あらゆる体の動きを
考えて作られた時計です。

Apple Watchはあなたの日々の運動量を記録し、ワークアウトを測定し、健康的な習慣を続けられるように励まします。アクセシビリティ機能を組み込んでいるので、どんなフィットネスの動きも正確に計測できます。ミーティングの時間を優しいタップで知らせることも、テキストメッセージを読み上げることもできます。

VoiceOver

Apple WatchのVoiceOver

VoiceOverはジェスチャーで操作する画面読み上げ機能です。Apple Watchのスピーカーを使って画面上で起きていることをすべて読み上げることで、画面を見なくてもApple Watchを操作できるようにサポートします。Apple WatchのVoiceOverは内蔵アプリケーションに対応し、35以上の言語で利用できます。「Tapticタイム」をオンにすると、Taptic Engineからの特徴的なタップの連続で時刻をさりげなくお知らせします。画面をダブルタップするだけで時間と分を、指1本で3回タップすると分のみを感じることができ、「数字」「簡潔」「モールス信号」の3つのTapticスタイルが選べます。

Apple WatchのVoiceOver

フォントの調整

テキストサイズを拡大すると、メール、メッセージ、設定といったDynamic Type機能に対応しているApple Watchの様々なアプリケーションのテキストがより大きく、より読みやすいサイズになります。「文字を太くする」を選んで、すべての内蔵アプリケーションの文字をもっと太くすることもできます。

ズーム

Digital Crownで画面を上下に動かしながらコンテンツを簡単に拡大できます。元のサイズの最大15倍まで拡大できるので、Apple Watchのすべての機能を活用しやすくなります。

グレースケール

色のない画面のほうが見やすい方のために、Apple Watchでは画面上にあるものをグレースケールで表示することができます。一度設定したフィルタはシステム全体に適用されるため、ホーム画面やアプリケーションなどもグレーの色調だけで映し出されます。

特大の文字盤

Apple Watchには数多くの文字盤が用意されていて、自由に変更したりカスタマイズすることができます。その中の一つは数字を画面いっぱいに表示するので、時刻がより見やすくなります。

透明度を下げる

通知やSiriといった機能では、Apple Watchの背景の透明度を下げることで画面のコントラストを上げることができます。

オン/オフラベル

Apple Watchで設定がオンであるかオフであるかをわかりやすくするために、オンとオフのスイッチに追加のラベルを表示させることができます。

視差効果を減らす

「視差効果を減らす」をオンにすると、ホーム画面のアイコンの動きなど、画面の一部の要素がよりシンプルなものになり、ジェスチャーでより直接的な操作ができるようになります。

関連情報

サポート

Appleアクセシビリティサポート

Appleアクセシビリティサポートでさらに詳しく

外部の関連情報

AppleVis.com

視覚に障がいがあるApple製品ユーザーのコミュニティに参加できます。

AppleVis.comについてさらに詳しく(英語)

VIPhoneのディスカッションリスト

VoiceOverやそのほかのApple製品を使っているユーザーのコミュニティとつながることができます。

VIPhoneのディスカッションリストについてさらに詳しく(英語)

Mac-cessibility Network

視覚に障がいのある方々による、Apple製品の利用に関する情報がそろっています。

Mac-cessibility Networkについてさらに詳しく(英語)

Hadley Institute for the Blind and Visually Impaired(ハドレー盲学校)

watchOSの視覚アクセシビリティ機能の使い方に関するヒントを盛り込んだ、トレーニングビデオを見ることができます。

Hadley Institute for the Blind and Visually Impairedについてさらに詳しく(英語)

デベロッパ向け関連情報

デベロッパのためのAppleのアクセシビリティ

デベロッパのみなさんが、自らが開発したアプリケーションを、障がいのある方々にとってより使いやすいものにするための関連情報です。

デベロッパのためのAppleのアクセシビリティについてさらに詳しく(英語)

Apple Watchのアクセシビリティ機能を有効にする。

  • Apple Watch上で

    1. 「設定」を開く。
    2. 「一般」を選択して、「アクセシビリティ」を選ぶ。
    3. 使いたい機能を選択してオンにする。
  • iPhone上で

    1. 「Watch」を開く。
    2. 「マイウォッチ」タブで「一般」を選択して、「アクセシビリティ」を選ぶ。
    3. 使いたい機能を選択してオンにする。

このほかのApple製品にも視覚のためのアクセシビリティ機能が
組み込まれています。
そのすべてを紹介します。