視覚

あらゆる視点を取り入れました。

AirPodsを装着し、盲導犬と歩いている視覚に障がいのある女性

VoiceOver

スクリーンが映していることを話します。

VoiceOverは、デバイス上で起きていることを正確に説明する業界最先端の画面読み上げ機能です。人物、オブジェクト、テキスト、グラフもかつてないほど詳しく説明します。要素の説明を耳で聞くことで、タッチスクリーンまたはトラックパッド上でのシンプルなジェスチャーやBluetoothキーボードを使ってスクリーンを簡単に操作できます。タッチスクリーンやトラックパッド上でダイヤルのように機能する独自のロータージェスチャーを使えば、ウェブサイトなどのコンテンツの閲覧も思いのまま。VoiceOverは60以上の言語と地域に対応。たくさんの声の中から好きなものを選べます1

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、HomePod

VoiceOverは、デバイス上で起きていることを正確に説明する業界最先端の画面読み上げ機能です。人物、オブジェクト、テキスト、グラフもかつてないほど詳しく説明します。要素の説明を耳で聞くことで、タッチスクリーンまたはトラックパッド上でのシンプルなジェスチャーやBluetoothキーボードを使ってスクリーンを簡単に操作できます。タッチスクリーンやトラックパッド上でダイヤルのように機能する独自のロータージェスチャーを使えば、ウェブサイトなどのコンテンツの閲覧も思いのまま。VoiceOverは60以上の言語と地域に対応。たくさんの声の中から好きなものを選べます1

アップデート:

新しい言語と声。VoiceOverに対応する言語と地域が、ベンガル語(インド)、ブルガリア語、カタロニア語、マレー語、スペイン語(チリ)、ウクライナ語、ベトナム語など、20以上追加されます。支援機能のために最適化された新しい声のオプションも数多く加わり、好きな声を選べます。

AssistiveTouchとVoiceOver。iPhoneでVoiceOverを使う場合に、Apple WatchのAssistiveTouchでiPhone上のVoiceOverの設定を変更できるようになりました。

Apple WatchのVoiceOverが点字とキーボードに対応。VoiceOverのユーザーは、互換性のあるBluetooth対応の点字デバイスやキーボードをApple Watchとペアリングできます。

VoiceOverのためのテキストチェッカー。スペースの重複、空白の行、大文字の間違いなど、書類やEメール内でよくあるフォーマットのエラーをMac上で見つけて、ほかの人と共有する前に編集できます。

VoiceOver + 点字

あなたにぴったりな
点字の体験を。

VoiceOverは、画面に何が表示されているかを点字でも正確に説明します。Bluetooth経由で更新式点字ディスプレイをApple製デバイスに接続して使ったり、点字画面入力でタッチスクリーン上に直接点字を入力することも。点字はMacのキャプションパネルで自動的にテキストに変換されるので、視覚に障がいがない方もVoiceOverの読み上げを目で追えます。更新式点字ディスプレイや互換性のあるBluetooth対応の点字キーボードは、Apple Watchでも使うことができます2。iOSとiPadOSには70以上の、macOSには100以上の更新式点字ディスプレイが対応しているので、あなたにぴったりの点字体験が見つかるでしょう。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV

VoiceOverは、画面に何が表示されているかを点字でも正確に説明します。Bluetooth経由で更新式点字ディスプレイをApple製デバイスに接続して使ったり、点字画面入力でタッチスクリーン上に直接点字を入力することも。点字はMacのキャプションパネルで自動的にテキストに変換されるので、視覚に障がいがない方もVoiceOverの読み上げを目で追えます。更新式点字ディスプレイや互換性のあるBluetooth対応の点字キーボードは、Apple Watchでも使うことができます2。iOSとiPadOSには70以上の、macOSには100以上の更新式点字ディスプレイが対応しているので、あなたにぴったりの点字体験が見つかるでしょう。

アップデート:

Apple WatchのVoiceOverが点字とキーボードに対応。VoiceOverのユーザーは、互換性のあるBluetooth対応の点字デバイスやキーボードをApple Watchとペアリングできます。

2D点字に対応。iOSとmacOSが、新しい2D点字ディスプレイに対応するようになりました。

読み上げコンテンツ

書き言葉から話し言葉へ。

画面の読み上げ機能を使えば、画面上のあらゆるコンテンツを読み上げさせることができます。特定の範囲のテキストを選んで聞きたい時は「選択項目の読み上げ」をどうぞ。読み上げられている単語や文章、またはその両方を、好きな色とスタイルで強調表示することもできます。読み上げコントローラを使って、読み上げの再生中にそのペースをより正確に操作することもできます。入力した文字を一つひとつ読み上げさせるには、入力フィードバックを有効にしましょう。読み上げコンテンツは60を超える言語と地域に対応。支援機能のために最適化された新しい声のオプションも数多く加わりました1。言語は自動で検出され、声の切り替えもシームレスなので、無機質に感じることは決してありません。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac

画面の読み上げ機能を使えば、画面上のあらゆるコンテンツを読み上げさせることができます。特定の範囲のテキストを選んで聞きたい時は「選択項目の読み上げ」をどうぞ。読み上げられている単語や文章、またはその両方を、好きな色とスタイルで強調表示することもできます。読み上げコントローラを使って、読み上げの再生中にそのペースをより正確に操作することもできます。入力した文字を一つひとつ読み上げさせるには、入力フィードバックを有効にしましょう。読み上げコンテンツは60を超える言語と地域に対応。支援機能のために最適化された新しい声のオプションも数多く加わりました1。言語は自動で検出され、声の切り替えもシームレスなので、無機質に感じることは決してありません。

アップデート:

新しい言語と声。読み上げコンテンツに対応する言語と地域が、ベンガル語(インド)、ブルガリア語、カタロニア語、マレー語、スペイン語(チリ)、ウクライナ語、ベトナム語など、20以上追加されます。支援機能のために最適化された新しい声のオプションも数多く加わりました。

拡大鏡

カメラを使って、
もっとよく見ることが
できます。

拡大鏡は、デジタル版の虫めがねのように機能します。iPhoneやiPadのカメラを使って、メニューや標識など、レンズを向けたあらゆる物理的なもののサイズを拡大するので、画面上ですべてのディテールをはっきりと見ることができます。フラッシュを使って対象物に光を当てたり、フィルタを調整して色を見分けやすくしたり。特定のフレームをフリーズさせてクローズアップで静止画像を見ることもできます。iPadのSplit Viewでは、画面の一方で拡大鏡を使って物理的なもののサイズを拡大しながら、もう一方でメモを取ったりEメールを書くことも。拡大鏡の検出モードでは、カメラ、LiDARスキャナ、デバイス上の機械学習を組み合わせることで、人の検出、ドアの検出、画像説明など、あなたの周囲の状況をより詳しく伝える賢いツールが使えるように3。人の検出機能を使えば、近くにいる人との距離を測定できます。ドアの検出機能は、ドアやテキストだけでなく、トイレや禁煙のサイン、車椅子が使える入口の標識なども識別して、目的地まであと少しの距離を案内4。画像説明は、カメラの視野の中にあるアイテムについて一段と詳しく説明します。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad

拡大鏡は、デジタル版の虫めがねのように機能します。iPhoneやiPadのカメラを使って、メニューや標識など、レンズを向けたあらゆる物理的なもののサイズを拡大するので、画面上ですべてのディテールをはっきりと見ることができます。フラッシュを使って対象物に光を当てたり、フィルタを調整して色を見分けやすくしたり。特定のフレームをフリーズさせてクローズアップで静止画像を見ることもできます。iPadのSplit Viewでは、画面の一方で拡大鏡を使って物理的なもののサイズを拡大しながら、もう一方でメモを取ったりEメールを書くことも。拡大鏡の検出モードでは、カメラ、LiDARスキャナ、デバイス上の機械学習を組み合わせることで、人の検出、ドアの検出、画像説明など、あなたの周囲の状況をより詳しく伝える賢いツールが使えるように3。人の検出機能を使えば、近くにいる人との距離を測定できます。ドアの検出機能は、ドアやテキストだけでなく、トイレや禁煙のサイン、車椅子が使える入口の標識なども識別して、目的地まであと少しの距離を案内4。画像説明は、カメラの視野の中にあるアイテムについて一段と詳しく説明します。

アップデート:

検出モードの改良。検出モードでは、人の検出に加えて、ドアの検出と画像の説明ができます。カメラをLiDARスキャナ、デバイス上の機械学習と組み合わせることで、近くにあるドアとそこまでの距離を認識してあなたに知らせたり、標識に書かれているテキストを読み上げます。

拡大鏡のアクティビティ。拡大鏡のアクティビティを使えば、カメラ、明るさ、コントラスト、フィルタなど、繰り返し行うタスクや状況でよく使う拡大鏡のコントロールを保存できます。保存済みのアクティビティをタップするだけで、特定の環境、タスク、時間帯でよく使う拡大鏡の設定にすばやく戻れます。

テキストサイズ

文字をより大きく、より太く。アプリごとに調整できます。

シンプルなフォント調整で、テキストをさらに読みやすく、見やすくできます。「さらに大きな文字」機能は、アクセシビリティスライダを使って文字のサイズを調整できるようにします。「文字を太くする」をオンにすれば、画面上で文字を太く表示できます。よく使う設定を、あなたが選んだアプリだけに適用することもできます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Apple Watch

シンプルなフォント調整で、テキストをさらに読みやすく、見やすくできます。「さらに大きな文字」機能は、アクセシビリティスライダを使って文字のサイズを調整できるようにします。「文字を太くする」をオンにすれば、画面上で文字を太く表示できます。よく使う設定を、あなたが選んだアプリだけに適用することもできます。

アップデート:

Apple Watchのコントロールセンターでテキストサイズを変更。Apple Watchで、コントロールセンターから直接、テキストサイズをすばやくダイナミックに変更できるようになりました。

ディスプレイの設定

あなたにぴったりな
表示をどうぞ。

あなたの使い方に合わせてディスプレイの設定を変更しましょう。iOSとiPadOSでは、ディスプレイの設定をアプリごとに適用することもできます。色覚異常に対するサポートとして用意された様々なカラーフィルタから最適なものを選んだり、iOS、iPadOS、macOSで「カラーを反転」をオンにして値やコントラストを瞬時に変更したり。macOSでポインタのサイズを大きくすれば、より使いやすく、見つけるのも簡単です。マウスポインタをカスタマイズして、画面上で動いたり変化するポインタをより見つけやすくすることも。ボタンの形、透明度のレベルといった一般的な設定から選べます。設定が完了したらiPhoneまたはApple Watchでオン/オフラベルを有効にすれば、何がオンで何がオフかを見分けやすくなります。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV

あなたの使い方に合わせてディスプレイの設定を変更しましょう。iOSとiPadOSでは、ディスプレイの設定をアプリごとに適用することもできます。色覚異常に対するサポートとして用意された様々なカラーフィルタから最適なものを選んだり、iOS、iPadOS、macOSで「カラーを反転」をオンにして値やコントラストを瞬時に変更したり。macOSでポインタのサイズを大きくすれば、より使いやすく、見つけるのも簡単です。マウスポインタをカスタマイズして、画面上で動いたり変化するポインタをより見つけやすくすることも。ボタンの形、透明度のレベルといった一般的な設定から選べます。設定が完了したらiPhoneまたはApple Watchでオン/オフラベルを有効にすれば、何がオンで何がオフかを見分けやすくなります。

ズーム

見やすいように画面を
拡大できます。

ズームは、デバイスに表示されているコンテンツを拡大できる画面拡大機能です。フルスクリーンで拡大することも、拡大した領域を別のウインドウで表示しながらほかの部分をもとの大きさのまま残すピクチャ・イン・ピクチャ表示で使うこともできます5。VoiceOverと連携させれば、画面上で起きていることがこれまで以上によく見え、よく聞こえるように。Macの分割画面のズーム機能では、コンテンツを同時に違う拡大率で見ることができます。ディスプレイが2台ある場合は、カスタマイズできるマルチズーム設定により、1台を標準解像度のまま、もう1台をズームした状態で表示できます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV

ズームは、デバイスに表示されているコンテンツを拡大できる画面拡大機能です。フルスクリーンで拡大することも、拡大した領域を別のウインドウで表示しながらほかの部分をもとの大きさのまま残すピクチャ・イン・ピクチャ表示で使うこともできます5。VoiceOverと連携させれば、画面上で起きていることがこれまで以上によく見え、よく聞こえるように。Macの分割画面のズーム機能では、コンテンツを同時に違う拡大率で見ることができます。ディスプレイが2台ある場合は、カスタマイズできるマルチズーム設定により、1台を標準解像度のまま、もう1台をズームした状態で表示できます。

ポイントしたテキストの拡大

読んでいるところを
瞬時に大きく。

ポイントしたテキストの拡大機能は、iPadやMac上で、またはあなたが観ているApple TVのコンテンツの中で、文字を一段と見やすくします。段落、テキストボックス、キャプション、見出しの文字が小さすぎて読みにくい場合は、読みたい部分にポインタを重ねてアクティベーションキーを押すだけ。選択した部分をより大きく、高解像度で表示できます。最も読みやすいフォントや色を選ぶこともできます。

利用できるデバイス:

iPad、Mac、Apple TV

ポイントしたテキストの拡大機能は、iPadやMac上で、またはあなたが観ているApple TVのコンテンツの中で、文字を一段と見やすくします。段落、テキストボックス、キャプション、見出しの文字が小さすぎて読みにくい場合は、読みたい部分にポインタを重ねてアクティベーションキーを押すだけ。選択した部分をより大きく、高解像度で表示できます。最も読みやすいフォントや色を選ぶこともできます。

ポイントしたテキストの拡大を設定する:

アップデート:

iPadでポイントしたテキストの拡大。iPadのディスプレイ上で、入力フィールド、メニュー項目、ボタンラベルなどの文字が読みやすくなります。

Apple TVでポイントしたテキストの拡大。ポイントしたテキストの拡大機能を使えば、Apple TVでコンテンツを観ている時に小さいテキストを拡大できます。

iWork

作業の流れを
あなたに合わせて。

Pages、Numbers、Keynoteには、あなたも、受け取り手もアクセスしやすい書類、スプレッドシート、プレゼンテーションを作るのに役立つ機能がいくつも用意されています。支援技術を利用する方にあなたのプレゼンテーションがより伝わりやすいように、画像、オーディオ、ビデオに説明を加えてみましょう。画面読み上げ機能が簡単に特定して操作できるような見出しを追加すれば、Pagesの書類がよりスキャンしやすくなります。VoiceOverのレイアウトローターは、選択した要素の位置を自動的にそろえて、書類の見た目や読み上げられ方を思い通りに仕上げられるようにします。VoiceOverがオーディオグラフに対応するのを利用してデータをよりわかりやすく伝えたり、行間や単語間の間隔調整ツールを使って書類を読みやすくしたり、簡単に編集することもできます。余分なスペースや大文字と小文字の書き分けなど、よくあるフォーマットのエラーを探すには、新しいテキストチェッカーツールを使いましょう。書類、スプレッドシート、プレゼンテーションのチェックがさらに簡単になります。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac

Pages、Numbers、Keynoteには、あなたも、受け取り手もアクセスしやすい書類、スプレッドシート、プレゼンテーションを作るのに役立つ機能がいくつも用意されています。支援技術を利用する方にあなたのプレゼンテーションがより伝わりやすいように、画像、オーディオ、ビデオに説明を加えてみましょう。画面読み上げ機能が簡単に特定して操作できるような見出しを追加すれば、Pagesの書類がよりスキャンしやすくなります。VoiceOverのレイアウトローターは、選択した要素の位置を自動的にそろえて、書類の見た目や読み上げられ方を思い通りに仕上げられるようにします。VoiceOverがオーディオグラフに対応するのを利用してデータをよりわかりやすく伝えたり、行間や単語間の間隔調整ツールを使って書類を読みやすくしたり、簡単に編集することもできます。余分なスペースや大文字と小文字の書き分けなど、よくあるフォーマットのエラーを探すには、新しいテキストチェッカーツールを使いましょう。書類、スプレッドシート、プレゼンテーションのチェックがさらに簡単になります。

iWorkを設定する:

アップデート:

iWorkのためのテキストチェッカー。余分なスペースや大文字と小文字の書き分けなど、よくあるフォーマットのエラーを見つけて、書類、スプレッドシート、プレゼンテーションのチェックをより簡単にします。

バリアフリー音声ガイド

情景がすみずみまで
聴こえます。

iPhone、iPad、Mac、Apple TVで映画を楽しむ時に、すべてのシーンの詳しい音声ガイドを聞くことができます。Apple TVアプリまたはiTunes Storeで、映画のタイトルの下に「AD」アイコンがあることを確認してください。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple TV、Windowsパソコン、スマートテレビ

iPhone、iPad、Mac、Apple TVで映画を楽しむ時に、すべてのシーンの詳しい音声ガイドを聞くことができます。Apple TVアプリまたはiTunes Storeで、映画のタイトルの下に「AD」アイコンがあることを確認してください。

アクセシビリティの
ショートカット

よく使うアプリに、よく使う
設定への近道を。

コントロールセンターまたはシステム設定で、最もよく使うツールや設定のためのショートカットを簡単に追加、整理、カスタマイズできます。アクセシビリティのショートカットなら、サイドボタン、Digital Crown、または電源ボタンをトリプルクリックするだけで、iPhone、iPad、Apple Watch、Macでよく使うアクセシビリティ機能にすばやくアクセス。拡大鏡、「テキストサイズ」、「サウンド認識」をコントロールセンターに追加すれば、いつでもすぐに使えます。「聴覚」を追加すれば、使用中のアプリから離れることなく、ライブリスニングやヘッドフォン調整にすばやくアクセスできます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch

コントロールセンターまたはシステム設定で、最もよく使うツールや設定のためのショートカットを簡単に追加、整理、カスタマイズできます。アクセシビリティのショートカットなら、サイドボタン、Digital Crown、または電源ボタンをトリプルクリックするだけで、iPhone、iPad、Apple Watch、Macでよく使うアクセシビリティ機能にすばやくアクセス。拡大鏡、「テキストサイズ」、「サウンド認識」をコントロールセンターに追加すれば、いつでもすぐに使えます。「聴覚」を追加すれば、使用中のアプリから離れることなく、ライブリスニングやヘッドフォン調整にすばやくアクセスできます。

アクセシビリティのショートカットを設定する:

視差効果を減らす

スクリーン上の動きを
シンプルに。

「視差効果を減らす」をオンにすると、画面上の要素の動きを減らせます。アプリ間の移動やアプリの起動など、画面上で一部のアクションが視覚的によりシンプルになるので、動きに敏感な方に優しくなり、目の負担を軽減できます。あなたが選んだアプリだけに「視差効果を減らす」の設定を適用することもできます。

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV

「視差効果を減らす」をオンにすると、画面上の要素の動きを減らせます。アプリ間の移動やアプリの起動など、画面上で一部のアクションが視覚的によりシンプルになるので、動きに敏感な方に優しくなり、目の負担を軽減できます。あなたが選んだアプリだけに「視差効果を減らす」の設定を適用することもできます。

音声入力

声に出したら、文になります。

音声入力を使うと、声で文字を入力できます。しかも、対応言語は60以上。あなたが言った言葉をテキストに変換するには、テキストフィールドでオンスクリーンキーボード上のマイクボタンをタップするだけ。Macのシステム設定にある「アクセシビリティ」設定で音声入力を有効にすることもできます。声とタッチの切り替えもスムーズ。キーボードで入力する。カーソルを移動する。QuickTypeの候補を挿入する。音声入力を止めなくても、そのすべてをこなせます6。句点、読点、疑問符などは、あなたが話す通りに自動的にテキストに追加され7あなたの声だけでメッセージに絵文字を挿入するのも簡単です8

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV

音声入力を使うと、声で文字を入力できます。しかも、対応言語は60以上。あなたが言った言葉をテキストに変換するには、テキストフィールドでオンスクリーンキーボード上のマイクボタンをタップするだけ。Macのシステム設定にある「アクセシビリティ」設定で音声入力を有効にすることもできます。声とタッチの切り替えもスムーズ。キーボードで入力する。カーソルを移動する。QuickTypeの候補を挿入する。音声入力を止めなくても、そのすべてをこなせます6。句点、読点、疑問符などは、あなたが話す通りに自動的にテキストに追加され7あなたの声だけでメッセージに絵文字を挿入するのも簡単です8

アップデート:

まったく新しい音声入力体験。デバイスで音声入力をしている時に、声とタッチをスムーズに切り替えられます。キーボードで入力して、テキストフィールドをタップし、カーソルを移動して、QuickTypeの候補を挿入する。音声入力を止めなくても、そのすべてをこなせます。

句読点の自動入力。音声入力は、あなたが話す通りに読点、句点、疑問符を追加します。

絵文字に対応。デバイスで音声入力をしている時に、声で絵文字を加えられます。

メッセージアプリのテキストフィールドに音声入力。メッセージアプリのテキスト入力フィールドで、音声入力アイコンが使えます。

音声入力のポップオーバー。新しいカーソルポップオーバーをタップすれば、音声入力を簡単に止められます。

ダークモード

目に映るすべてを
目にやさしく。

ダークモードは、スクリーン上のあらゆる要素を暗めの配色に変換して読みやすくします。ツールバーとメニューが背景に溶け込み、あなたのコンテンツがスクリーンの主役に。メール、Safari、カレンダーなどのアプリでは、暗めの背景に文字が明るく表示されるので、薄暗い場所でも文字が一段と読みやすくなります9

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple TV

ダークモードは、スクリーン上のあらゆる要素を暗めの配色に変換して読みやすくします。ツールバーとメニューが背景に溶け込み、あなたのコンテンツがスクリーンの主役に。メール、Safari、カレンダーなどのアプリでは、暗めの背景に文字が明るく表示されるので、薄暗い場所でも文字が一段と読みやすくなります9

ダークモードを設定する:

Siri

声だけで、探しているものを見つけられます。

Siriは、あなたが毎日するタスクをこなすお手伝いをします。ファイルを見つける。リマインダーを設定する。アクセシビリティ機能のオンとオフを切り替える。ほかにもたくさんのことをSiriに頼めます。一連のアクションやタスクを効率化したい場合は、Siriを使ってショートカットアプリからショートカットを実行しましょう。独自のショートカットを作っておけば、「Hey Siri」と話しかけてショートカットの名前を言うだけで実行できます。どのApple製品を使っていても、おなじみのアシスタントがいつでもお手伝いします10

利用できるデバイス:

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、Apple TV、HomePod、AirPods

Siriは、あなたが毎日するタスクをこなすお手伝いをします。ファイルを見つける。リマインダーを設定する。アクセシビリティ機能のオンとオフを切り替える。ほかにもたくさんのことをSiriに頼めます。一連のアクションやタスクを効率化したい場合は、Siriを使ってショートカットアプリからショートカットを実行しましょう。独自のショートカットを作っておけば、「Hey Siri」と話しかけてショートカットの名前を言うだけで実行できます。どのApple製品を使っていても、おなじみのアシスタントがいつでもお手伝いします10

アップデート:

Siriの待機時間。あなたが質問してからSiriが応答するまでの時間を調整できるようになりました。

Siriによる通知の読み上げがヒアリングデバイスに対応。「Made for iPhone」ヒアリングデバイスのユーザーは、iPhoneやiPadからの通知をSiriに読み上げさせることができるようになりました。

Siriを使って通話を終了。「Hey Siri、通話を終了して」と話しかけるだけで、電話やFaceTimeの通話を終了できます11

通話に対する自動応答の切り替え。Siriに頼んで、電話とFaceTimeの通話に対する自動応答のオンとオフを切り替えられます。

Apple Watch上のAssistiveTouch。Siriを使って、Apple Watch上でAssistiveTouchのオンとオフを切り替えられます。

関連情報

Hadley(ハドレー)

iPhone、iPad、Apple TV、Apple Watchに内蔵された視覚のためのアクセシビリティ機能の使い方に関するトレーニングチュートリアルです。

さらに詳しく(英語)

AppleVis.com

視覚に障がいがあるApple製品ユーザーのコミュニティに参加できます。

さらに詳しく(英語)

点字ユーザガイド

Apple製品のユーザガイドの統合された点字版(英語)をダウンロードできます。エンボス加工印刷版を注文することもできます。

さらに詳しく

必要に応じて カスタマイズ。「選択項目の読み上げ」機能を紹介している。

Appleのアクセシビリティ機能を
もっと紹介します。

さらに詳しく