目的があるから、
力がある。

意味のないものは一切ない。すべてに明らかな意図がある。
完璧な柔軟性と妥協のない実用性を持つ高性能システムを
生み出すために、徹底した設計を行いました。Mac Proは、
あらゆる障壁を取り去るために開発された道具です。
さあ、これを使って、最高の仕事をしてください。

タワーの新しい概念が、そびえ立つ。

計り知れない
パフォーマンスと、モジュールによる優れた拡張性を
持つ。そんなワークステーションを構築するには、
一つの統合されたシステムとして発想する必要が
ありました。Mac Proは、あなたのニーズに合わせて
変幻自在になれるように作られています。

創作のための基盤。

Mac Proの開発の出発点であるステンレススチールの立体フレームは、様々なパーツや構成に対応できます。脚部からハンドルにまで伸びるフレームがシステム全体を支え、内部の複数の場所にパーツを組み込めるようにします。

360度からのアクセス。

アクセス用のポイントが1か所では十分ではありません。だから、アルミニウムの筐体を取り外すことで、システムのすべてにアクセスできるようにしました。ロジックボードは両面実装なので、パーツの追加や取り外しが簡単です。プロセッサ、グラフィックス、拡張カードを片面に。ストレージとメモリは反対の面に。Mac Proは、あなたのニーズに合わせて、いつでもカスタマイズに対応する準備ができています。

Mac Proの内部をARで見る Mac Proの内部をARで見る

2つの側面。1つのゴール。

極限まで高められたMac Proの
性能には、途方もなく性能が高い排熱システムが必要です。
最も負荷の高いタスクを実行する時でもCPUとGPUの
温度を低く保てるように、3つの軸流ファンがその周囲の
空気を静かに押し出します。反対側では、ブロワーがメモリと
ストレージの周囲、そして電源の中にある空気を吸引。
マシンの背面から排出します。

この外側は、この内側から生まれた。

鍛造され、機械加工
された3つのアルミニウムのパーツを1つに組み上げた筐体は、単なる装飾的なカバーをはるかに超えるものです。
この筐体は立体フレームに剛性を与えながら、内部の空間を密閉する役割を果たします。さらにファン、ブロワー、内部ダクトと連係して独特な圧力ゾーンを作り、システムの熱容量を最大化します。

自然からインスピレーションを得たデザイン。

Mac Proの格子模様は、分子結晶構造の中で起きる自然現象から着想を得ています。連結された3次元の半球を網状に組み合わせた結果、表面積が増え、空気の流れと構造的な剛性が最適化されました。

金属よりも空気を。

格子の構造を作り出すため、アルミニウムの内側と外側の表面に機械加工で球面アレイを削り出しました。この格子模様は軽量で、空気の流れを最大化すると同時に、極めて強固な構造を生み出します。

美しく機能的。

パワフルなマシンでも、実際に使われる
方法を考慮して設計されていなければ限界が生じます。
そのため、ハンドル、ラッチ、上部のポート、オプションとして
用意されているキャスターやラックマウントなど、あなたが
触れるすべてのパーツをスムーズかつ直感的に使えるように
設計しました。どんな時も、これまで以上に効率良く作業が
できるでしょう。

ステンレススチールのハンドル。

丸みを帯びたハンドルは、快適に握ることができます。ハンドルは立体フレーム構造の一部なので、Mac Proを持ち上げる時も、動かす時も、並外れた堅牢さと安定感を感じられます。

上部のポート。キャスター。上部のラッチ。

2つのThunderbolt 3ポートが、あなたが必要とする場所、つまり上部に配置されているので便利です。セットの中やスタジオ間でMac Proを簡単に移動させたいなら、オプションで用意されているキャスターを取り付けましょう。アルミニウムの筐体は、上部のラッチをねじるだけで立体フレームから分離します。ラッチをそのままハンドルとして使い、筐体を持ち上げれば、システム全体にアクセスできます。

ラックマウントタイプ。

ラック型ワークステーションとしての用途のために、最も一般的なラックのサイズと奥行きに対応するスライドレールを装備。レールは工具を使わずに取り付けられます。3Dの格子模様を持った筐体の前面には、ステンレススチールのハンドル、2つのUSB-Cポート、電源ボタン、LEDステータスインジケータがついています。

パワフルなパートナー。


Mac ProをApple製のPro Display XDRと
組み合わせれば、究極のワークステーションが
生まれます。史上初の32インチRetina 6K
ディスプレイで、あなたのプロジェクトを体験
してみませんか。

ARを使って、あなたの
制作現場にMac Proを置いてみよう。

このページをiPhoneまたは
iPadのSafariで開いてください。

ARで見る ARで見る