誰もが操作できるテレビです。

Apple TVは、すべての人がテレビの未来を体験できるようにする支援技術を内蔵しています。ドラマのセリフを聴かなくても、すべてのセリフを楽しめます。映画のシーンを見なくても、すべてのシーンがわかります。夜更かししながら見たかったドラマのシーズンを一気見する時も、リモコンを手に取る必要さえありません。

スイッチコントロールとPlatform Switching

Apple TVのスイッチコントロール

スイッチコントロールは、身体機能に広範な障がいがある方向けのパワフルなアクセシビリティテクノロジーです。この機能は、Bluetooth対応の様々なスイッチハードウェアを使って画面上にある項目の間を順番に移動しながら、選択、タップ、ドラッグ、入力、メディア再生のコントロールといった特定のアクションを実行できるようにします。さらにPlatform Switchingが、あなたのApple TVをあなたのiPhone、iPad、Macから直接コントロールできるようにするので、新しいApple TV上で個別にスイッチを設定する必要がありません1

Bluetoothキーボード

ジェスチャーやスイッチコントロールを使う代わりに、Bluetoothキーボードを使ってApple TVを操作したり、文字を入力することもできます2

Apple TVのスイッチコントロール

Siriと音声入力

Apple TVのSiri

Siri Remoteを使うと、あなたの声で指示が出せるので、画面上で操作する必要がありません。「アンディ・サムバーグの映画を見つけて」「5分巻き戻して」「Huluを開いて」など、様々なことをSiriに頼めます3。音声入力で検索フィールドに入力することも、ユーザー名とパスワードのスペルを声に出すだけでアプリケーションにサインインすることもできます。

Touchサーフェスの感度

Siri Remote上のTouchサーフェスを、あなたが好むコントロールスタイルに合わせてカスタマイズできます。トラッキングを「高速」に設定すると、より小さな親指の動きで画面上のより長い距離を移動できるようになります。逆にトラッキングを「低速」に設定すると、より大きな動きでも移動距離が短くなります。

Apple TVのSiri

関連情報

サポート

ユーザガイド

Apple TVユーザガイド(タグ付きHTML)

Apple TVユーザガイドさらに詳しく

Apple TVユーザガイド(iBooks)

iBooks StoreでApple TVユーザガイドを開く

このほかのApple製品にも身体機能のためのアクセシビリティ機能が
組み込まれています。
そのすべてを紹介します。