心を動かす物語を、方法で。

New
オブジェクトトラッカーシネマティックモード。
プロのための並外れたパフォーマンス。


カラーグレーディング、配信。
業界をリードするデベロッパよる最高のプラグイン、ツール。

オブジェクトトラッカーと
シネマティックモード。

新しいオブジェクトトラッカーを搭載したFinal Cut Proは、パワフルな機械学習を使って顔とオブジェクトを検出し、その動きをタイトルやエフェクトにマッチさせます。さらに、iPhone 13のシネマティックモードで撮影されたクリップの焦点ポイントや被写界深度を調整できるようになりました。一段とドラマチックな映画を作れるでしょう。

New

創造力と動き続けよう。

オブジェクトトラッカーを使えば、動いている映像にダイナミックテキストや色補正を追加できます。タイトル、グラフィックス、エフェクトをビューアに直接ドラッグすると、パワフルな機械学習が顔や様々なオブジェクトを検出。ワンクリックでApple Neural Engineが被写体のモーションをスピーディーに分析したら、その動きを瞬時にマッチさせることができます。トラッキングデータをほかのテキストやグラフィックスに適用して、あなたの作品を一段と美しく仕上げることもできます。

New

究極の
シネマティックエフェクト。

Final Cut Proでは、iPhone 13のシネマティックモードで撮影したビデオのルックを変えることができます1。クリックでトラッキングできる革新的な機能を使えば、シーン内で焦点ポイントを選んで、その位置を徐々に変化させることができます。インスペクタの新しいスライダでクリップの被写界深度エフェクトを調整したり、キーフレームでビデオのぼかしの強弱を変更することもできます。

プロのための並外れたパフォーマンス。

Appleシリコンのために最適化され、先進的なMetalエンジンが搭載されたFinal Cut Proなら、一段と大きなフレームサイズと一段と高いフレームレートで、一段と多くのエフェクトを使って一段と複雑なプロジェクトを編集できます。何をする時でも圧倒的な速さです。新しいMacBook Proの恐るべきパワーを活用できるように設計されているので、次のレベルのパフォーマンスが手に入ります。

Appleシリコンのために最適化

Appleシリコンが搭載されたMacコンピュータで、Final Cut Proは息をのむようなパフォーマンスと効率の良さをもたらします。CPU、GPU、Apple Neural Engineで共有される超高速のユニファイドメモリにより、一段と高解像度のビデオストリームを再生したり、驚異的なスピードで動画のレンダリングを完了できます。

新しいMacBook Proの完璧なパートナー

Final Cut Proは、新しいMacBook ProのM1 ProとM1 Maxを最大限に活用し、どこにでも連れて行けるノートブック上でワークステーションクラスのパフォーマンスを届けます。Apple Neural Engineにより、オブジェクトトラッキングのためのビデオ分析や自動クロップといった複雑なタスクが飛ぶような速さに。エンコードとデコードのハードウェアアクセラレーションにより、圧倒的なProResパフォーマンスも発揮。条件によっては、これまでのMacが持っていなかったレベルの再生機能が使えます。クリエイターは高度な編集、カラーグレーディング、8K ProResビデオのHDR配信を、編集スタジオから遠く離れた場所でも行えるようになります。

最大7ストリームの8K
ProRes 422に対応2
最大30ストリームの4K
ProRes 422に対応2
最大5.5速いProRes
トランスコード3
最大2.9速い8Kプロジェクトの
レンダリング4

必要なツールを、
からエンディングまで。

直感的に作業できるFinal Cut Proに、数々の優れた新機能が追加されました。ポストプロダクションを加速させ、編集作業でも配信でも、エディターのアイデアのスピードにしっかりついていきます。

マルチカム

業界で最先端のマルチカム編集により、フォーマット、フレームサイズ、フレームレートが異なる最大64アングルのビデオを自動的に同期させることができます。アングルビューアでは、最大16アングルを一度に表示できます。個々のクリップを移動、同期、トリムしたり、エフェクトを追加したり、カラーグレーディングを行うには、アしょう。

MotionとCompressor

Motionなら、Final Cut Proで開いて調整できるスタジオ品質の2Dタイトルと3Dタイトルなど、目の覚めるようなエフェクトや大胆なグラフィックスを制作できます。Compressorを使うと、カスタム書き出し設定を作成して、あなたの映像をiTunes Storeへ効率良く送信することができます。しかも、Final Cut Pro、Motion、Compressorはすべて同じMetalアーキテクチャを採用しているので、どのアプリケーションでもパフォーマンスが圧倒的に速く、レンダリングに一貫性があります。

高度なカラーグレーディング。
ピクセルを、より完璧に。

カラーホイール、カラーカーブ、ヒュー/サチュレーションカーブを持つ専用のカラーインスペクタなど、Final Cut Proます。徐々に補正を調整する場合はキーフレームを使いましょう。ル(LUT)ます。(HDR)ます。

ハイダイナミックレンジ

HDRビデオで、これまで以上に現実に近い世界を作り出してみませんか。Final Cut Proなら、驚くほどリアルな映像の読み込み、編集、グレーディング、配信ができます。業界標準のムービーカメラで撮影するか、最新のiPhoneモデルを使って目を奪うドルビービジョンで撮影しましょう。高解像度のスコープが、あなたの編集に合わせてHDRのブライトネスレベルを反映。トーンマッピングで、HDRを放送用の標準ダイナミックレンジ出力に変換するのも簡単です。多くのMacコンピュータは、ディスプレイ輝度の余力を活用して明るさのレベルを拡張できるので、美しいHDRコンテンツを見ることができます。

HDR効果をシミュレーションしたイメージ。

HDRをApple製ディスプレイで

ハイダイナミックレンジのビデオを、意図された通りに映し出しましょう。新しいMacBook Proのディスプレイはとてつもなく美しいので、Final Cut ProでのHDR編集、グレーディング、配信で、最大770万のピクセルと1,000ニトの持続輝度を活用できます。圧倒的な美しさを持つPro Display XDRをMacに接続して、フル解像度で6K HDRビデオの再生や仕上げを行うこともできます。

ProRes RAW。ProResの性能に
RAWの柔軟性を。

カメラセンサーから直接出力されたRAWデータを使い、速さやなめらかさを損なうことなく、未処理のオリジナル映像の読み込み、編集、グレーディングができます。例えばAtomos製レコーダーやDJI製Inspire 2ドローンで作成したネイティブProRes RAWファイルで作業すれば、RAWの様々なクリエイティブ面でのメリットと、ProResのリアルタイムパフォーマンスの両方が手に入ります。

ProResの性能

ProRes RAWパッケージでは、驚くほどスムーズな再生と、リアルタイムのマルチストリーム編集ができるだけではありません。macOSと最新のMacコンピュータのためにフォーマットが最適化されているので、ほかのRAWフォーマットを使用するよりもスピーディーにレンダリングと書き出しができます。しかも、新しいMacBook Proなら、M1 ProチップとM1 MaxチップがProRes RAWのパフォーマンスを一段と高速化。ProRes RAWファイルは標準のフォーマットよりも小さいため、一つひとつのカードに一段と多くの映像を収めることができます。

Apple ProRes RAWに関するホワイトペーパーを見る(英語PDF)

RAWの柔軟性

カメラセンサーから直接出力された未処理の映像データを使って作業できます。RAWファイルは最高レベルの柔軟性があり、ブライトネスやシャドウを強めながらビデオのルックを調整できるので、HDRのワークフローに理想的です。Final Cut Proの新しいProRes RAWツールでは、対応するデバイスで撮ったクリップのISO、色温度、露出オフセットの設定を一段と自由に調整できます。

360°ビデオ。あなたの作品を、あらゆる方向に進化させます。

Final Cut Proには、モノスコピックとステレオスコピック両方の360°ビデオの
読み込み、編集、配ます。

360°の編集

Final Cut Proは、360°のエクイレクタングラー形式の映像素材の読み込みと編集に対応。360°ビューアを開くと、映像素材のヘッドセットビューが表示されます。方向の変更、傾きの補正、カメラリグの除去など、ます。

360°のグラフィックスとエフェクト

360°ビデオに2Dや3D360°する。Motionでより高度な360°Final Cut Proする。簡単。タイニープラネットエフェクトでまったく新しい球状のルックとアニメーションを作ることで、360°ます。

クローズドキャプション。誰もが楽しめるように。

Final Cut Proには、様々なフォーマットのクローズドキャプションのための直感的なツールが幅広くそろっています。高価な他社製のソフトウェアやサービスは必要ありません。Final Cut Proの中でキャプションを制作、表示、編集して、ビます。

iMovieからFinal Cut Proへ
ステップアップできます。

iMovieは映像制作を最も簡単に始められる方法です。そして制作のレベルアップをする準備ができたら、iOSのためのiMovieやmacOSのためのiMovieからFinal Cut Proへプロジェクトを手間なく送信できます。Final Cut Proなら高度な編集ツールを使って一段と速く、一段と正確に編集でき、他社製プラグインを活用してあなたのプロジェクトのルックを一段と優れたものにすることができます。RED、Sony、Canonなどのプロ向けカメラで撮影したビデオの統合も簡単です。iPhoneで美しいドルビービジョン対応ハイダイナミックレンジビデオを撮影して編集し、そのiMovieプロジェクトをFinal Cut Proに送ってプロレベルのHDRに仕上げることもできます5

フリートライアルをダウンロード

Final Cut Proの能力と可能性をさらに広げよう。

Final Cut Proには、他社製アプリの幅広いエコシステムが用意されています。だから、あなたが編集に取りかかる時に、クラス最高のメディアアセット管理、レビューと承認、エフェクト、グラフィックテンプレート、ほかにも様々な機能が山ほど指先にそろいます。

他社製のアプリ。
トップレベルの統合。

Final Cut Proの中でアクセスできるパワフルな他社製アプリケーションで、ワークフローの機能を拡張しましょう。ShutterstockやAPM Musicといったサービスで、編集のために写真、ビデオ、音楽のストック素材をブラウズして選択する。Frame.ioで、レビューと承認を簡単に済ませる。Font Auditionで、数百のテキストスタイルを一度にブラウズしてプレビューする。そのすべてが思いのままです。編集の手を止める必要はありません。

ワークフロー機能拡張についてさらに詳しく

目を奪うビジュアルエフェクト。

ドラッグ&ドロップでシンプルに使えるエフェクトで、目を見張るようなビジュアルを作成しましょう。Boris FX Continuum FCP 2021に新しく登場した画期的なライティングフィルタで、プロジェクトを一段と魅力的に仕上げる。Yanobox Nodesで、美しく抽象的なパーティクルの世界を生み出す。Pixel Film StudiosのProAnimationで、動くロゴをキーフレーミングなしで簡単に作る。FxFactoryアプリで、充実したプラグインのエコシステムをブラウズすることもできます。

他社製のエフェクトについてさらに詳しく

テンプレート。

追加のソフトウェアを使わなくても、プロがデザインしたモーショングラフィックスをカスタマイズしてプロジェクトに追加できます。タイムラインの中で、色、フォント、アニメーションスタイルを調整して、変更をすばやくチェックする。MotionVFXのmInfographicsで、データを美しいビジュアルに変える。LenoFXのInstagram Storiesプラグインでソーシャルメディアブランディングを簡単に加える。Motionで、自分だけのカスタムグラフィックスを制作して創造力を次のレベルに引き上げることもできます。

他社製のテンプレートについてさらに詳しく