からの同意を得る必要があり、機密保持の権利やデータの共有と取り扱いについての情報を提示しなくてはなりません。さらに、こうしたアプリケーションは研究が開始される前に、独立した倫理審査委員会による承認を受ける必要もあります。

特定のResearchKitの研究では、Appleは研究者として見なされる予定であり、研究者とデータを共有することに同意した被験者からデータを受信します。これにより、一段と規模の大きな研究コミュニティに加わって、Appleのテクノロジーが人々の健康管理方法をどのように改善できるかを探求することができます。

さらに詳しく

HealthKit

HealthKitは、健康とフィットネスのためのアプリケーションが集めたデータをヘルスケアアプリケーションと、もしくは各アプリケーション間で共有できるようにします。ユーザーであるあなたは、健康に関する情報のうち、どの要素を、どのアプリケーションと共有するかを自分自身で管理できます。Appleのデベロッパガイドラインは、HealthKitと連係するアプリケーションが、広告やそのほかのデータマイニングのためにヘルスケアアプリケーションのデータを使用したり第三者に開示することを禁じています。これらのアプリケーションは、あなたの許可がある場合にのみ、健康の増進や健康に関する研究のためにデータを共有することができます。さらにAppleは、HealthKitと連係するアプリケーションに、あなたが確認できるプライバシーポリシーを表示するように義務づけています。

CloudKit

CloudKitは、あなたのすべてのデバイス上で、あなたの環境設定、設定、アプリケーションのデータを最新の状態に保ちます。CloudKitを使用するアプリケーションではApple IDで自動的にサインインできるので、新規のアカウントを作成したり、追加の個人情報を提示する必要はありません。そのため新しいユーザー名やパスワードを覚える手間をかけずに、アプリケーションにあるあなたの最新情報にいつでもアクセスできます。

デフォルト設定では、デベロッパはあなたのApple IDにアクセスできず、固有の識別子にのみアクセスできます。あなたが許可すれば、デベロッパはあなたのEメールを活用し、自らのアプリケーション内で第三者があなたを見つけられるようにします。これらの許可は常にあなた自身で管理でき、いつでもオンとオフを切り替えられます。あなたが共有や公開を選ばない限り、あなたのデータがデベロッパと共有されることはありません。

CarPlay

CarPlayは、運転中にあなたがiPhoneでしたいことを安全に操作できるようにします。行き方を調べる、電話をかける、音楽を聴くなど、運転に集中したまま、あらゆることを車載ディスプレイでコントロールできます。CarPlayで表示されるものはすべてあなたのiPhoneから引き出されたものなので、iPhoneやアプリケーションに内蔵された厳格なプライバシー対策もすべてCarPlayに引き継がれます。あなたの車の情報は、CarPlayでの体験を向上させるために不可欠なものだけが活用されます。iPhoneが自らのGPSデータをあなたの車のGPSデータと組み合わせ、マップの精度を可能な限り向上させることができるのが、その一例です。

教育のプライバシー

教育は、常にAppleのDNAに組み込まれてきました。私たちは、テクノロジーにはすべての教室に変革をもたらす力があると信じています。また、保護者や学生・生徒のみなさんが学習ツールについて最良の選択ができるのは、使用する製品とサービス、そして自分たちの情報がどのように扱われるかを理解した時であることも知っています。

Appleが教育機関や学生・生徒のデータを管理する方法には、私たちのプライバシーに対する積極的な取り組みが反映されています。学生・生徒の情報を販売したり、マーケティングや広告に使用する目的で第三者と共有することは決してありません。学校はアプリケーションを購入できるため、学生・生徒のiPadにアプリケーションを配布する際は、iTunesにログインする必要がありません。

これに加えてAppleはStudent Privacy Pledgeへの誓約を行っており、Appleのテクノロジーを導入する学校において、学生・生徒、保護者、教師が共有する情報を守る取り組みをさらに推進していきます。

iTunes Uとプライバシーについてさらに詳しく

プライバシーとセキュリティについて、さらに詳しく紹介します。