動き続ける人たちのストーリー。

あなたがアクティビティのリングを完成させるモチベーションに
なるように、ここではほかのApple Watch
ユーザーがどのように
リングを完成させているかを
紹介します。

Natsumi Y.

Apple Watchは、私がより優れた
インストラクターになるための力に
なります。一段と健康的な毎日の
過ごし方も教えてくれます

Natsumiさんはヨガインストラクター兼モデルで、東京に住んでいます。彼女はレッスンを行いながら、「ヨガ」ワークアウトを使ってエクササイズのリングを完成させます。Natsumiさんは生徒たちを驚かせることが好きで、時々みんなをハイキングに連れて行くのですが、そこでは「ハイキング」ワークアウトが距離と消費カロリーを記録します。午後までにリングが完成していない場合、Natsumiさんはモデルの仕事先まで歩いて行きます。

Natsumiさんは「呼吸」文字盤を使ってヨガのレッスンを始めます。

文字盤を変える方法を見る

Jason L.

精神と身体、そして心臓を鍛える
ことの大切さを信じています

Jasonさんは指揮台の上で行う激しい運動に加えて、ワークアウトアプリケーションを使って水泳、サイクリング、ウェイトリフティングを記録し、リングを完成させることを楽しんでいます。精神的な健康の維持に関しては、呼吸アプリケーションのリマインダーが忙しい一日を過ごすJasonさんに深呼吸を促し、集中力を保てるようにサポートします。

心拍数アプリケーションにより、Jasonさんは演奏の合間に心拍数をすばやくチェックすることができます。

Apple Watchと心臓の健康についてさらに詳しく

Haley A.

私はとても負けず嫌いな性格
なので、リングを完成させた時は
いつも良い気分です

Haleyさんは米国ナショナルチームのメンバーの座を競う、オープンウォータースイミングの一流選手です。彼女は「プールスイミング」ワークアウトを使ってプールで泳いだ距離を記録し、毎朝のトレーニングセッションでエクササイズのリングを完成させます。Haleyさんは非常に競争心が強いので、ムーブとエクササイズのリングを毎日2周させることを目指しています。

Haleyさんのスイミングの測定値は、継続時間、アクティブカロリー、ラップ、距離です。

ワークアウトの測定値を設定する方法を見る

Eric G.

私たちは、自分が生身の人間である
ことをつい忘れがちですが、
Apple Watchはそのことをいつも
思い出させてくれるので便利です

65歳のEricさんは、自分の体調が万全であることに誇りを持っています。彼は自分の顧客や友だち、近所の店を訪れながら街のどこへでも歩いて行くことで、週に5回リングを完成させています。歩いている間は、リングが完成されていく様子をチェックしたり、「ウォーキング」ワークアウトやアクティビティアプリケーションで距離、カロリー、上った階数の進捗を見るのを楽しんでいます。いつしか週末も同じように、ダンスやバレーボールをしたり、自転車に乗ったりして体を動かすようになりました。

Ericさんは街歩きをする際、マップアプリケーションのターンバイターンの経路案内で道順をチェックしています。

Apple Watch上で行き方を調べる方法を見る

Yocelin S.

手首に必要な情報が
すべてそろうし、iPhoneを
持ち歩かなくてもいい。
そこが気に入っています

多忙な学生であるYocelinさんは、大学のバスケットボールチームのポイントガードでもあります。だから、じっと座り続けていることがほとんどありません。彼女は競技に適した体調を維持するためにランニングをしたりウェイトリフティングをしたりして、リングをほぼ毎日完成させています。バスケットコートや教室にいない時には、3人の弟たちを世話することで、ムーブの消費カロリーとエクササイズの時間をさらに積み上げています。Apple Watchがリマインダーで就寝時刻を知らせなければ、彼女はいつまでも休まないかもしれません。

Yocelinさんはワークアウト中や試合の前にはいつも、AirPodsでお気に入りの曲を聴き、モチベーションをもらっています。

Apple Musicをストリーミングする方法を見る

Atilla K.

Apple Watchを使った
ワークアウトが大好きです。Apple Watchには邪魔する
ものがなく、必要なものだけが
そろっているので

以前はソファに寝転がってテレビばかり観ていたのに、熱心なマラソンランナー、サイクリスト、スイマーに生まれ変わったAtillaさん。その変身はApple Watchのおかげだと言います。リングを完成させるために、彼は毎日2つのワークアウトを確実に予定に組み込み、20キロランではApple Musicをストリーミングしてモチベーションをキープします。リングを完成させることに病みつきになっているため、完成できていない場合は、夕方に「サイクリング」か「オープンウォータースイミング」のワークアウトをして必ず目標を達成するようにしています。

Atillaさんは、ランの途中でいつでも直近1キロのラップタイムがわかるように、ローリングペースを使っています。

あなたのランをさらに効果的なものにする方法を見る

あなたのスタイルに合った
Apple Watchを見つけてください。

モデルを比較する