家族のために最良のことをしたい。
その気持ちは私たちも一緒です。

iPhone、iPad、Mac、Apple Watch、そしてApple TV。学んだり、探求したり、
誰かとつながっているために作られた、かつてないほどパワフルなこれらのツールは、
保護者のみなさんと子どもたちを夢中にさせていることでしょう。そこで私たちは、
子どもたちが確実にあなたの意向に沿って使えるように、新しい機能を作り続けています。

保護者のみなさんが、
子どものしていることを知り、
安心できるようにするツール。

あなたは、あなたの子どものことを誰よりもよく知っています。だから
私たちは、子どもたちがデバイスでできること、デバイスを使う頻度を、
保護者のみなさんが選べるように熟慮を重ねています。

家族によるアプリケーション
使用状況を把握する。

スクリーンタイムは、あなたとあなたの子どもたちがアプリケーションを使ったりウェブサイトを見ている時間や、デバイスの全体的な利用時間について、あなたがより良く理解できるようにします。週単位のレポートを見ることも、特定のアプリケーションの使用状況、通知の頻度や回数、デバイスを手に取った回数を見ることもできます。

上限時間と
例外を設定する。

スクリーンタイムを使うと、あなたとあなたの子どもたちが特定のアプリケーションやウェブサイト上で過ごす、一日当たりの時間の長さも設定できます。メッセージや教育アプリケーションといった特定のアプリケーションを例外として設定するのも簡単。子どもたちが時間を延長したい時は、いつでもあなたの承認をリクエストできます。

手放せないデバイスから
離れる時間を。

「休止時間」を設定すれば、就寝中など特定の時間にアプリケーションと通知をブロックできます。自由に使えるものと制限するものを選ぶこともできます。

App Store。
子どものための安全な場所。

「子ども向け」セクションには、そこが子どもたちのための素晴らしい場所になるように、注意深く選ばれたアプリケーションが置かれています。しかも私たちは、すべてのアプリケーションを審査し、その説明が実際の内容と合っていることを確かめています。「機能制限」では、年齢の範囲をタップで設定するだけで、子どもたちが購入したりダウンロードできるアプリケーションを、厳選されたおすすめなどの適切なものに制限できます。

App Storeについてさらに詳しく

子どもが使える
アプリケーションを選べる。

必要であれば、子どもたちがソーシャルメディアや写真共有などのアプリケーションを新たにインストールするのを防いだり、Safariウェブブラウザをオフにすることもできます。「承認と購入のリクエスト」を有効にすると、子どもたちによるアプリケーションの購入やダウンロードを、あなたのデバイス上で承認または拒否することができます。

「承認と購入のリクエスト」を設定する方法を見る

アプリケーションの制限は簡単。

制限の統合機能を使うと、個々のアプリケーションやウェブサイトだけでなく、カテゴリー全体も一つの管理しやすい制限としてまとめることができます。例えばゲームや子どもたちがよく使うストリーミングアプリケーションなど、アプリケーションやウェブサイトのグループにまとめて制限をかけられます。

インターネット上で
子どもの安全を保つ。

成人向けのコンテンツを制限したり、あなたが選んだウェブサイトのみを開くように、子どもたちのデバイスを設定できます。子ども向けのコンテンツ以外は表示しないように作られた、特別なウェブブラウザをインストールすることもできます。

あと1分だけ追加できる。

子どもたちがやっていることを終わらせられるように、デバイスを使える時間をあと1分間だけ延長できます。制限時間になると通知が届くので、子どもたちはこの機能を使ってすばやく会話やゲームを終わらせたり、ファイルを保存することができます。

子どもが見るものが、
確実に適切なものであるように。

子どもたちに見せたり聞かせたりしたくない内容を含む映画、音楽、アプリケーション、ブック、Podcastに彼らがアクセスするのを、タップ数回で防ぐことができます。

アプリケーション内課金を
管理する。

多くのアプリケーションは、それが無料のアプリケーションであっても、アプリケーションの中での購入を可能にしたり、促したりしています。「機能制限」にある設定を使えば、すべてのアプリケーション内課金を自動的にブロックできるようになります。

なくしたデバイスは
Find Myアプリケーションで探そう。

新しい「探す」アプリケーションは「iPhoneを探す」と「友達を探す」が
一つになった、Mac、iPad、iPhone上で簡単に使えるアプリケーションです。
家族の誰かがなくしたiPhone、Mac、iPad、Apple Watchを探す手助けをします。
なくしたデバイスがオフラインやスリープ状態でも大丈夫です。

今ある場所を地図上で見る。

「探す」アプリケーションは、なくしたWi-Fi対応デバイスが、近くで使われているほかのApple製デバイスによって検知できるBluetooth信号を送れるようにします。これは、なくしたデバイスがオフラインでも機能します。近くにあるApple製デバイスは、なくしたデバイスが検知された場所の情報をiCloudに送るので、その位置を「探す」アプリケーションで見ることができます。

今いる場所を家族や友だち共有できる。

友だちや家族の位置が簡単にわかったら、連絡が取りやすくなり、子どもたちの安全も守りやすくなるでしょう。「人を探す」タブでは、友だちを招待して位置情報を共有できます。子どもが学校を出た時など、位置情報にもとづいたアラートも自動的に受け取れます。子どもたちが位置情報を共有する方法を、保護者が管理することもできます。

すべてが匿名。

「探す」アプリケーションのプロセスはすべて匿名で、エンドツーエンドで暗号化されます。そのため、探索に使われたデバイスが誰のものかは、Appleを含めて誰にもわかりません。この探索は、既存のネットワークトラフィックに同乗する非常に小さなデータを使って密かに行われるため、バッテリー駆動時間、データの使用量、あなたのプライバシーを心配する必要もありません。

アプリケーション、映画、
音楽などを共有しよう。

ファミリー共有を使うと、あなたが好きなものをあなたの大切な人たちと
共有できます。だから、家族のメンバーが同じものを何度も購入する必要は
もうありません。設定は簡単。一度設定すると、iCloudストレージを
家族全員で共有できます。

始める時は、まず家族全員にApple IDを。

共有をスタートするには、まず家族一人ひとりが自分のApple IDを持っていることを確認してください。このApple IDを使えば、みんなが個人としてログインでき、一人ひとりの情報を別々にしておけます。Apple IDの作成は簡単で、すばやく行えます。13歳未満の子どもたちのApple IDは、保護者の方が作成できます。

家族みんなの
安全と健康守ろう。

私たちはApple製品が一段と役立つものになるように、常に新しい方法を
追求しています。家族全員が安全で健康的な毎日を送るために
活用できる機能をいくつか紹介します。

もっと安全な運転を。

運転中は、誰もが電話に気を取られるべきではありません。「運転中の通知を停止」をオンにすると、あなたが目的地に着くまで、iPhoneがメッセージ、着信、通知で運転の邪魔をすることがなくなります。緊急時には、運転している人が確実に受信できるように、送信する人がこの設定を無効にできます。

「運転中の通知を停止」を設定する方法を見る

家族全員の健康を保つ。

Apple Watchには、みんながずっと健康でいられるようにするための楽しい方法が用意されています。スタンド、ムーブ、エクササイズのリングです。毎日3つのリングを誰が最初に完成させられるか、ちょっとした競争をしてみませんか。家族みんなが、健康という最高の賞を獲得できるでしょう。

夜間にブルーライトを弱める。

就寝前にブルーライトにさらされると、寝つきが悪くなることがあるという研究結果が出ています。Night Shiftは、日の入りの時刻になると自動的にディスプレイをより暖かみのある色相に切り替えます。

より良い睡眠で、より健康的に。

あなたとあなたの子どもたちに就寝時刻を知らせ、カスタマイズしたアラームで起こすように、iPhoneまたはiPadを設定できます。子ども部屋に行って「もう起きなさい」と言う回数が減るかもしれません。日、週、月の概要が表示されるので、家族みんなの睡眠を時間の経過に沿ってチェックすることもできます。

気を取られるものを取り去ろう。

おやすみモードをオンにすると、指定した時間帯に着信や通知によって気を取られることがなくなります。子どもたちが寝ている時や宿題をしている時に、邪魔されないようにするための便利な方法です。緊急時には子どもたちに連絡ができるように設定しておくこともできます。

おやすみモードを設定する方法を見る

あなたの医療情報が、
必要な時そこに。

iPhoneとApple Watchでは、アレルギー、血液型、緊急連絡先などの重要情報が保存されたメディカルIDに、救急隊員がすばやくアクセスできます。

メディカルIDを設定する方法を見る

緊急SOS。

助けが必要な時には、Siriに頼んで119番やあなたの緊急連絡先に電話をかけられます。iPhoneまたはApple Watchのボタンを押して、自動で緊急通報サービスに発信することもできます。

緊急SOSを設定する方法を見る

緊急時でも子どもが
手の届くところに。

子どもたちが学校に自分のiPhoneを持って行かなくても、Apple Watch Cellularモデルを身につけていれば、緊急時でも連絡できます。

テクノロジーはすべての人が
使えるべきです。

Appleは、障がいのある方を含むすべての人のために製品を設計しています。事実、私たちが作るすべてのデバイスには、様々な能力を持った人たちの制作、探求、健康維持、コミュニケーションを支援するための革新的なツールが幅広く用意されています。

Appleとアクセシビリティについてさらに詳しく

救急隊員があなたの居場所
確認できるように。

最も必要な時に、助けを呼びましょう。あなたのiPhoneで119番に電話をかけると、あなたの現在地を自動的に、そして安全に、救急や消防の担当者と共有できます。

あなたのプライバシーは、
何よりも大切だから。

あなたの家族のデバイス上には、実にたくさんの個人情報があります。だから
私たちは、こうした情報のプライバシーを守れるようにハードウェアとソフトウェアを
設計しました。例えばTouch IDとFace IDは、個人が使うデバイスに採用されたものの中で
最も先進的なセキュリティ技術の二つに数えられます。さらに私たちは、保護者のみなさんが
子どもたちのデバイス上のプライバシーコントロールを簡単に設定できるようにしました。

Appleとプライバシーについてさらに詳しく

Appleは教室の中でも
パートナーになります。

家族のための私たちの取り組みは、家の中だけにとどまりません。Apple製デバイスは
教室の中の可能性を広げ、クラスルームをはじめとするアプリケーションは教師のみなさんが
生徒たちの学習のペースを保てるようにサポートします。あなたがいつも使っているコントロール機能の
多くは、教育者のみなさんも同様に活用できます。そしてAppleは、子どもたちの情報を利用した
プロフィールの作成や子どもたちへのマーケティングを行いません。

Appleと教育についてさらに詳しく